ヘアドライヤー徹底比較 | 価格・目的別に詳細を紹介

ヘアドライヤーの種類

ドライヤー,比較,おすすめ
髪を乾かすドライヤーは海外の製品も含めれば何百種類もありますよね。

 

最近のドライヤーには、イオンやナノイーを使用し、髪をケアできる製品や、風圧、温度を調節して髪をいたわる機能などが搭載されています。

 

毎日使うドライヤーだからこそ、気持ちよく髪を乾かせるドライヤーを紹介します。

とにかく安く早く髪を乾かしたい

ドライヤー,比較,おすすめ
パナソニック ヘアドライヤーターボドライ1200
1300円前後

 

毎日使うドライヤーだから、壊れてもすぐに買い換えられるこの安さは嬉しいですね。

 

安いといっても家電大手パナソニックが作る安心の製品。

 

風速も1.1mと結構強力で、短髪であればすぐに乾かすことができます。

 

流行の、ヘアケア装置はついていませんが、小型で軽量なので旅行に持っていくのもおすすめです。

 

  • 本体サイズ:高さ20.8×幅18.9cm×奥行き7.9cm
  • 本体重量:0.395kg
  • 消費電力:1200W/600W 2段切替
  • 温風温度:110℃(TURBO・室温30℃の時)
  • 風量:1.1m3/分(TURBO時)
  • 電源コード長さ:1.7m

ドライヤー,比較,おすすめ

そこまでこだわりはないけど良いドライヤーを使いたい

ドライヤー,比較,おすすめ
パナソニック ヘアドライヤーイオニティゴールド調

 

5千円以下で手に入る、イオン発生機付きヘアドライヤーです。

 

ヘアケアをしながら、1.9mの大風量で素早く髪を乾かします。

 

ノズルにもこだわりがあって、中心から温度が高い風、外側は温度の低い風が出てくるので髪にやさしく、髪が絡まることも防ぎます。

 

軽量でヘアケアも可能なので、毎日使うのに最適ですね。

 

  • 体サイズ:高さ21.5×幅20.8×奥行8.9 cm
  • 風量:1.9?/分(ターボ時・ノズル装着なしの時)
  • 機能:マイナスイオン(外吹出し)/速乾ノズル
  • 電源コードの長さ:170cm
  • 本体重量(kg):0.475

ドライヤー,比較,おすすめ

とにかく大量のイオンでヘアケアしたい

ドライヤー,比較,おすすめ
パナソニック ヘアドライヤーナノケア

 

パナソニックが開発する2万円前後の最高級のヘアドライヤー。

 

とにかくイオンの量が多く、また熱で壊れにくいイオンを生成するため、最強のナノケアです。

 

風量も1.3mと、長い髪でも大丈夫。

 

お風呂上りにこのドライヤーで髪を乾かせば、驚く仕上がりが実感できます。

 

  • 本体サイズ:幅21×高さ22.7×奥行9cm
  • 消費電力:1200W
  • 風量:1.3?/分(ターボ時)
  • 温風温度:ホット時125℃(ドライ・室温30℃の時)、スカルプモード時60℃(室温30℃の時)
  • 本体重量(kg):0.575

ドライヤー,比較,おすすめ

おしゃれで高性能なドライヤーを使いたい

ドライヤー,比較,おすすめ
Dyson Supersonic アイアン/フューシャ

 

これまでのドライヤーの概念を変える、ダイソンが開発したヘアドライヤー スーパーソニックアイアン。

 

価格は4万円後半と高級ですが、真ん中に穴があるだけのシンプル形状で斬新なデザイン。

 

風量は抜群で、ナノサイズイオン発生機も本体に内蔵されています。

 

ドライヤーをただの消耗家電とイメージを覆すデザインは、毎日のヘアケアを楽しむ人に最適です。

 

女性に非常に人気のドライヤーです。
ドライヤー,比較,おすすめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

アロマディフューザーの選び方と種類-実際に購入し紹介
毎日の疲れをいやすアロマテラピー。アロマオイルを香らす専用機器アロマディフューザーの詳細を詳しく紹介します。
ノイズキャンセルイヤホン徹底比較
ノイズキャンセルイヤホンの、SONY WI-1000Xと、BOSE QuietControl 30 wireless headphones、さらにBOSEのBose QuietComfort 20を徹底比較してみました。
料理が美味いこだわりのフライパン紹介します
数あるフライパンの中から、特徴のあるフライパンを厳選して紹介。料理がおいしく作れるこだわりのおすすめフライパンを紹介します。