世界で2番目に強いステルス戦闘機F35のすべて

世界で2番目に強いステルス戦闘機F35のすべて

F35ライトニング II

f35,ステルス戦闘機,F35ステルス戦闘機,F35
F35ライトニング IIは、アメリカ軍が配備を進め、日本も導入する最新の第五世代ステルス戦闘機です。

 

世界最強のステルス戦闘機のF22に続き、世界で2番目に開発された機種、F35の実力はどれほどなのでしょうか。

世界で2番目に強い

ご存知の通り、世界最強の戦闘機は、F22ラプターです。

 

F22ラプターは、これまで世界最強といわれてきたF15戦闘機をすべて置き換えることを目的に開発された戦闘機です。

 

その戦闘力は圧倒的です。

 

F22ラプターが登場する以前、1世代前の戦闘機F15が世界最強の座にいました。

 

実際に、そのあまりにも高い戦闘力からF15が実戦で撃墜されたことは1度もありません。

 

そんなF15は航空自衛隊や、アメリカと親交が深い国々の主力戦闘機として活躍し、空の安全を守っています。

 

F22を開発したアメリカはその戦闘力を確かめるために、F15戦闘機を相手に模擬戦を行います。

 

結果、F15と戦闘したF22が負ける確率は144分の1、要するに、当時世界最強のF15戦闘機に99%以上の確率で勝利するという驚異の戦果をただき出しました。

 

要するに、撃墜不可能で最強のF1戦闘機5を、圧倒的に上回る戦闘力をF22は持っているのです。

 

 

F22は最強の戦闘機ですが、いくつか問題もあります。

 

まず価格。F22は非常に高額な戦闘機で、1機あたり150億円以上します。

 

現在アメリカ軍で運用されている戦闘機は2500機以上とその数は膨大。

 

すべての戦闘機をF22に置き換えると約38兆円という途方もない予算が必要になってしまいます。

 

年間80兆円、日本の国家予算に匹敵する金額を軍にそそぐアメリカでさえ、その金額は財布に響きます。

 

しかし、最大の問題は価格ではありません。

 

強大な経済力を持つアメリカならば、すべての戦闘機をF22でそろえることも不可能ではありません。

 

F22最大の問題、それはF22が強すぎることにあります。

 

先に述べたように、F22が登場する前の世界最強の戦闘機はF15でした。

 

F15はイラク戦争やアフガニスタンの紛争、対テロ戦争など、様々な戦闘に投入されましたが、圧倒的な戦闘力のために、ほとんど国の制空権を僅か1日で確保したほど能力を持っています。

 

要するに、今まで戦ってきた国の空軍を壊滅させるのは、旧世代の戦闘機でも十分なのです。

 

そんなF15を圧倒的に上回るF22は強すぎて、紛争地域には過剰性能となっています。

 

相手が中国やロシアの先進国ならまだしも、中東や紛争地域の制空権確保のための戦闘機ならば、F15でも十分な攻撃力を持っています。

 

過剰性能なF22を投入することは、耐用飛行時間を浪費します。

 

アメリカ軍がF22を保有する理由は、ロシアや中国に対する軍事的優位性のためです。

 

アメリカ軍が保有するF22は170機ほどとそれほど多くはありませんが、アメリカがF22を持っているという事実だけで、ロシアや中国はその対策を講じなくてはいけません。

 

F22を探知できるレーダーシステムを設置したり、より運動性能の高い戦闘機を開発したり、F22の対抗措置のために莫大な予算を投入する必要があります。

 

F22は軍事大国ロシアと中国を封じ込めるために開発された、「戦略的」戦闘機としての性格もあるのです。

F35は万能戦闘機

圧倒的高性能なF22によって、中国やロシアをけん制し、使わなくとも相手の経済的に疲弊させる力を手に入れたアメリカ、実際に戦争に積極的に投入できるF35を開発しました。

 

F35もF22と同様にステルス戦闘機となっており、第五世代に分類される最新の戦闘機です。

 

運動性能はF22に劣りますが、電子機器類や戦闘システムはF22を超える最新機器を搭載しています。

 

その戦闘システムを詳しく見てみましょう。

F35に「死角」なし

、F35には死角がありません。

 

F35が強すぎるために死角が無いという意味ではありません。

 

見切りの問題です。

 

まずF15のコックピット映像を見てみます。

 

戦闘機の視界は非常に広くなっていて、ほぼ空全体を見渡すことができます。

 

しかし、機体の裏側、下の方は当然死角になり見ることはできません。

 

一方F35はなくすことができないはずの死角をなくしてしまいました。

 

どういうことでしょうか。

 

F35のパイロットは、このようなヘルメットを装着します。
f35,ステルス戦闘機,F35ステルス戦闘機,F35

※quotationWikipedia

 

このヘルメットはヘッドマウントディスプレイシステム(HMDS)と呼ばれ、パイロットの視界に様々な情報を映し出します。

 

機体の下を向けば、機体をすり抜けて映像が映し出します。

 

よって、パイロットは自分が体一つで空に浮かんでいるようになり、死角が0になるというわけです。

 

 

機体の下に隠れた戦闘機を映し出し、後方の敵も自由に目視可能になります。

 

夜間には360度の赤外線映像が映し出され、ターゲットを自動的にロックオン、確実に敵を撃破します。

前から後ろの敵を撃破

※quotationWikipedia

 

もう一つ、F35が最強といわれる理由、それは自分の後方にいる敵を攻撃できる能力があることです。

 

通常戦闘機は、敵の後ろを取り、前の敵を攻撃します。

 

よって、空中戦になれば、敵の後ろを取るために互いが争います。

 

しかし、F35に搭載されたセンサーとミサイルは後ろの敵でも攻撃することが可能です。

 

前に向けて発射したミサイルが、くるりと反転し、後方の敵を撃破します。

 

追いかけてきた戦闘機をそのまま撃破してしまうのです。

 

これは敵にとって恐ろしいことで、敵を追いかけているという有利な状況であっても、前から攻撃を受けるため、うかつに敵に近づくことは出来なくなります。

 

このように、F35には、これまでの戦闘機にはない、最強の兵器システムを搭載し、他の戦闘機を圧倒する能力を持っています。

 

 

ほかにも、F35は空軍と海軍が持つ戦術ネットワークに接続されます。

 

自機が持つセンサーだけを利用するのではなく、イージス艦や電子戦闘機がもつ強力なレーダーの情報をリアルタイムに共有し、自機のレーダーの能力を大きく超えた範囲まで攻撃可能となっています。

 

戦闘機は、機動性の確保やステルス性のため、サイズが制限され、おのずとレーダーの性能も上限が存在します。

 

よって、レーダーが届かない遠い敵を攻撃する場合、レーダーが届く範囲まで移動する必要があります。

 

しかし、戦闘機に搭載されたレーダーの探知距離は、敵の戦闘機のレーダー探知距離と違いはそれほどなく、こちらのレーダーが届く範囲は、相手のレーダーが届く範囲でもあります。

 

アメリカ軍のレーダーは強力なので、敵のレーダー外から攻撃できるというのは間違いであり、地球は丸い一方、レーダーは直進しかしません。

 

地平線の向こう側にはレーダーが届かないため、探知距離の物理的限界はアメリカもそれ以外の国もそれほど変わりません。

 

そこで、偵察機や電子戦闘機、イージス艦に装備されているレーダーを使い、地平線の向こうにいる敵や、戦闘機のレーダー探知距離を超えた敵を見つけ出し、その情報を共有できるようF35はリンクされます。

 

F35以外のレーダー情報を使い、敵をロックオン、敵のレーダーでは見えない地平線のかなた向こうにいる敵も撃破することが可能になるのです。

機関砲が強すぎる

F35には、大口径の25mm機関砲が装備されています。

 

このような機関砲です。
f35,ステルス戦闘機,F35ステルス戦闘機,F35

※quotationWikipedia

 

この機関砲には特殊な最新の弾丸が装備されていて、発射された弾丸が敵に近づくと破裂します。

 

地上にいる歩兵に向けて発射すれば、弾丸が破裂し、近くの歩兵もろとも玉砕してしまいます。

F22とF35の戦闘群

アメリカは、このような最新の装備をベースとし、様々な用途にF35を投入できるように、A,B、Cの三タイプのF35を開発しました。

 

F35Aは、F16戦闘機と同様に、空軍に配備される戦闘機です。

 

F22戦闘機をHi、F35をLowとして、ハイ&ローとし、敵戦闘機を迎撃したり、積極的にこちらから攻撃を仕掛け、制空権を確保する最強戦闘機の位置づけです。

 

もう一つはF35B。

 

こちらは、空母へ離着艦できるように、足回りを強化し、低速時の安定性を向上させるために、翼の形状やサイズを変更しています。

 

今までは、F18Aという、空母専用の戦闘機を保有していましたが、基本設計をF35Aと同様にすることで、トータルのコストを抑えつつ、離着陸する通常の制空戦闘機と互角以上に戦える強大なパワーを持っています。

 

F35Cは、垂直離着陸タイプであり、強襲揚陸艦から発艦できます。

 

アメリカは空母意外に、4万5千トンという、他国の空母と同規模の強襲揚陸艦を持っており、現在は、戦闘力が弱いシーハリアーを装備しています。

 

シーハリアーは垂直離着陸性能を重視して設計されており、敵戦闘機とは互角に戦闘できません。

 

しかし、F35AがベースのF35Cは、垂直離着陸が可能であるのに加え、高い機動力とステルス性能も持っています。

 

F35Cは敵国の第4世代戦闘機ならば簡単に撃墜できるほどの能力があります。

 

よって、アメリカが持つ10隻の強襲揚陸艦の航空戦力が、空母並みに引き上げられることになり、事実上アメリカは21隻の空母を保有しているという見方もあるほどです。

 

 

アメリカ軍は、F22とF35を組み合わせて制空権を確保します。

 

敵が中国であろうと、ロシアであろうと、アメリカ空軍は圧倒的戦力で制空権を確保することに重きを置いています。

 

中国の軍事力が急速に強大化する一方で、中国やロシアは第5世代ステルス戦闘機の配備をようやくスタートする状況。

 

圧倒的なアメリカのパワーは揺らぐことはなさそうです。

 

世界最強はF22、世界2番目はF35。この強力な戦闘機でアメリカ空軍の圧倒的地位が確立されているのです。

 

また自衛隊もすでにF35を導入し、さらに追加導入も検討されています。
関連

 

B52爆撃機 | 100年現役の巨大爆撃機の強さとは

 

世界で2番目に強いステルス戦闘機F35のすべて

 

最強の空母打撃群を撃沈する方法はあるのか

 

世界最強の潜水艦シーウルフはどれほど強いか

カテゴリ一覧










【新着記事】


ドラム式洗濯機の選び方 | 保存版


ビットコインのしくみが100人中100人が理解できるページ


車用インバーターの選び方 | 筆者の失敗を踏まえて