鼻の横や耳たぶの裏がうんこ臭い原因と解消法

鼻の横や耳たぶの裏がうんこ臭い原因と解消法

鼻の横をこすったら異常に臭い

鼻の横,耳の裏,うんこ臭い
鼻の下や横を手でこすると猛烈に臭い。その匂い、便のような臭いではありませんか?臭くない人には分からないこのにおい、悩む人はどうしても解決したい悩みです。

 

多くのサイトは皮脂の酸化が原因と書いてありますが、はっきり言って全く違います。だって、便のようなにおい、しかもどれだけきれいに洗っても数時間後には匂うんです。

 

原因とケアの方法を詳しく紹介します。

鼻の横と耳たぶの裏の原因

鼻の横や耳たぶの裏の臭いの特徴は、まさに便の様な臭いです。

 

鼻の横や耳たぶの裏などを指でこすると異常に臭いですよね。

 

鼻の横の臭いはその種類によって原因が異なります。

 

加齢臭

おやじ臭い加齢臭。この原因は主に皮脂の酸化が原因です。油臭い、親父臭いにおいですが、読者が悩むのはこのに臭いとは違いますよね。

 

加齢臭、ご存知のように油は非常に酸化しやすいのが特徴です。

 

揚げ物を何度も揚げた後のあぶらは独特の酸化臭がします。

 

同様に体から分泌される皮脂も空気に触れて酸化し、それが加齢臭となって臭うんです。

 

鼻の横や耳の裏が臭い人は加齢臭も強烈であるという特徴があります。

 

それは皮脂の分泌が盛んにおこなわれているからです。

 

加齢臭の防止には体の内側と外側の両面から予防することが大切です。

 

加齢臭防止のために多くの商品を試した人も多いと思いますが一つ注意点です。

 

「使い続けるほど効果がある!」とか、「使い始めて2週間で効果が感じられる」などの口コミや宣伝の商品は、

 

はっきり言って効果がありません。

 

 

体臭や花の横の臭いに効果がある石鹸や洗顔方法は、やってみた直後に効果が判定できるものです。

 

使い続けてやっと効いてくることを謳う商品はプラセボ効果ですね。

 

即効性があるのは、お茶のカテキンと柿のタンニン。

 

加齢臭をケアするには最適な成分です。

 

この二つの成分が入った石鹸でケアしたところ、かなり改善します。

 

今までワイシャツやインナーに加齢臭がついて取れなかったのですが、この石鹸を使ってからワイシャツやインナーに加齢臭が移らなくなり、加齢臭が気にならなくなりました。

 

もし臭いのタイプが便臭では無く、皮脂の酸化によるものなら、おすすめの石鹸です。

 

便臭

これが鼻の横や耳の裏をこすったときの臭いです。

 

この臭いは本当に厄介で、いくら丁寧に洗顔しても数時間後には強烈なにおいが復活してしまいます。

 

丁寧に丁寧に洗顔しても、数時間後に鼻の横をこすると便臭が、、、、、

 

多くのサイトでは皮脂の酸化が原因と述べ、丁寧に洗顔し十分に保湿することを勧めていますが、おそらく解決しません。

 

これらの方法でケアしても、遅くとも数時間、早い人では30〜60分後には便臭が漂います。

 

では、どうすれば良いのでしょうか。

じつは、便臭の原因は常在菌角栓です。

 

顔には数千種類の常在菌がいて、それぞれの菌がバランスを保ちながら共存しています。いわゆるフローラというものです。

 

鼻の横や耳の裏は湿気が多く、臭いの原因菌が潜みやすい角栓が増えてくると、菌のバランスが崩れて臭いを発する菌が多くなってしまいます。

 

よって崩れた菌のバランスを取り戻すために、一度菌を除去して常在菌のバランスを整える必要があります。

 

 

ちなみに、鼻の横や耳の裏だけでなく、鼻の中の臭い、例えば鼻を手で押している時に感じるにおい、鼻を少しだけつまんだ時に感じる臭いも同じ原因です。

 

筆者はこの便臭に悩んでいました。洗顔してしばらくして、鼻の横や耳の後ろをこすると、臭い、、、、、いろいろな殺菌洗顔を使いましたが全くダメでした。

 

即ケアできるものを始めに紹介すると、薬用にごり石鹸という石鹸でした。

 

もともとわきがの臭い対策の石鹸ですが、鼻の横の便臭にも対策できました。全身用といっても、肌荒れすることなく通常の洗顔石鹸として利用できます。

 

気になる方は、顔全体は通常の洗顔で洗浄し、鼻の横だけこの石鹸で洗えばOKです。

 

もう少し具体的にケアの方法を見ていきましょう。

 

鼻の横の便のような臭いは、角栓が発生し、常在菌のバランスが崩れていることが原因です。

 

まずは、バランスを取り戻すために鼻の横、そして顔全体をケアする必要があります。

 

毛穴角栓すっきりスティックを使って、鼻の横の角栓をきれいに取り除きます。

 

洗顔だけでは鼻の横の角栓にもぐりこんだ臭い菌をケアできないので、いったんきれいにリセットする必要があります。

 

頻度は1週間から2週間で十分です。このスティックで角栓を押し出すか押し出さないかで、においをケアできるかどうか変わります。

 

スティックを強めに当てると、白い角栓がにょきっと出てきてやみつき!

 

便臭に悩む人の角栓は、ウェットで膿状の角栓になっていることが多いのも特徴です。

 

スティックできれいになったら続いては洗顔です。

 

しかし、いきなり石鹸で洗ってはいけません。顔の皮脂や角栓の汚れは石鹸できれいに落とすことができないからです。

 

経験があるかと思いますが、キッチンにこびりついた油を手で触った後、石鹸を使ってもなかなか落とせないですよね。

 

これと同じで、酸化した角栓や油は石鹸できれいにならないのです。

 

方法は、専用のオイルを使って、顔全体の油汚れをきれいに落とします。

 

使うオイルはアロマベラ マッサージオイル アンセンテッド 200ml (顔 体用オイル)です。植物性で顔にも安心して使うことができ、なにより皮脂汚れを落とすパワーが違います。

 

このオイルで顔をマッサージすると一皮むけたように透明感のある肌になります。誰がみてもわかるくらい、すっきりします。

 

私も最初にこのオイルを使って洗顔したら、翌日職場の同僚に「すっきりした?」といわれるほど。

 

それほど汚れが溜まっていたということです。

 

2〜3プッシュ手に取り、顔全体をマッサージした後、鼻の横を集中的に揉み込みます。

 

後は、通常の石鹸で洗顔するのですが、薬用にごり石鹸を使うと常在菌バランスもケアできるので、よりおすすめです。

 

スティックで角栓を除去し、オイルで皮脂汚れを落とす、そして石鹸で汚れを落とせば、肌はつるつるになります。

 

後は、清潔なタオルで水分をふき取り、化粧水で整えればOKです。

 

 

いくら石鹸できれいに洗っても、入浴後数時間で鼻をこすると便臭がしていた人も、この方法で見事にケアできていることに驚くはずです。

 

スティックとオイルだけでもかなり実感できますが、それでも不十分な人や、とにかく早く便臭をケアしたい人は、にごり石鹸の同時使用で結果が出ます。

 

薬用にごり石鹸公式サイト>>>

このエントリーをはてなブックマークに追加