世界最強の米海軍の中でも中核を担う空母打撃群の戦闘力は?

世界最強の米海軍の中でも中核を担う空母打撃群の戦闘力は?

空母打撃群とは

空母打撃群,強さ
空母打撃群とはCSGとよばれ、1隻の航空母艦とその艦上機、複数の護衛艦(ミサイル巡洋艦、ミサイル駆逐艦、駆逐艦、フリゲート、原子力潜水艦)、補給艦によって構成される最強の軍事ユニットの一つです。

 

陸海空への攻撃能力を持った要塞が、世界中の海を自由に移動することで、アメリカの力を示し、世界戦略を考えるアメリカの重要な政治カードにもなっているユニットです。

 

はたして、空母打撃群の強さはどれほどなのでしょうか?

空母打撃群の構成と歴史

空母打撃群の構成は次のようになっています。

 

  • 大型航空母艦(原子力空母) ×1
  • ミサイル巡洋艦 ×1
  • ミサイル駆逐艦 ×2
  • 攻撃型潜水艦(原子力潜水艦) ×1
  • 補給艦(戦闘支援艦) ×1

 

これらの船が互いの特徴を生かしつつ、最強の攻撃力と最強の防護力を発揮しています。

 

空母はその名の通り、飛行機の発信基地となっています。

 

空母は飛行機の発着艦としての機能だけではなく、空母打撃群全体の指揮系統が中に入っています。

 

よって、空母打撃群のボスに当たるのが空母であり、空母はワシントンと直接つながっています。

 

 

ミサイル巡洋艦は防空の中枢艦であり、他に二隻のミサイル駆逐艦を指示する機能を持っています。

 

敵の飛行機や巡航ミサイル、対艦ミサイル、弾道ミサイルを迎撃する能力を持っており、ミサイル巡洋艦を中核とし他の2隻の駆逐艦がネットワークでつながることで相乗効果を発揮しています。

 

ちなみに写真の上がミサイル巡洋艦。下がミサイル駆逐艦です。

 

日本に導入されているイージス艦は下のミサイル駆逐艦です。

 

ミサイル巡洋艦は、このミサイル駆逐艦を上回る防空能力があり、空母打撃群のミサイル駆逐艦2隻を指揮する最強の防空艦です。

 

空母打撃群,強さ

※quotationWikipedia

 

空母打撃群,強さ

※quotationWikipedia

 

 

 

原子力潜水艦は主に海中の警戒を主力任務としています。

 

空母打撃軍最大の脅威は潜水艦であり、空母打撃群の潜水艦は海中をくまなく捜索して敵潜水艦を発見、撃沈する役割を持っているのです。

 

 

補給艦は長期間の作戦に必要な食料、燃料などの物資を満載しています。

 

 

これらの船が一つの集団となって行動することで、陸海空すべてに力を投射することができます。

 

 

空母戦闘群がどれほど強いのかというと、空母打撃群1つで1つの国の軍事力に匹敵する能力を備えています。

 

相手が小さな国であれば、この空母打撃群1つでねじ伏せられる力があります。

 

 

アメリカ海軍は世界最強の空母打撃群を11個持っており、有事の際には30日以内に6個の打撃群、さらに90日以内に追加で2個、合計8個の空母打撃群を投入できる能力があります。

 

もし、8個の空母打撃群が戦闘位加わった場合、制空用の戦闘機の総数だけでも320機になり、先進国の空軍以上の能力を備えています。

 

ちなみに、世界第2位の軍事大国の中国は、最新の戦闘機の総数約180機、自衛隊は160機ほどです。

 

これは、軍全体の戦闘機の数です。

 

アメリカ軍は、海軍全体で860機、海軍の空母打撃群だけで400機、8個の打撃群320機の戦闘機を同時に派遣できる能力があります。

 

海軍以外に空軍は戦闘機を2000機ほど、海兵隊は400機ほど戦闘機を保有しており、軍全体で3500機ほどの制空戦闘機を保有するという、世界最強の軍事大国なのです。

 

もっと詳しく知りたい方は、関連記事一覧をご覧ください。

 

 

話がそれましたが、空母打撃群の強さがわかる歴史的出来事が過去にありました。

 

それは1995年の台湾海峡危機です。

中国を一瞬で黙らせた空母打撃群

1995年、台湾が中国から離れてから初めて行われる選挙の前に、中国は脅しとして大量のミサイルを台湾海峡に打ち込みました。

 

中国から勝手に独立しようとした台湾に対する脅しです。

 

選挙が行われるなら台湾に対する全面戦争を仕掛けるとミサイルを撃ち込み、さらには陸海空軍を台湾に向けさせ一触即発の事態になりました。

 

 

そこでアメリカは空母打撃群2隻を台湾海峡に派遣します。

 

空母打撃群の接近を知った中国は、たった2個の空母打撃群への対抗措置を講じることができず、軍を撤退させるしかできませんでした。

 

前にも述べましたが、空母打撃群は陸海空すべてを制圧する能力を持ちます。

 

公にはされていませんが、台湾海峡に入った空母は臨戦態勢を取り、常に哨戒機や戦闘機を発進させ、中国軍を威嚇し続けていました。

 

※台湾海峡危機の詳細はなぜアメリカは北朝鮮と戦争しないのか | 北朝鮮の軍事力の記事中盤に詳しく紹介しています。

 

空母打撃群2個で、あの大国中国は手も足も出せなかったのです。

 

 

この敗北から中国は軍の近代化を急速に進めていますが、それほど悔しい思いをしたのです。

 

 

この台湾海峡危機の出来事から分かる通り、空母打撃群はまさに世界最強なのです。

アメリカには空母打撃群の他に遠征打撃群がある

空母打撃群,強さ

※quotationWikipedia

 

最強の空母打撃群を11個持つアメリカ海軍ですが、他にも遠征打撃群を10個保有しています。

 

遠征打撃群は空母戦闘群よりもより対地攻撃に重点を置いた戦闘群です。

 

空母打撃群と同様に強襲揚陸艦を中核として、ミサイル巡洋艦、ミサイル駆逐艦、攻撃型潜水艦、補給艦、揚陸艦で構成されています。

 

現在、強襲揚陸艦に搭載されている戦闘機はハリアーと呼ばれる垂直離着陸戦闘機で、他の戦闘機に比べると大きく能力が劣ります。

 

しかし、今後ハリアーすべてが最新のステルス戦闘機F35に置き換わります。

 

F35は最新のステルス戦闘機で、アメリカ空軍を中心に戦闘機を総入れ替えする予定になっています。

 

このF35は、従来の戦闘機では手も足も出ないほど強力な戦闘機であるため、遠征打撃群に搭載されれば、空母打撃群並みのパワーを備えることになります。

 

 

よって、アメリカ海軍は空母打撃群と遠征打撃群合わせて20個以上の最強集団を持っています。

 

この軍事力を利用して、世界の平和とアメリカに利益をもたらしています。

 

世界最強の空母を護衛するイージス艦の戦闘力についてはイージス艦とは | ハエ一匹入れない最強の船で一目瞭然です。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加

【最新記事】


自衛隊の装備はすごい | 最新の戦闘機や艦船と車両を公開


巡視船と護衛艦の違い | 海上保安庁は自衛隊に匹敵するか


世界のGDP | どうやって日本が陥落し中国が発展したか


ロシアのアバンガルド極超音速ミサイル | マッハ27は脅威か


軍事記事すべて一覧>>


【空軍新着】


B52爆撃機 | 100年現役の巨大爆撃機の強さとは


日本のステルス戦闘機F35AとF35Bの違い


韓国と日本の空軍比較 | 韓国は強いのか


ロシアのMiG-35戦闘機とは | 最新・輸出用戦闘機なのか


F/A18ホーネット戦闘機の意外な強さとは


【海軍新着】


巡視船と護衛艦の違い | 海上保安庁と自衛隊の違い


護衛艦 | 日本だけが持つ護衛艦の戦闘力


1991年まで戦った戦艦ミズーリの凄さとは


世界の空母は32隻に | 空母の仕組みと離着陸や保有国


どのように潜水艦を撃沈するのか | 対潜戦の詳細


【陸軍新着】


水陸両用車のすべて | 日本も採用する最強の強襲部隊


日本独自の16式機動戦闘車 | 戦車に匹敵する戦闘力


10式戦車が強い理由 | 日本独自の主力戦車


防弾ガラスは13p大統領専用車を詳しく紹介


軍用車ハンヴィーHMMWVの後継車両JLTVとは


【兵器新着】


弾道ミサイルのすべて | 驚異の破壊力と命中率の低さ


ロシアのアバンガルド極超音速ミサイル | マッハ27は脅威か


恐ろしい未来の兵器と最新兵器


衛星攻撃兵器とは | 国家全体を無力化する最強兵器


弾道ミサイルとは | ICBMなどの威力と防ぐ方法


【全般新着】


中国海軍はアメリカ海軍を超えたのか | 総力比較


世界の軍事力 | アメリカと中国はどれほど強いのか


インド軍の実力はどれほど強いのか


なぜ日本と中国の戦いは始まっているのか


最強の空母打撃群を撃沈する方法はあるのか


【軍事記事リスト】


陸・海・空別のすべての記事一覧


【人気記事】


フッ素が入った紫のリステリンを通販してみた | お買い得


宅配弁当を実際に利用してみたランキング | 宅食4社徹底比較


パソコンの選び方 | 究極は2択のみ


 

カテゴリ一覧













【新着記事】


ビットコインのしくみが100人中100人が理解できるページ


自衛隊の装備はすごい | 最新の戦闘機や艦船と車両を公開


巡視船と護衛艦の違い | 海上保安庁と自衛隊の違い


車用インバーターの選び方 | 筆者の失敗を踏まえて


世界のGDP | どうやって日本が陥落し中国が発展したか


ロシアのアバンガルド極超音速ミサイル | マッハ27は脅威か


中国海軍はアメリカ海軍を超えたのか | 総力比較


弾道ミサイルのすべて | 驚異の破壊力と命中率の低さ


電子決済は普及するのか | 本当に便利な支払いは何?


賃貸と購入の結局どちらが得なのか | 資産価値・金利・インフレ