設定6のハナハナ鳳凰を打ってみた|約6000枚出た!

設定6のハナハナ鳳凰を打つ機会に巡り合いました

ハナハナ,鳳凰,設定6

 

古き良き知人との縁で、好きな設定でハナハナ鳳凰を打てる機会をいただきました。

 

もちろん設定6で打たせていただきました。

 

 

ハナハナ鳳凰は歴代ハナハナの中でも非常に波が荒いといわれている機種になります。

 

また、ベル確立を落とし、ビッグ確率を上げることで、出玉を確保している機種でもあります。

 

そんなハナハナ鳳凰様を普段よく私は打ちます。

 

噂通り、鳳凰様の機嫌を取るのは非常に難しいもので、

 

2000回転ハイビスカスが咲かない経験もしました。

ハナハナの機械割りを見てみましょう。

 

スペックBBRB合成機械割
設定11/2991/4691/18696%
設定21/2901/4681/17998%
設定31/2771/4341/169101%
設定41/2641/3991/159104%
設定51/2501/3681/148107%
設定61/2331/3321/137112%

 

設定3からプラスになり、設定6で112%!合成確立は137

 

しかし、お店で爆発している設定6は137どころではなく、

 

100を切っている台も見かけますね。

 

それほど波が荒いということなのでしょうか?

 

私は2桁確率になった経験はありません。

 

 

今回は設定6を打てるまたとない機会に巡り会えたので、

 

その詳細をまとめました。

 

それではスタート。

 

 

5GBIGは、早い
25GREG
12GBIGうーん素敵
186GBIGちょいはまり
122GREGこんなものか
35GBIG
64GBIG
1GBIG
70GREG
23GBIG続いた〜!!
112GBIG
3GBIG一けた連!!
5GREG
2GREG
99GBIG
257GBIGこんな時もある
132GBIG
45GBIG
45GREG
23GREG
87GBIG
60GBIG
20GBIGきもちい〜
211GREG
97GBIG
68GREG
589GBIGあれれ?
32GBIG
1GBIG
68GBIG
144GBIG
20GBIG
31GREG
54GREG
88GBIG
24GBIG
3GBIG
64GBIG
25GREG
23GREGちょー気持ちい
164GBIG
122GREG
134GBIG
144GREG
54GBIG
17GBIG
30GBIG
57GBIG
91GBIG
121GBIG
75GBIG
115GBIG
98GBIG
680GREGうそだろ?
24GREG
254GREG調整??
365GBIG
25GBIG
31GBIG素晴らし

 

 

BIG寄りの結果になりました。
BIG41 REG18

 

設定6ならもっとレギュラーが付くのかと思っていたので意外でした。

 

出玉は間違いなく設定6でしたけどね!!

鳳凰様のパンチ力は半端ないです。

 

少なくとも私はこんな台を打ったことはありませんでした。

 

とにかく打っていてストレスなしです。

 

最後の680はまりは心折れそうになりましたが、

 

この時点で高設定は確信していますので問題なさそうですね。

 

開始早々にこれだけはまると手放してしまうかもしれません。

 

 

ハナハナ鳳凰に関しては、小役確率にも非常に波があるため、

 

早期の設定判別はほぼ不可能といっても大丈夫でしょう。

 

今回も、開始500Gあたりまで、ベル確立が1/9くらいでした。

 

 

よって、ある程度ボーナスを引いて、その確率から判別する方法が良いですね。

 

 

朝一で設定狙いでギャンブルするか、お昼過ぎのハイエナ狙いが良いでしょう。

 

朝一設定6に座ることができればその日の英雄間違いなしです。

 

鳳凰様の機嫌次第で万枚も夢じゃないでしょう!!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加