ステルス艦ズムウォルトのすべて | 最強の駆逐艦

ステルス艦ズムウォルトのすべて | 最強の駆逐艦

アメリカ海軍最強、最新の駆逐艦がついに登場!

ズムウォルト
アメリカ海軍が総力を結集し開発した最新・最強のズムウォルト。

 

写真の通り、まるでSFに出てくる乗り物のような最新のフォルムをしています。

 

これまでに知られている最強の駆逐艦といえば、海上自衛隊のイージス艦・あたごなどで有名なアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦です。

 

ズムウォルトはこれまでの艦船の性能を凌駕する目的で作られた船で、フォルムの未来感はステルス性を発揮するために設計されています。

ズムウォルトを観る

まずは動画から。

いままでCGやドッグ入りしたズムウォルトは見たことがありましたが、実際に動いている姿を見ると鳥肌が立つほどかっこいいですね。

 

あのフォルムでしずしずと動く姿はどこか不気味な感じもします。アメリカ合衆国の技術力の高さが伝わってきます。

 

そして次は実際に洋上を航行している動画

 

ズムウォルトの最大の特徴は船の先端。

 

これまでの船は、波を乗り越えるために海に覆いかぶさるようにUの字型の横断面構造をしていました。

 

しかし、ズムウォルトは水を切り裂いて進む鋭角なスタイル、今までにない形状になっています。

 

この形状は、航行の際の水しぶきを最小限に抑え、また海水抵抗を減らすことにも一役買っています。

 

ステルス性を追求した結果、このような形状が生まれました。

 

従来の駆逐艦は、船体に跳ね返ったレーダーは下向きに反射され海にレーダーが拡散されるようになっていました。

 

しかし、海に当たったレーダーは乱反射し、探知されてしまうという問題がありました。

 

ズムウォルトの船体は、レーダーが空に向かって反射される形状になっています。

 

レーダー波を、来た方向に反射させず、レーダーに探知されないというわけです。

 

さらに、レーダーや武器を船内に格納することで、きわめてすぐれたステルス性を発揮していると思われます。

ズムフォルトの最強の武器レールガン

最新のズムウォルト級駆逐艦の目玉の武器はレールガンです。

 

レールガンの詳細はレールガンのすべて| 最強の大砲でも紹介していますが、電気の力で弾丸を発射する近未来の武器です。

 

原理はリニアモーターカーに似ています。

 

火薬ではなく電気を使う理由。それは、弾丸の発射速度と射程距離です。

 

火薬は爆発することはご存知の通りですが、爆発は急速な燃焼です。

 

爆薬の量を増やせば、爆発威力は上がりますが、燃焼速度は変わりません。

 

重い弾丸を発射するには爆薬を増やせばよいですが、弾丸の初速を上げるには、燃焼速度を速める必要があります。

 

しかし、火薬の燃焼速度に限界があり、現在、駆逐艦に搭載されている大砲の射程はせいぜい2〜30qです。

 

この射程では、戦争国の沿岸まで接近しなければ火力を投射することができず、現代の戦争には威力を発揮しづらくなっています。

 

一方ズムウォルトが搭載するレールガンの最大射程は200qにも達するといわれており、敵国から十分に離れた安全な海域から、大量の火力を安価に投射することができる最強の武器なのです。

 

実験映像の動画です。

ズムウォルトの問題点

ズムウォルト最大の問題は価格です。

 

建造費は1隻5000億円。これは、日本の最新イージス艦であるアーレイバーク級の4倍です。

 

また、世界最強の処理能力を誇るタイコンデロガ級イージス艦の2.5倍という、圧倒的に高価格なのがズムウォルトです。

 

ちなみに海上自衛隊の年間予算が1兆5000憶円。ズムウォルト3隻だけで予算を使い果たします。

 

高価格になった理由は、あらゆる機能を詰め込み、ステルス性を持たせたため。

 

ミサイル防衛、対潜、防空、対艦、対地、低強度戦闘などあらゆる状況を想定し、すべての機能を盛り込み、さらにはステルスまで付与しました。

 

一方、あらゆる機能を1隻の船に詰め込むというのは、アメリカのコンセプトとはずれています。

 

一昔前、日本も保有するアメリカ最新のアーレイバーク級イージス艦コールが、テロリストの小さなゴムボートに撃沈されそうになった事件があります。

 

コール事件です。

 

この事件の教訓として、あらゆる機能を詰め込んだ高価な船を、前線に出すには危険ということです。

 

そこでアメリカはLCSという最新フリゲートを開発します。

 

LCSは派遣する地域に合わせて装備を変更できるモジュール式としているのが最大の特徴です。

 

このように、高価な船は遠洋で作戦し、LCSなど小型船を沿岸に接近させる戦闘が主流です。

 

一方、ズムウォルトは、イージス艦コールの4倍という高価格。

 

1隻失うだけで大打撃となります。

 

 

現在、ズムウォルトの建造は中止。3隻のみの就役で終了します。

 

そして、現行型のアーレイバーク級を増強する方向になっています。

 

現行のタイコンデロガ級とアーレイバーク級を置きかる予定だったズムウォルトの中止は失敗とも言えますが、現在アメリカ軍ではズムウォルトの活用方法を検討しています。

 

排水量1万5千トンから得られる拡張の能力、1基だけで船を運用できる強力な発電エンジンを2基搭載する莫大な発電能力を活かし、今後最新の戦闘スタイルが確立されます。

 

イージス艦について、イージス艦とは | ハエ一匹入れない最強の船で紹介していますが、その戦闘力は鳥肌ものです。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加

【最新記事】


自衛隊の装備はすごい | 最新の戦闘機や艦船と車両を公開


巡視船と護衛艦の違い | 海上保安庁は自衛隊に匹敵するか


世界のGDP | どうやって日本が陥落し中国が発展したか


ロシアのアバンガルド極超音速ミサイル | マッハ27は脅威か


軍事記事すべて一覧>>


【空軍新着】


B52爆撃機 | 100年現役の巨大爆撃機の強さとは


日本のステルス戦闘機F35AとF35Bの違い


韓国と日本の空軍比較 | 韓国は強いのか


ロシアのMiG-35戦闘機とは | 最新・輸出用戦闘機なのか


F/A18ホーネット戦闘機の意外な強さとは


【海軍新着】


巡視船と護衛艦の違い | 海上保安庁と自衛隊の違い


護衛艦 | 日本だけが持つ護衛艦の戦闘力


1991年まで戦った戦艦ミズーリの凄さとは


世界の空母は32隻に | 空母の仕組みと離着陸や保有国


どのように潜水艦を撃沈するのか | 対潜戦の詳細


【陸軍新着】


水陸両用車のすべて | 日本も採用する最強の強襲部隊


日本独自の16式機動戦闘車 | 戦車に匹敵する戦闘力


10式戦車が強い理由 | 日本独自の主力戦車


防弾ガラスは13p大統領専用車を詳しく紹介


軍用車ハンヴィーHMMWVの後継車両JLTVとは


【兵器新着】


弾道ミサイルのすべて | 驚異の破壊力と命中率の低さ


ロシアのアバンガルド極超音速ミサイル | マッハ27は脅威か


恐ろしい未来の兵器と最新兵器


衛星攻撃兵器とは | 国家全体を無力化する最強兵器


弾道ミサイルとは | ICBMなどの威力と防ぐ方法


【全般新着】


中国海軍はアメリカ海軍を超えたのか | 総力比較


世界の軍事力 | アメリカと中国はどれほど強いのか


インド軍の実力はどれほど強いのか


なぜ日本と中国の戦いは始まっているのか


最強の空母打撃群を撃沈する方法はあるのか


【軍事記事リスト】


陸・海・空別のすべての記事一覧


【人気記事】


フッ素が入った紫のリステリンを通販してみた | お買い得


宅配弁当を実際に利用してみたランキング | 宅食4社徹底比較


パソコンの選び方 | 究極は2択のみ


カテゴリ一覧













【新着記事】


ビットコインのしくみが100人中100人が理解できるページ


自衛隊の装備はすごい | 最新の戦闘機や艦船と車両を公開


巡視船と護衛艦の違い | 海上保安庁と自衛隊の違い


車用インバーターの選び方 | 筆者の失敗を踏まえて


世界のGDP | どうやって日本が陥落し中国が発展したか


ロシアのアバンガルド極超音速ミサイル | マッハ27は脅威か


中国海軍はアメリカ海軍を超えたのか | 総力比較


弾道ミサイルのすべて | 驚異の破壊力と命中率の低さ


電子決済は普及するのか | 本当に便利な支払いは何?


賃貸と購入の結局どちらが得なのか | 資産価値・金利・インフレ