製薬メーカーファイザーが19兆円で買収

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

ファイザーが19兆円で製薬会社を買収、どれほど凄いのか

ファイザー,買収,ランキング

 

世間を騒がせている大型買収、それは、世界大手のファイザー社が同業のアラガンを19兆円で買収するというものです。ただ、19兆円といってもなかなかピンと来ないですよね。特に製薬メーカーはわれわれに直接の利害関係が無いので、わかりづらいと思います。
まずは業界の全体像から見ていきましょう。

 

国内の製薬メーカーを見ていきましょう。

  1. 武田薬品 1兆7000億円
  2. アステラス製薬 1兆2000億円
  3. 第一三共 1兆1000億円
  4. 大塚製薬 1兆円
  5. エーザイ 6000億円

武田薬品がダントツトップで2位3位までがいい線にいます。
5位になると少し落ち込みますよね。

 

では世界の製薬業界はどうなっているのでしょうか。

 

  1. ノバルティスファーマ 5兆3000億円
  2. ファイザー 4兆7000億円
  3. ロシュ 3兆8000億円
  4. メルク 3兆6000億円
  5. サノフィ 3兆6000億円

 

ちなみに武田薬品は世界ランキングで14位
やはり海外の製薬メーカーのパワーは圧倒的ですね。

 

実は、薬の開発には莫大なお金がかかります。数年前まで1つの薬を発売するまでに1000億円が必要だといわれていました。しかし、最近では画期的な薬の開発が難しくなっており、年々研究会開発費は多くなっているのです。なので、例えば日本ランキング5位のエーザイですら、1000億円以上の開発費を投じても、なかなか新薬を生み出せないわけなのです。もちろん、薬の開発は競争です。スピードが命です。相手は海外のファイザーともなると、その研究開発費の予算は莫大で、とてもかなうものではないですよね。
画期的な薬の開発によって多くの人の命が救われるわけですから、資金不足で開発できないなんて状況にはなってほしくないですね。

 

そして今回の買収は、世界2位のファイザーがアラガンを買収するということなのです。アラガンの売り上げは約7000億円で日本ではエーザイと同じ規模の企業です。単純にファイザーとアラガンを足しただけでもファイザーは世界トップの売上高になります。また、買収の相乗効果(研究開発費の圧縮等)でより売り上げもUPすることは間違いないですね。

 

売り上げ6兆円に迫る巨大企業が誕生するわけです。税回避を意図とした買収であるともささやかれていますが、巨大企業が誕生することに間違いないですね。

 

ちなみに、世界のあらゆる企業の売り上げはどうなっているのでしょうか。

 

まずは日本国内から

 

  1. トヨタ 27兆円
  2. ホンダ 13兆円
  3. 日産 11兆円
  4. NTT 11兆円
  5. JX 10兆円 

 

桁違いですね。

 

世界はというと

 

ウォルマート 45兆円
それ以外は石油で約40兆円

 

こうやってみると、トヨタの強さはダントツですね。製造業でここまで巨大な企業は、まさにトヨタは世界に誇れる企業です。

 

以上を考えると、日本の製薬企業はまだまだ非常に規模が小さく、世界に太刀打ちできるレベルではありません。
また、世界トップのファイザーですら、企業全体から見るとそれほど大きくはないのです。まだまだこれから買収が続くかもしれませんね。

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加