なぜ日本と中国の戦いは始まっているのか

なぜ日本と中国の戦いは始まっているのか

日本VS中国は始まっている

日本,自衛隊,中国,戦争
日本の自衛隊と中国軍の戦いは始まっているといえます。

 

決して戦争しているわけではないにもかかわらず、なぜ戦いが始まっているのか。そしてその勝敗はどうなるのか、詳しく紹介します。

戦いとは

ご存知の通り、日本と中国は決して戦争状態にあるわけでなく、今後もその危険性は極めて低いとされています。

 

第二次世界大戦後以降、大国同士が直接全面戦争する機会はなく、中小国同士の争いに介入する戦争や紛争は起こっていますが、直接対決は起こっていません。

 

戦争が発生しない理由は大きく二つあり、1つはアメリカの絶大なパワーによる戦争抑止、もう一つは核の傘による戦争抑止です。

 

現在、アメリカ軍の規模は世界でも圧倒的規模であり、日本円にして年間80兆円から90兆円ほどの予算を軍に注いでいます。

 

これがどれほどの規模かというと、日本の国家予算とほぼ同じです。

 

医療、福祉、インフラ、教育など様々な分野に日本が投じている金額を、アメリカは軍だけに注いでいます。

 

なぜこれだけ潤沢な予算があるのかというと、当然アメリカの経済規模は世界ダントツであり、年間の国家予算は500兆円にもなります。

 

アメリカは、莫大な予算を軍に注ぎつつ、世界中の戦争や紛争に介入することで実戦経験を積んでいる最強の軍隊を持っています。

 

アメリカは圧倒的な国力と軍事力を利用し、世界中で経済活動を有利になるように進め、アメリカにとって不利な状況になれば軍事力も辞さない構えでビジネスを行っているのです。

 

アメリカにとって不利な状況の一つに、同盟国や友好国同士の争いがあり、親アメリカ国家は、アメリカの顔色をうかがいながら経済活動や軍事活動を行っています。

 

また反アメリカ国家にとっても、圧倒的なアメリカの国力を前に戦争を起こす気にさえならない状況であるというのがシンプルで分かりやすい説明です。

 

核の抑止力は、その名の通り打ったら打ち返す。支配されそうになったら核攻撃すると脅すことで、全面戦争にならない抑止力として働いています。

 

このように考えると、大国同士の戦いは起こることもないし、まして日本と中国の戦いが始まっているなんて思えませんが、現実は異なることがわかってきます。

中国軍機やロシア軍機接近の意味

日本,自衛隊,中国,戦争
日本付近を飛行する中国軍機に対し、日本が戦闘機でスクランブル発進させたというニュースをよく耳にします。

 

なぜ、中国は戦争する気もないのに日本に向けて戦闘機や爆撃機を飛ばすのでしょうか。

 

これには多くの理由があります。

 

例えば、日本がどれほど戦闘機を探知できるのか試したり、周辺の海域を調査したり、また挑発的意味合いで戦闘機を接近させることもあります。

 

しかし、最も重要な点、それは浪費、疲弊を狙っていることです。

 

どういうことでしょうか。

 

国籍不明機が日本に接近してきた場合、日本は2機のF15戦闘機やF2戦闘機がスクランブル発進します。

 

国籍不明機に接近し、敵機の機種、国籍、行動パターン、進路妨害などを行い、領空を侵犯することを防ぐためです。

 

「日本の縄張りに踏み入れるな。こちらは常に領空を監視しているぞ。いつでも撃ち落とせる体制をとっているぞ。」と力を示します。

 

日本は接近してくる国籍不明機に十分対処できる能力を持っており、中国も十分にそれをわかっています。

 

ただ、スクランブル発進には大きな問題があります。

 

それは、戦闘機の耐用飛行時間の問題です。

 

例えば、最新のステルス戦闘機F35の耐用飛行時間は8000時間とされています。

 

また、F15も10000時間から12000時間とされています。

 

これは飛行機が空中で活動できる時間の合計を示しており、耐用飛行時間をを使い果たした戦闘機は退役させるか大規模な延命改修が必要になります。

 

中国機の接近に対し、スクランブルをかければかけるほど、戦闘機の耐用飛行時間を消費しているのです。

 

要するに、中国はあえて日本にスクランブルさせることで、敵戦闘機の寿命を縮めている、いわゆるすでに戦いに挑んできているのです。

 

そしてスクランブル発進の数は、中国の影響で激増しています。
日本,自衛隊,中国,戦争

※quotationWikipedia

 

現状、日本の軍事予算は世界の先進国並みであるため、多数の戦闘機を保有し、接近する国籍不明機に対処しています。

 

しかし、スクランブルで発進する戦闘機のみならず、ほとんどすべての兵器はアメリカ製であり、日本が1から作ったものはほとんどありません。

 

「耐用飛行時間を使い切ったため、新しい戦闘機に買い替える」なんて気楽なことはできませんし、まして新しい戦闘機を設計、製造する技術もありません。

 

一方、中国の国力の伸びは圧倒的であり、アメリカ一ヶ国が世界を支配した時代を終わらせる挑戦をし始めています。

 

経済規模は日本の3倍以上、軍事予算は4倍以上と、中国からみてすでに日本など眼中にないほど国力差が開いてしまいました。

 

また、中国は戦闘機を自国で設計、製造できる技術力の高い国です。

 

耐用年数を過ぎた戦闘機を廃車(廃機)し、新しい戦闘機を導入すればいつでも戦闘力が高い状態を維持できます。

 

中国は潤沢なお金をつぎ込み、日本にスクランブル発進を掛けさせ、日本の戦闘機を消耗、またパイロットを疲弊させようと、日々活動を行っています。

 

このような意味で、すでに日本と中国の戦いは始まっているのです。

 

F22が誕生する以前の世界最強戦闘機であるF15を140機以上持つ日本ですが、戦闘機の寿命が迫っています。

 

そこで、F22を導入しようとしましたが、失敗。F16の代替機で、性能が劣るF35を少量導入することを決定するにとどめています。

 

また、順次退役が始まるF2戦闘機の代替機が検討されていますが、情報だけが右往左往し、方向性が定まっていません。

 

高い技術力、製造力、潤沢な予算を軍に注げる中国と、自国で兵器を作れず、兵器を外国に依存する日本。

 

このまま中国の攻勢が続けば、国力、軍事力に劣る日本が疲弊してしまうのは明確です。

 

軍事力の背景には高い国力が前提です。

 

世界的に見ても例外的に経済の伸びが止まってしまった日本。(どれほど日本の低迷が深刻なのかは貧しい日本!?足りない危機感・今後の成長【特別編】で紹介)今後、超大国2国を目の前にし、経済活動を活発にしていかなければなりません。



【最新記事】


F/A18ホーネット戦闘機の意外な強さとは


衛星攻撃兵器とは | 国家全体を無力化する最強兵器


弾道ミサイルとは | ICBMなどの威力と防ぐ方法


日本独自の16式機動戦闘車 | 戦車に匹敵する戦闘力


10式戦車が強い理由 | 日本独自の主力戦車


【空軍】


あまり知らないユーロファイタータイフーン戦闘機の強さとは


日本だけが配備する早期警戒管制機E-767の探知能力の凄さ


アメリカはなぜ弱い攻撃機A-29スーパートゥカーノを開発するのか


ブラックバードSR71はどれほど速いのか


爆撃機比較 | 最強のアメリカは揺るがないのか


軍用輸送機比較 | 世界一大きな輸送機は?


戦闘機のベストセラーF16はなぜ世界中で愛されるのか


40年間以上世界最強であり続けたF15戦闘機のすべて


ロシアのSu-57戦闘機は世界最強のF22を凌駕するのか


RQ-4グローバルホークと無人偵察機・攻撃機のすべて


MQ-25Aスティングレイ無人空中給油機のすべて


世界の水上飛行機 | US2とAG600の特徴と戦力


中国のステルス戦闘機J31のすべて


中国のステルス戦闘機J20のすべて


F2戦闘機のすべて | 船を沈める最強戦闘機


最強のオスプレイのすべて | V-22高速ヘリが注目される理由


世界最強のF22ラプターステルス戦闘機のすべて


UH-60ブラックホーク世界最強で謎のステルスヘリコプター


B-1B爆撃機のすべて | 高速性と搭載量が最強


SR72はマッハ6以上の最新無人偵察機(SR71ブラックバード後継機)


第六世代戦闘機|アメリカ、日本、ロシアの構想


航空自衛隊と中国空軍の徹底比較〜アメリカについていけるのか〜


最強のアメリカ軍だけが装備できるA10サンダーボルトとAC130


米軍最新ステルス爆撃機B21レイダーの強さと技術に迫る


世界で2番目に強いステルス戦闘機F35の最強バトル


米軍最新の空中給油機KC-46Aペガサスの凄さに迫る


【海軍】


日本がもつ空母のすべて | 世界に通用するのか


アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦のすべて


中国の空母と空母打撃群 | 世界第2位の軍事力


イージス艦とは | ハエ一匹入れない最強の盾の強さ


航続距離無限 | 原子力空母の驚異の実力と世界最強


1隻で国を亡ぼすコロンビア級オハイオ級潜水艦


世界最強のイージス艦タイコンデロガの強さに迫る


写真で見る最強の海軍とその軍事力は?アメリカ・中国・日本を比較


世界最強の潜水艦シーウルフはどれほど強いか


アメリカ空母と強襲揚陸艦に搭載される艦載機のすべて


世界の空母と空母打撃群を徹底比較・アメリカの次に最強は?


空母打撃群と遠征打撃群の違いと海兵隊最強の地位


空母維持費とジェラルド・R・フォード級空母のすべて


世界最強の米海軍の中でも中核を担う空母打撃群の戦闘力は?


ホバークラフトLCAC-1は最強の揚陸艦


中国軍の実力とは〜アメリカ、中国、日本の海軍力〜


通常動力で最強の潜水艦そうりゅうの実力と嘘と本当


アメリカ軍最新のLCSフリーダム・インディペンデンスは速すぎる!


ついに始動!ズムウォルト!アメリカ海軍最新、最強の駆逐艦


【陸軍】


防弾ガラスは13p大統領専用車を詳しく紹介


軍用車ハンヴィーHMMWVの後継車両JLTVとは


世界最強の戦車M1エイブラムスが強い理由とその伝説を紹介


【武器】


最強の大砲 | レールガンのすべて


マシンガンのすべて | 威力・連射速度・ランキングを解説


風圧で一帯を破壊する燃料気化爆弾サーモバリック爆弾とは


地中貫通爆弾バンカーバスターの破壊力とは


ミサイル防衛を持つのはアメリカだけ | 日本はミサイルを防げない?


アメリカ開発の命中率100%のスナイパーライフルとは


実用段階に入る最強のレーザー兵器のすべて


核ミサイル防衛の実態-日本は核を迎撃できるのか?


最強のミサイル・トマホークのすべて


たった1時間で地球の裏側までいつでも攻撃できるミサイルを開発中


最強の核兵器ツァーリボンバの脅威の威力とは


通常兵器で最強の爆弾といわれるMOABの威力とは


【全般】


なぜ日本と中国の戦いは始まっているのか


最強の空母打撃群を撃沈する方法はあるのか


なぜアメリカは北朝鮮と戦争しないのか | 北朝鮮の軍事力


アメリカVS中国の戦闘シミュレーションでよくある間違いとは


核実験をどうやって見抜くのか?核実験の方法と種類


ロシア戦闘機を撃墜したトルコ軍の実力とは


ロシアが最新の長距離高速の核魚雷を開発?誤ってテレビで放送


軍事関連記事すべてを見る


【インタレスト情報新着記事】


パソコンの選び方 | 究極は2択のみ


フッ素が入った紫のリステリンを通販してみた | お買い得


ビルゲイツは本当にビジネスクラスに乗らないのか


このエントリーをはてなブックマークに追加