鼻の横や耳たぶの裏がうんこ臭い原因と解消法

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

鼻の横をこすったら異常に臭い

鼻の横,耳の裏,うんこ臭い

鼻の横の臭いに悩む人は少ないくないですね。

 

特に、鼻の下や横を手でこすると猛烈に臭いことがあるんです。

 

臭くない人にはわからないですが、このにおいに悩む人にとってどうにか解決したい悩みであります。

 

多くのサイトは皮脂の酸化が原因と書いてありますが、まったく違いますよね。

 

だって、どれだけきれいに洗っても数時間後には匂うんです。

 

原因はある細菌にありました。


鼻の横と耳たぶの裏の原因

鼻の横や耳たぶの裏の臭いの特徴は、まさに便の様な臭いです。

 

鼻の横や耳たぶの裏などを指でこすると異常に臭いですよね。

 

そもそも、このにおいは体臭の一つですが臭いの種類によって原因が異なります。

 

加齢臭

おやじ臭い加齢臭。この原因は主に皮脂の酸化が原因です。

 

ご存知のように油は非常に酸化しやすいのが特徴です。

 

揚げ物を何度も揚げた後のあぶらは独特の酸化臭がしますよね。

 

体から分泌される皮脂も空気に触れて酸化し、それが加齢臭となって臭うんです。

 

鼻の横や耳の裏が臭い人は加齢臭も強烈であるという特徴があります。

 

それは皮脂の分泌が盛んにおこなわれているからです。

 

加齢臭の防止には体の内側と外側の両面から予防することが大切です。

 

加齢臭防止のために多くの商品を試した人も多いと思いますが一つ注意点です。

 

「使い続けるほど効果がある!」とか、「使い始めて2週間で効果が感じられる」などの口コミや宣伝の商品は、

 

はっきり言って効果がありません。

 

 

体臭に関して言えば、使ってその後すぐに効果が判定できます。

 

使い続けてやっと効いてくることを謳う商品はプラセボ効果ですね。

 

最もおすすめは、製薬会社が開発した石鹸です。

 

内側からのケアにはこれがもっともおすすめですよ。

 

便臭

これが鼻の横や耳の裏をこすったときの臭いです。

 

この臭いは本当に厄介で、いくら丁寧に洗顔しても数時間後には強烈なにおいが復活してしまいます。

 

皮脂の酸化が原因であり、丁寧に洗顔し十分に保湿することを多くのサイトが勧めていますが全く解決できませんよね。

 

遅くとも数時間、早い人では30〜60分後には便臭が漂います。

 

では、どうすれば良いのでしょうか。

 

じつは、便臭の原因は常在菌です。

 

顔には数千種類の常在菌がいて、それぞれの菌がバランスを保ちながら共存しています。

 

いわゆるフローラというものです。

 

鼻の横や耳の裏は湿気が多く、菌のバランスが崩れて臭いを発する菌が多くなってしまいます。

 

よって崩れた菌のバランスを取り戻すために、一度殺菌してしまう必要があります。

 

 

ちなみに、鼻の横や耳の裏だけでなく、鼻の中の臭い、例えば鼻を手で押している時に感じるにおい、鼻を少しだけつまんだ時に感じる臭いも同じ原因です。

 

抗生物質

抗生物質とは微生物など生体細胞の増殖や機能を阻害する物質の総称です。

 

アレクサンダー・フレミングが1928年にアオカビから見付けたペニシリンが世界初の抗生物質ということで、知らない人はいないですよね。

 

抗生物質の効果は非常に強力で、たとえば黄色ブドウ球菌が繁殖したシャーレに抗生物質を投入すると、その周囲の黄色ブドウ球菌は増殖できず死滅していきます。

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加