世界のGDP | どうやって日本が陥落し中国が発展したか

世界のGDP | どうやって日本が陥落し中国が発展したか

世界主要国のGDP推移

GDP,日本,世界,アメリカ,中国,推移
世界経済を牛耳るアメリカと中国。

 

実はこの2国は初めから世界で圧倒的パワーを持っていたわけでないのは承知の通り。

 

日本を含めた世界経済GDPの推移を紹介します。

伸びる大国、伸びない日本

GDPとはGross Domestic Productの略語であり、国内総生産といわれます。

 

GDPの伸び率は経済の伸び率とリンクしており、言い換えればGDPは国が持つ経済活動のパワーを示しています。

 

単純に、GDPが多ければ国力も高いのです。

 

では実際にGDPの推移を見てみましょう。

 

1800年の世界GDP。

 

中国が世界でも圧倒的な経済大国であり、その規模は約31兆円でした。

 

日本は約3兆円。中国の10分の1の小国です。

 

対するアメリカは1.4兆円。日本よりも規模の小さな国だったことがわかります。

 

【1800年】
1位 中国:31兆円
8位 日本:3兆円
12位 アメリカ:1.4兆円
GDP,日本,世界,アメリカ,中国,推移

 

 

1850年。50年という長い月日が流れましたが、中国は10兆円ほど伸ばしました。

 

2位は変わらずのインド20兆円。アメリカは急成長し7兆円。日本は3.6兆円と僅かな伸びです。

 

【1850年】
1位 中国:40兆円
5位 アメリカ:7兆円
9位 日本:1.4兆円
GDP,日本,世界,アメリカ,中国,推移

 

 

1890年、アメリカは中国を抜き、世界第一の経済大国へと成長します。

 

中国は35兆円へ、経済規模を落としています。

 

日本も6兆円越えするなど急速に発展しましたが、アメリカの伸びは圧倒的でした。

 

【1890年】
1位 アメリカ:36兆円
2位 中国:35 兆円
9位 日本:6.5兆円
GDP,日本,世界,アメリカ,中国,推移

 

 

1928年、世界恐慌が発生する直前の世界GDP。

 

アメリカが大きく経済を発展させ、2位の中国と2倍以上の差をつけ、世界超大国を確立します。

 

ドイツが世界第3位の大国に成長していることもわかります。

 

【1928年】
1位 アメリカ:132兆円
2位 中国:51 兆円
9位 日本:17兆円
GDP,日本,世界,アメリカ,中国,推移

 

 

1941年、世界第二次世界大戦です。

 

中国は順位を落とし、ヒトラー率いるドイツが世界第2位の経済大国となります。

 

しかし、アメリカの絶対的地位は変わりません。

 

この年、日本は経済規模が5倍のアメリカに宣戦布告を行う真珠湾攻撃を実施。

 

無謀ともいえる挑戦だったことがわかります。

 

【1941年】
1位 アメリカ:155兆円
5位 中国:43 兆円
9位 日本:29兆円
GDP,日本,世界,アメリカ,中国,推移

 

 

1945年。第二次世界大戦が終わり、日本が戦争に敗れた年です。

 

アメリカの伸びはとどまることを知らず、世界で圧倒的な地位を維持します。

 

一方中国は1800年とほぼ同じころまで衰退。100年以上、全く成長していないことがわかります。

 

日本も敗戦によって、大きく経済規模を落とします。

 

戦勝国が発展し、敗戦国が衰退するという結果になりました。

 

【1945年】
1位 アメリカ:277兆円
5位 中国:32 兆円
9位 日本:23兆円
GDP,日本,世界,アメリカ,中国,推移

 

 

1993年、世界経済が大きく発展した50年間です。

 

アメリカは1000兆円という莫大な経済規模に到達。

 

日本は高度経済成長を遂げ、世界2位の経済大国となります。

 

23兆円という小国から、一気に400兆円という、大国にのし上がります。

 

中国も経済発展を遂げ250兆円の国家になります。

 

【1993年】
1位 アメリカ:1000兆円
2位 日本:400兆円
4位 中国:250兆円
GDP,日本,世界,アメリカ,中国,推移

 

 

2000年。アメリカの経済は伸び続けます。

 

このころから中国の急速な発展がはじまり、ついに世界2位の経済大国へ成長。

 

軍事の近代化が始まったのもこのころです。

 

長らく世界2位にいた日本は中国に抜かされ3位に陥落。

 

【2000年】
1位 アメリカ:1250兆円
2位 中国:450兆円
3位 日本:420兆円
GDP,日本,世界,アメリカ,中国,推移

 

2013年。僅か13年という短い間に、中国はアメリカのGDPと肩を並べます。

 

同時に、インドの経済も急速に発展し、日本は4位に転落します。

 

他国が経済発展させているのに対し、日本はほとんど成長していないこともわかります。

 

【2013年】
1位 アメリカ:1580兆円
2位 中国:1540兆円
4位 日本:460兆円
GDP,日本,世界,アメリカ,中国,推移

 

 

2020年、中国がアメリカを大きく引き離し、2500兆円という驚異的な経済規模となります。

 

また、インドも急速に発展し、1000兆円という世界超大国の仲間入りを果たします。

 

対する日本は500兆円と、相変わらず低い伸び率です。

 

【2020年】
1位 中国:2500兆円
2位 アメリカ:1860兆円
4位 日本:500兆円
GDP,日本,世界,アメリカ,中国,推移

 

 

そして2040年、中国、アメリカ、インドはますます経済を発展し、4位以下の国をまったく寄せ付けない大国を築き上げます。

 

また、同じアジア地域ではインドネシアが日本に次ぐ世界第5位の経済国に上昇するとされています。

 

【2040年】
1位 中国:4420兆円
2位 アメリカ:3200兆円
4位 日本:680兆円
GDP,日本,世界,アメリカ,中国,推移

 

リアルタイムで見れる動画もあります。

世界は3ヶ国で経済が回る

1800年、世界の中心だった中国は、200年近く停滞期を経験。

 

しかし、2000年からの急速な近代化で世界の大国へと返り咲き、軍事、経済規模で日本を圧倒します。

 

アメリカは第二次世界大戦以前から世界経済を牛耳っており、現在まで強大な軍事力と経済力で、ますます経済発展を遂げていきます。

 

インドは、第2の中国といわれており、今後急速な経済発展が確実です。

 

一方、日本は1990年代の高度成長期から僅かな成長しか遂げていません。

 

中国、アメリカ、インドという、超大国を前に、日本は今後の経済発展予測を覆すことができるのでしょうか。

 

その可否は、我々一人ひとりの経済活動にかかっています。




このエントリーをはてなブックマークに追加

 



このエントリーをはてなブックマークに追加

【最新記事】


自衛隊の装備はすごい | 最新の戦闘機や艦船と車両を公開


巡視船と護衛艦の違い | 海上保安庁は自衛隊に匹敵するか


世界のGDP | どうやって日本が陥落し中国が発展したか


ロシアのアバンガルド極超音速ミサイル | マッハ27は脅威か


軍事記事すべて一覧>>


【空軍】


B52爆撃機 | 100年現役の巨大爆撃機の強さとは


日本のステルス戦闘機F35AとF35Bの違い


韓国と日本の空軍比較 | 韓国は強いのか


ロシアのMiG-35戦闘機とは | 最新・輸出用戦闘機なのか


F/A18ホーネット戦闘機の意外な強さとは


あまり知らないユーロファイタータイフーン戦闘機の強さとは


日本だけが配備する早期警戒管制機E-767の探知能力の凄さ


アメリカはなぜ弱い攻撃機A-29スーパートゥカーノを開発するのか


ブラックバードSR71はどれほど速いのか


爆撃機比較 | 最強のアメリカは揺るがないのか


軍用輸送機比較 | 世界一大きな輸送機は?


戦闘機のベストセラーF16はなぜ世界中で愛されるのか


40年間以上世界最強であり続けたF15戦闘機のすべて


ロシアのSu-57戦闘機は世界最強のF22を凌駕するのか


RQ-4グローバルホークと無人偵察機・攻撃機のすべて


MQ-25Aスティングレイ無人空中給油機のすべて


世界の水上飛行機 | US2とAG600の特徴と戦力


中国のステルス戦闘機J31のすべて


中国のステルス戦闘機J20のすべて


F2戦闘機のすべて | 船を沈める最強戦闘機


最強のオスプレイのすべて | V-22高速ヘリが注目される理由


世界最強のF22ラプターステルス戦闘機のすべて


UH-60ブラックホーク世界最強で謎のステルスヘリコプター


B-1B爆撃機のすべて | 高速性と搭載量が最強


SR72はマッハ6以上の最新無人偵察機(SR71ブラックバード後継機)


第六世代戦闘機|アメリカ、日本、ロシアの構想


航空自衛隊と中国空軍の徹底比較〜アメリカについていけるのか〜


最強のアメリカ軍だけが装備できるA10サンダーボルトとAC130


米軍最新ステルス爆撃機B21レイダーの強さと技術に迫る


世界で2番目に強いステルス戦闘機F35の最強バトル


米軍最新の空中給油機KC-46Aペガサスの凄さに迫る


【海軍】


巡視船と護衛艦の違い | 海上保安庁と自衛隊の違い


護衛艦 | 日本だけが持つ護衛艦の戦闘力


1991年まで戦った戦艦ミズーリの凄さとは


世界の空母は32隻に | 空母の仕組みと離着陸や保有国


どのように潜水艦を撃沈するのか | 対潜戦の詳細


イギリスの空母クイーンエリザベスの戦闘力と詳細


韓国と日本の海軍比較 | 韓国は強いのか


日本がもつ空母のすべて | 世界に通用するのか


アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦のすべて


中国の空母と空母打撃群 | 世界第2位の軍事力


イージス艦とは | ハエ一匹入れない最強の盾の強さ


航続距離無限 | 原子力空母の驚異の実力と世界最強


1隻で国を亡ぼすコロンビア級オハイオ級潜水艦


世界最強のイージス艦タイコンデロガの強さに迫る


写真で見る最強の海軍とその軍事力は?アメリカ・中国・日本を比較


世界最強の潜水艦シーウルフはどれほど強いか


アメリカ空母と強襲揚陸艦に搭載される艦載機のすべて


世界の空母と空母打撃群を徹底比較・アメリカの次に最強は?


空母打撃群と遠征打撃群の違いと海兵隊最強の地位


空母維持費とジェラルド・R・フォード級空母のすべて


世界最強の米海軍の中でも中核を担う空母打撃群の戦闘力は?


ホバークラフトLCAC-1は最強の揚陸艦


中国軍の実力とは〜アメリカ、中国、日本の海軍力〜


通常動力で最強の潜水艦そうりゅうの実力と嘘と本当


アメリカ軍最新のLCSフリーダム・インディペンデンスは速すぎる!


ついに始動!ズムウォルト!アメリカ海軍最新、最強の駆逐艦


【陸軍】


水陸両用車のすべて | 日本も採用する最強の強襲部隊


日本独自の16式機動戦闘車 | 戦車に匹敵する戦闘力


10式戦車が強い理由 | 日本独自の主力戦車


防弾ガラスは13p大統領専用車を詳しく紹介


軍用車ハンヴィーHMMWVの後継車両JLTVとは


世界最強の戦車M1エイブラムスが強い理由とその伝説を紹介


【兵器】


弾道ミサイルのすべて | 驚異の破壊力と命中率の低さ


ロシアのアバンガルド極超音速ミサイル | マッハ27は脅威か


恐ろしい未来の兵器と最新兵器


衛星攻撃兵器とは | 国家全体を無力化する最強兵器


弾道ミサイルとは | ICBMなどの威力と防ぐ方法


最強の大砲 | レールガンのすべて


マシンガンのすべて | 威力・連射速度・ランキングを解説


風圧で一帯を破壊する燃料気化爆弾サーモバリック爆弾とは


地中貫通爆弾バンカーバスターの破壊力とは


ミサイル防衛を持つのはアメリカだけ | 日本はミサイルを防げない?


アメリカ開発の命中率100%のスナイパーライフルとは


実用段階に入る最強のレーザー兵器のすべて


核ミサイル防衛の実態-日本は核を迎撃できるのか?


最強のミサイル・トマホークのすべて


たった1時間で地球の裏側までいつでも攻撃できるミサイルを開発中


最強の核兵器ツァーリボンバの脅威の威力とは


通常兵器で最強の爆弾といわれるMOABの威力とは


【全般】


中国海軍はアメリカ海軍を超えたのか | 総力比較


世界の軍事力 | アメリカと中国はどれほど強いのか


インド軍の実力はどれほど強いのか


なぜ日本と中国の戦いは始まっているのか


最強の空母打撃群を撃沈する方法はあるのか


なぜアメリカは北朝鮮と戦争しないのか | 北朝鮮の軍事力


アメリカVS中国の戦闘シミュレーションでよくある間違いとは


核実験をどうやって見抜くのか?核実験の方法と種類


ロシア戦闘機を撃墜したトルコ軍の実力とは


ロシアが最新の長距離高速の核魚雷を開発?誤ってテレビで放送


【人気記事】


フッ素が入った紫のリステリンを通販してみた | お買い得


宅配弁当を実際に利用してみたランキング | 宅食4社徹底比較


パソコンの選び方 | 究極は2択のみ


タバコの匂いはいくら消臭しても臭い理由 | タバコの脱臭方法


旅行の予約はどこが最適か | 実際に利用し比較する

カテゴリ一覧













【新着記事】


自衛隊の装備はすごい | 最新の戦闘機や艦船と車両を公開


巡視船と護衛艦の違い | 海上保安庁と自衛隊の違い


車用インバーターの選び方 | 筆者の失敗を踏まえて


世界のGDP | どうやって日本が陥落し中国が発展したか


ロシアのアバンガルド極超音速ミサイル | マッハ27は脅威か


中国海軍はアメリカ海軍を超えたのか | 総力比較


弾道ミサイルのすべて | 驚異の破壊力と命中率の低さ


電子決済は普及するのか | 本当に便利な支払いは何?


賃貸と購入の結局どちらが得なのか | 資産価値・金利・インフレ


アマゾンプライム会員は無駄なのか | 登録してみた