地球外生命体の発見は人類滅亡を意味する理由とは

地球外生命体の発見は人類滅亡を意味する理由とは

地球外生命体の発見は最悪

エイリアン,宇宙,地球外生命体
エウロパに微生物発見。

 

地球型惑星に動物発見。

 

銀河系に人類の知能を超えた知的生命体の遺跡を発見。

 

こんなニュースが飛び込んできたら、私たちは心から喜び、興奮し、興味を抱くことでしょう。

 

しかし、地球外生命体の発見は人類にとって最悪の瞬間になります。

 

今回はその理由をお伝えします。

東京からニューヨークまで飛行機で14時間。地球は巨大です。

 

しかし、地球は巨大な太陽系の中のごく一部。太陽系にとって、非常に小さな存在です。

 

巨大な太陽系も、巨大な天の川銀河の中では砂粒よりも小さな小さな存在です。

 

天の川銀河には3000億個の星があり、100億個の地球型惑星が存在します。

 

宇宙には、そんな天の川銀河が1000億個存在します。

 

でも、数が多すぎて想像できません。

 

これは1億円の札束です。

 

この札束が100セットで100憶円。

 

ただし、これは1万円札。100憶円分の札束をすべて1円玉に両替しましょう。

 

これが、1つの銀河に存在する、生命が存在できる環境の惑星の数です。

 

そして、そんな銀河が、宇宙には1000億個以上存在します。

 

こう考えると、どんなに厳しく見積もっても、宇宙には生命がいないはずはありません。

 

しかし、我々は地球外生命体を発見はおろか、地球外生命体の痕跡すら、なにも発見できません。

 

これほど広大な宇宙には本当に生命は我々だけなのでしょうか。

 

なぜ地球外生命体を発見できないのでしょうか。地球外生命体はどこにいるのでしょうか。

 

一つの回答が思い浮かびます。

 

それは、宇宙のどこかに生命が誕生していたとしても、地球までの連絡手段がなく、発見できないだけだと。

 

しかし、これは大きな間違いです。

 

理由は、生命の進化の原則です。

 

私たち地球に住む生命は、進化に伴い、居住領域を広げており、生命の進化とは、居住領域を広げることです。

 

今から40億年前に生命が誕生します。

 

10億年前までには、海は多種多様な生命であふれています。

 

さらに、今から4億年前には、生命が新たな居住領域を探し、陸に上陸します。

 

陸に上陸した生命は進化を続け、20万年前にヒト祖先が誕生します。

 

その後、技術発達によって、地球の資源の8割を利用できる技術を生命が手に入れ、宇宙に飛び立てるまで成長しました。

 

海から陸へ居住エリアを拡張し、技術を手に入れ、次の進化は太陽系惑星へと広がっていきます。

 

太陽系の資源を利用できる技術を手に入れれば、次は必ず太陽系の外である、銀河の星々へエリアを拡大していきます。

 

これは、地球以外で生まれた生命も同様です。

 

惑星で進化した生命は恒星系、そして銀河系へと住処を広げていくのです。

 

 

宇宙の年齢は138億年。

 

銀河系にある100憶の地球型惑星のどこかに生命が誕生していれば、我々よりも原始的な生命がいる一方、はるかに技術の進んだ生命が誕生しているはずです。

 

もし、100憶個の惑星のいずれかに生命が誕生したなら、銀河系を自由に移動できる生命が間違いなく存在するのです。

 

しかし、いくらその痕跡を探しても、地球外生命体はいません。

 

これはフェルミのパラドックスと呼ばれています。

 

「彼らはどこに行ってしまったのでしょうか」

グレートフィルター

どう考えても存在するはずの地球外生命体に遭遇しない理由は2つ考えられます。

 

1つは、そもそも生命の誕生自体が稀なことであり、宇宙には地球以外、一切生命が誕生しなかったという理由です。

 

しかし、冒頭紹介した通り、銀河系の中だけで、100憶個の惑星が存在する中で、たまたま地球だけに生命が誕生したのでしょうか。

 

それはあまり現実的ではありません。

 

 

もう一つの理由。それはグレートフィルターです。

 

生命が進化する過程で、必ずぶつかる障壁があり、生命はその障壁を超えられないというものです。

 

グレートフィルターとは、惑星の隕石衝突や自然災害など、生易しいものではありません。

 

災害によって、地球の大部分の生命が滅んだとしても、数万年後には、再び生命が進化できます。

 

数万年というのは宇宙の年齢ではごくごく短い時間にすぎません。

 

グレートフィルターは生命を根絶させる障壁なのです。

 

問題は、グレートフィルターがどこにあるかです。

 

グレートフィルターが過去にあるなら、私たちは宇宙の中で、奇跡的にグレートフィルターを唯一超えた存在です。

 

この場合、未来は非常に明るくなります。

 

宇宙で唯一の存在となり、今後も進化を続けることができるからです。

 

一方、グレートフィルターが未来にある場合は最悪です。

 

私たちは、いつか将来確実に滅びることになります。

 

 

グレートフィルターがどこにあるのか推定するには、地球外生命体の存在が重要です。

 

そして、発見した地球外生命体の知能レベルが高いほど人類滅亡の危険度が高くなります。

 

例えば、火星に微生物が発見されたケースで考えます。

 

もし火星に微生物が発見された場合、広大な宇宙に生命が誕生したのは人類だけではないことが確定します。

 

冒頭の紹介通り、我々が住む天の川銀河だけでも100億個近い惑星が存在します。

 

よって、銀河のあらゆる場所で生命が誕生していることになります。

 

138億年という長い宇宙の歴史の中で、もし地球よりも「たったの」1億年早く生命が誕生すれば、人間をはるかに超える技術を持つ生命も何百、何千、何万と存在することになります。

 

銀河内を自由に移動できる技術を持つ生命も確率的には必ず存在することになります。

 

しかし、現在、銀河に住む知的生命体は見つかりません。

 

そう、グレートフィルターによって滅びたということです。

 

グレートフィルターの位置は、少なくとも、火星で見つかった微生物以降に存在することになります。

 

多細胞生物へ変化することが障壁なのでしょうか。

 

知能を持つことに障壁があるのでしょうか。

 

人間よりも進んだ技術を持ったころに障壁があるのでしょうか。

 

要するに、地球外生命体が見つかった場合、見つかった生命体の進化の過程以降に障壁があることになります。

 

 

では、もし地球以外に人間より進んだ技術を持つ生命体の遺跡が見つかった場合どうなるのでしょうか。

 

グレートフィルターは必ず未来に存在することになり、人類滅亡が確定するのです。

 

そもそもグレートフィルターが何かはわかりません。

 

しかし、グレートフィルターは知能を持った生命の宿命なのかもしれません。

 

生命を根絶できる技術を持った時、自らを滅ぼしてしまうのかもしれません。

 

核兵器の打ち合いや、回復不能な環境破壊で惑星に住めなくなってしまうことなど、意図せず自滅を選択していることも考えられます。

 

 

宇宙を発見した我々は、いつも同じ問いを持っていました。

 

「果たして宇宙に存在する生命は我々だけなのだろうか」と。

 

そして、地球外生命体を見つけるために、多くの探査機を宇宙に送り込んでいます。

 

しかし、地球外生命体の発見は、将来の地球生命絶滅を意味します。

 

我々だけが存在する宇宙は非常に孤独です。

 

しかし、生命の誕生が宇宙では奇跡であり、我々が孤独な存在であることが、人類にとって幸せなのかもしれません。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ一覧













【新着記事】


中国が月を目指す理由 | 覇権争いは宇宙へ


地球外生命体の発見は人類滅亡を意味する理由とは


ブラックホールのすべて | 吸い込まれても大丈夫?


ドラム式洗濯機の選び方 | 保存版


日本と中国の軍事力比較 | 日本はどれほど遅れをとったか


ビットコインのしくみが100人中100人が理解できるページ


自衛隊の装備はすごい | 最新の戦闘機や艦船と車両を公開


巡視船と護衛艦の違い | 海上保安庁と自衛隊の違い


車用インバーターの選び方 | 筆者の失敗を踏まえて


世界のGDP | どうやって日本が陥落し中国が発展したか