日本がもつ空母のすべて | 世界に通用するのか

日本がもつ空母のすべて | 世界に通用するのか

日本の護衛艦空母

日本,空母,ひゅうが,いせ,いずも,かが

※quotationWikipedia

ご覧いただく写真の通り、見た目はほぼ空母である護衛艦の「かが」。日本が開発した最新の護衛艦いずも型は、他国の軽空母に匹敵するサイズになっています。

 

日本の空母の実力と、詳細、他国と比較して世界に通用するかどうかを詳しく紹介します。

日本の空母は護衛艦

空母で思い浮かべるのが、アメリカ最強の軍事ユニットである、空母打撃群。

 

排水量10万トンを超える空母と、それらを護衛する艦隊の攻撃力は、一国の軍事力に匹敵します。

 

一方、日本は憲法の制約上、攻撃型空母を保有できず、護衛艦の一部として運用されています。

 

日本の空母が開発される以前の最新の護衛艦が「しらね型」。
日本,空母,ひゅうが,いせ,いずも,かが

※quotationWikipedia

 

通常の戦闘艦スタイルですが、ヘリを3機搭載でき、そのサイズも巨大です。

 

54口径の大砲2門、護衛用のCIWS2機、魚雷などを搭載し、マルチな任務をこなす護衛艦というコンセプトで設計されました。

 

一方このころ、ロシアの軍事的脅威が増す中、自衛隊の艦隊の在り方が変化し、しらね型の運用は非効率であることが浮き彫りになり艦隊の体制を変更させました。

 

その艦隊構想が8艦8機体制(いわゆる八八艦隊)といわれ、8機のヘリコプターを一つの艦隊で運用させることで効率的かつ対潜水能力を最大化する構想です。

 

8・6体制から8・8体制にすることで、ロシアからの脅威に十分対処できる体制を構築しました。

 

しかし、近年になり中国の軍事脅威が増し8・8体制からさらに運用を変更、現在の運用スタイルにたどり着きます。

 

その運用スタイルが護衛艦隊です。

 

海上自衛隊は、敵艦隊を迎撃する最大のユニット単位を護衛艦隊群とします。

 

1つの護衛艦隊群には2つの護衛艦隊が所属し、1つの護衛艦隊は4隻の護衛艦で構成されます。

 

自衛隊は護衛艦隊群を4つ持ち、それぞれにいずも型かひゅうが型の空母を所属させているのです。

 

要するに、日本は空母4隻にそれらを護衛する護衛艦をユニットとし、4ユニットの空母防衛群を持っています。

 

ちなみにアメリカは10万トン空母11隻を中核とする空母打撃群11ユニットを持っています。

 

アメリカの空母打撃群と同様に、国家規模の争い時に、この護衛艦隊が対処するのです。
日本,空母,ひゅうが,いせ,いずも,かが

※quotationWikipedia

では、いずも型、ひゅうが型の違いはどこでしょうか。

ひゅうが型といずも型

先ほど紹介したしらね型の後継艦がひゅうが型です。
日本,空母,ひゅうが,いせ,いずも,かが

※quotationWikipedia

 

排水量1.9万トン、最大11機のヘリコプターを搭載し、同時に3機のヘリが発着できます。前型のしらね型が3機搭載、1機発着なので、大幅に作戦能力が向上しています。

 

1.9万トンサイズはイタリアが持つ軽空母とほぼ同じサイズになっており、自衛隊でも当時最大の艦艇となりました。
日本,空母,ひゅうが,いせ,いずも,かが

※quotationWikipedia

 

この巨体にも関わらず、魚雷発射管などを搭載し、空母そのものに最低限の護衛能力を持たせているのもひゅうが型の特徴です。

 

ひゅうが型は「ひゅうが」「いせ」に2隻が建造され、その後自衛隊最大の護衛艦、いずも型を開発します。
日本,空母,ひゅうが,いせ,いずも,かが

※quotationWikipedia

 

いずも型の排水量は2.6万トンにもなり、イタリアの最新空母カヴールとほぼ同じサイズ、しかも同じような形になっています。
日本,空母,ひゅうが,いせ,いずも,かが

※quotationWikipedia

 

ヘリを14機搭載し、同時に5機発着可能にすることで、日本海で活発化する中国の潜水艦に対処できる能力を手に入れています。

 

現在、この巨大な空母を活かし、最新のステルス戦闘機F35を運用できないか検討されています。

 

これまでヘリのみ搭載していたヘリ空母に戦闘機を搭載することで、護衛型空母を作ろうという計画です。

 

ではなぜ海上自衛隊は、空母の保有を望むのでしょうか。

日本の空母は強いのか

日本の空母保有論の背景に、中国が空母を配備したことが挙げられます。

 

中国はウクライナからスクラップ寸前の空母を購入。改修を重ね、1隻目の空母を完成させます。

 

1隻目の改修経験を参考に、2隻目の空母は1から中国が建造し2隻目の空母も進水させてきました。

 

さらに、3隻目となる空母は、カタパルトを搭載する空母、4隻目以降はアメリカと同様の電磁カタパルトを搭載し、原子力エンジンを搭載した原子力空母を建造することを決定しています。

 

しかもそのサイズが巨大であり、1,2隻目が6.5万トン。3隻目以降が8万トンを超える空母になることが予想させれているのです。

 

巨大な国力と技術力から急速に軍事力を高めてきている中国。その脅威に対応し、日本周辺の海域の制海権を確保するためにF35の搭載を望んでいるというわけです。

 

ただし、空母の性質上、自国から遠く離れた敵国の攻撃が主力任務になっています。

 

アメリカが介入する戦争のように、陸上部隊を上陸させる前に敵国上空の制空権を確保し、敵国周辺海域で戦闘艦が安全に作戦できるように空母の艦載機で敵防衛網を破壊します。

 

一方、日本の自衛隊は防衛が主眼となるため、他国の空母の運用は参考になりません。

 

離島防衛に重点が置かれる中で、F35が日本の空母に搭載された場合、どのように運用されるのか気になります。



このエントリーをはてなブックマークに追加

【最新記事】


自衛隊の装備はすごい | 最新の戦闘機や艦船と車両を公開


巡視船と護衛艦の違い | 海上保安庁は自衛隊に匹敵するか


世界のGDP | どうやって日本が陥落し中国が発展したか


ロシアのアバンガルド極超音速ミサイル | マッハ27は脅威か


軍事記事すべて一覧>>


【空軍新着】


B52爆撃機 | 100年現役の巨大爆撃機の強さとは


日本のステルス戦闘機F35AとF35Bの違い


韓国と日本の空軍比較 | 韓国は強いのか


ロシアのMiG-35戦闘機とは | 最新・輸出用戦闘機なのか


F/A18ホーネット戦闘機の意外な強さとは


【海軍新着】


巡視船と護衛艦の違い | 海上保安庁と自衛隊の違い


護衛艦 | 日本だけが持つ護衛艦の戦闘力


1991年まで戦った戦艦ミズーリの凄さとは


世界の空母は32隻に | 空母の仕組みと離着陸や保有国


どのように潜水艦を撃沈するのか | 対潜戦の詳細


【陸軍新着】


水陸両用車のすべて | 日本も採用する最強の強襲部隊


日本独自の16式機動戦闘車 | 戦車に匹敵する戦闘力


10式戦車が強い理由 | 日本独自の主力戦車


防弾ガラスは13p大統領専用車を詳しく紹介


軍用車ハンヴィーHMMWVの後継車両JLTVとは


【兵器新着】


弾道ミサイルのすべて | 驚異の破壊力と命中率の低さ


ロシアのアバンガルド極超音速ミサイル | マッハ27は脅威か


恐ろしい未来の兵器と最新兵器


衛星攻撃兵器とは | 国家全体を無力化する最強兵器


弾道ミサイルとは | ICBMなどの威力と防ぐ方法


【全般新着】


中国海軍はアメリカ海軍を超えたのか | 総力比較


世界の軍事力 | アメリカと中国はどれほど強いのか


インド軍の実力はどれほど強いのか


なぜ日本と中国の戦いは始まっているのか


最強の空母打撃群を撃沈する方法はあるのか


【軍事記事リスト】


陸・海・空別のすべての記事一覧


【人気記事】


フッ素が入った紫のリステリンを通販してみた | お買い得


宅配弁当を実際に利用してみたランキング | 宅食4社徹底比較


パソコンの選び方 | 究極は2択のみ


カテゴリ一覧













【新着記事】


ビットコインのしくみが100人中100人が理解できるページ


自衛隊の装備はすごい | 最新の戦闘機や艦船と車両を公開


巡視船と護衛艦の違い | 海上保安庁と自衛隊の違い


車用インバーターの選び方 | 筆者の失敗を踏まえて


世界のGDP | どうやって日本が陥落し中国が発展したか


ロシアのアバンガルド極超音速ミサイル | マッハ27は脅威か


中国海軍はアメリカ海軍を超えたのか | 総力比較


弾道ミサイルのすべて | 驚異の破壊力と命中率の低さ


電子決済は普及するのか | 本当に便利な支払いは何?


賃貸と購入の結局どちらが得なのか | 資産価値・金利・インフレ