アメリカ空母と強襲揚陸艦に搭載される艦載機のすべて

アメリカ空母と強襲揚陸艦に搭載される艦載機のすべて

空母と強襲揚陸艦

空母,強襲揚陸艦
アメリカ軍が大規模な戦闘部隊としてユニットを組む空母打撃群と遠征打撃群。

 

その中心がミニッツ級空母とワスプ級強襲揚陸艦です。

 

空母や強襲揚陸艦を中心に、イージスミサイル駆逐艦を指揮する最強のイージスミサイル巡洋艦1隻、そして海上自衛隊にも導入されているイージスミサイル駆逐艦、原子力潜水艦、補給艦からなる軍団のパワーはどれほどなのでしょうか。

空母の艦載機

空母,強襲揚陸艦

※quotationWikipedia

空母に搭載される艦載機は制空用の戦闘機だけではありません。

 

偵察用の哨戒機や、電子戦機など、様々な用途に即座に対応できるよう、空母に搭載されています。

 

空母に搭載される航空機は次の通りです。

 

制空、地上攻撃用戦闘機 F/A-18E/F  25機
空母,強襲揚陸艦

※quotationWikipedia

この戦闘機は主に制空権確保が任務の空母最強の戦闘機です。

 

ベースはF16戦闘機で、空母から発進できるように足回りを強化し、翼の面積を広げています。

 

開戦初期には、敵上空の制空権を確保します。

 

FA18戦闘機が空母から発進し、敵の戦闘機を撃墜、威嚇を行います。

 

また、爆撃機の護衛などにも使われます。

 

 

対艦、対地用攻撃戦闘機 F/A-18C 20機
空母,強襲揚陸艦

※quotationWikipedia

戦車やレーダー基地、移動式ミサイルなどの地上目標、そして敵の駆逐艦、フリゲートなど海上目標を攻撃するための戦闘機です。

 

湾岸戦争やイラク戦争などで話題になった戦闘機がこのFA18Cです。

 

もとももとは制空戦ように開発された戦闘機で、対空ミサイルを搭載すれば、敵戦闘機とも十分戦える機動力を持っています。

 

 

電子攻撃機 EA-6 5機
空母,強襲揚陸艦

※quotationWikipedia

電子戦機は、敵戦闘機からのミサイル攻撃を電波によって妨害したり、敵のレーダ探知を回避するための妨害電波などを発信する機能を持ちます。

 

制空戦闘機の少し後方を飛行し、敵のレーダーを無力化し、味方に有利な状況を作りだす、重要な攻撃機です。

 

電子戦システムは群の中でもトップシークレットになっており、同盟国でさえ詳細を伝えられることはありません。

 

 

早期警戒機 E-2C 5機
空母,強襲揚陸艦

※quotationWikipedia

敵戦闘機やミサイルの位置を特定し、味方の空母や戦闘機と情報を共有します。

 

戦闘機やイージス艦にも強力なレーダシステムは搭載されていますが、レーダーの性質上地平線の向こう側は探知することができません。

 

理由は地球が丸いためです。

 

地平線は高度が高いほど距離が長くなります。

 

例えば、人間が見る地平線は5q程度です。

 

レーダの位置が高ければ高いほど、探知距離は長くなります。

 

イージス艦のレーダーが高い位置に取り付けられている理由はそのためなのです。
空母,強襲揚陸艦

※quotationWikipedia

ただ、上の写真にあるように、いくら高い位置にレーダーを取り付けたとしても、水平線はせいぜい数十キロ程度です。

 

戦闘機やミサイルは数十キロの距離であれば一瞬で到達してしまうので、防衛が間に合いません。

 

そこで哨戒機を空高く飛ばし、水上のレーダーからは届かない遠くまで敵戦闘機やミサイルを探知します。

 

哨戒機のデータはリアルタイムで空母やイージス艦に送られ、イージス艦が迎撃したり、戦闘機を向かわせたリするのです。

 

 

艦載輸送機 C-2A 2機
空母,強襲揚陸艦

※quotationWikipedia

陸上から空母に、武器や物資を運ぶ専用の輸送機です。

 

空母の短い滑走路でも離着陸できるように設計されています。

 

 

対潜ヘリコプター SH-60 6機
空母,強襲揚陸艦

※quotationWikipedia

空母が最も恐れるのは、敵潜水艦からの攻撃です。

 

空母打撃群には原子力攻撃潜水艦を護衛に付けていますが、ヘリコプターを駆使して周辺海域をくまなく捜索します。

 

通常、空母打撃群が進むかなり前方に攻撃潜水艦を移動させ、対潜ヘリコプターも派遣します。

 

潜水艦のソナーやヘリコプターが海中を徹底的に捜索し、敵の潜水艦がいないことを確認後、空母打撃群がその海上にやってきます。

 

もし、ヘリコプターが敵の潜水艦を発見すれば、即座に護衛の原子力潜水艦が敵を撃沈させます。

 

 

 

このように空母打撃群には様々な種類の航空機を搭載し、制空エリアを確保しています。

 

そのエリアは広大で、空母打撃群から半径400q程は敵戦闘機は近づくことは出来ません。

 

もし、それ以上近づくと、護衛戦闘機が即座に迎撃、さらにイージス艦から対空ミサイルが発射され撃墜されます。

 

 

また、海上、海中も同様です。

 

空母打撃群周辺のかなり広大なエリアが探知され、近づく敵は即座に撃沈されます。

 

このように、空母打撃群は敵を寄せ付けず、敵の本土を攻撃する最強の軍団なのです。

強襲揚陸艦の目的

空母,強襲揚陸艦
強襲揚陸艦を中心に、揚陸艦合計3隻、ミサイル巡洋艦1隻、ミサイル駆逐艦2隻、原子力攻撃潜水艦1隻で編隊を組むユニットが遠征打撃群です。

 

強襲揚陸艦は写真にある通り、まるで空母のように巨大です。

 

それもそのはずで、日本がもつ戦後最大のヘリ空母である、「かが」「いずも」よりも圧倒的に大きな船体になっています。

 

アメリカは強襲揚陸艦、ワスプ級強襲揚陸艦を8隻、最新のアメリカ級強襲揚陸艦を2隻保有しています。

 

現時点で、強襲揚陸艦の艦載機は垂直に離着陸できるハリアーですが、近々最強のステルス戦闘機F35 が搭載されます。

 

すると、強襲揚陸艦は空母打撃群並みのパワーを持つことになります。

 

 

しかし、そうは言っても強襲揚陸艦、遠征打撃群の目的は主に揚陸、地上戦です。

 

強襲揚陸艦には多数の海兵隊員が乗っており、その船員は戦闘のエリート揃いです。

 

激烈な戦闘訓練を乗り越え、ごく一部の人しかなれない強襲揚陸艦の隊員は、大規模な上陸作戦の前に敵地に潜り込み、重要拠点を破壊します。

 

真夜中に水中バイクで上陸したり、ゴムボートで上陸、さらには、軍が開発する最新の戦闘機材を使いこなすエリート集団です。
空母,強襲揚陸艦

※quotationWikipedia

 

強襲揚陸艦の役割知るためには、戦争の流れを理解する必要があります。

 

 

戦争が始まると、まず、水上戦闘群や空母打撃群のイージス艦、そして戦略原子力潜水艦から多数のトマホークが発射されます。

 

攻撃目標は敵のレーダ基地、航空基地です。

 

トマホークによって、ある程度敵の防空網を破壊したら、次にステルス戦闘機F22やB2ステルス爆撃機、そしてB1爆撃機を投入します。

 

トマホークで破壊しきれなかった敵基地や、迎撃してくる敵戦闘機をすべてつぶします。

 

すると、敵は空の支配権を失い、敵の空を自由に使うことができるようになります。

 

そして、その後地上部隊の上陸を行います。

 

しかし、アメリカ陸軍を投入するためには、敵地の陸の安全を確保する必要があります。

 

ここで強襲揚陸艦を中心とした遠征打撃群が投入されます。

 

空母,強襲揚陸艦

※quotationWikipedia

 

強襲揚陸艦はその名の通り、上陸を電撃的に早期に達成できる兵器を搭載しています。

 

ホバークラフトLCAC-1は最強の揚陸艦で戦車を上陸させ、特殊部隊が上陸、さらに、水陸両用車両で一気に攻め込みます。

 

また、強襲揚陸艦に搭載された攻撃ヘリコプターで空から海兵隊を支援します。

 

揚陸地周辺の安全を確保したのち、大規模なアメリカ陸軍が投入され、地上戦を行い敵の陸上部隊をつぶします。

 

よって、簡単に示すと、空母打撃群で制海権と制空権を確保、制海権・制空権が完全な状態で遠征打撃群を投入、その大規模な陸上戦を開始します。

 

 

近年のアメリカの戦闘スタイルは制空権の確保は超迅速です。

 

敵を圧倒するF22ステルス戦闘機、ステルス爆撃機、過去一度も撃墜されていない最強戦闘機F15を一斉に投入し、1日〜2日で敵の防空網を無力化してしまいます。

 

恐るべしアメリカ軍ですね。



このエントリーをはてなブックマークに追加

【最新記事】


自衛隊の装備はすごい | 最新の戦闘機や艦船と車両を公開


巡視船と護衛艦の違い | 海上保安庁は自衛隊に匹敵するか


世界のGDP | どうやって日本が陥落し中国が発展したか


ロシアのアバンガルド極超音速ミサイル | マッハ27は脅威か


軍事記事すべて一覧>>


【空軍新着】


B52爆撃機 | 100年現役の巨大爆撃機の強さとは


日本のステルス戦闘機F35AとF35Bの違い


韓国と日本の空軍比較 | 韓国は強いのか


ロシアのMiG-35戦闘機とは | 最新・輸出用戦闘機なのか


F/A18ホーネット戦闘機の意外な強さとは


【海軍新着】


巡視船と護衛艦の違い | 海上保安庁と自衛隊の違い


護衛艦 | 日本だけが持つ護衛艦の戦闘力


1991年まで戦った戦艦ミズーリの凄さとは


世界の空母は32隻に | 空母の仕組みと離着陸や保有国


どのように潜水艦を撃沈するのか | 対潜戦の詳細


【陸軍新着】


水陸両用車のすべて | 日本も採用する最強の強襲部隊


日本独自の16式機動戦闘車 | 戦車に匹敵する戦闘力


10式戦車が強い理由 | 日本独自の主力戦車


防弾ガラスは13p大統領専用車を詳しく紹介


軍用車ハンヴィーHMMWVの後継車両JLTVとは


【兵器新着】


弾道ミサイルのすべて | 驚異の破壊力と命中率の低さ


ロシアのアバンガルド極超音速ミサイル | マッハ27は脅威か


恐ろしい未来の兵器と最新兵器


衛星攻撃兵器とは | 国家全体を無力化する最強兵器


弾道ミサイルとは | ICBMなどの威力と防ぐ方法


【全般新着】


中国海軍はアメリカ海軍を超えたのか | 総力比較


世界の軍事力 | アメリカと中国はどれほど強いのか


インド軍の実力はどれほど強いのか


なぜ日本と中国の戦いは始まっているのか


最強の空母打撃群を撃沈する方法はあるのか


【軍事記事リスト】


陸・海・空別のすべての記事一覧


【人気記事】


フッ素が入った紫のリステリンを通販してみた | お買い得


宅配弁当を実際に利用してみたランキング | 宅食4社徹底比較


パソコンの選び方 | 究極は2択のみ


カテゴリ一覧













【新着記事】


ビットコインのしくみが100人中100人が理解できるページ


自衛隊の装備はすごい | 最新の戦闘機や艦船と車両を公開


巡視船と護衛艦の違い | 海上保安庁と自衛隊の違い


車用インバーターの選び方 | 筆者の失敗を踏まえて


世界のGDP | どうやって日本が陥落し中国が発展したか


ロシアのアバンガルド極超音速ミサイル | マッハ27は脅威か


中国海軍はアメリカ海軍を超えたのか | 総力比較


弾道ミサイルのすべて | 驚異の破壊力と命中率の低さ


電子決済は普及するのか | 本当に便利な支払いは何?


賃貸と購入の結局どちらが得なのか | 資産価値・金利・インフレ