日本独自の16式機動戦闘車 | 戦車に匹敵する戦闘力

日本独自の16式機動戦闘車 | 戦車に匹敵する戦闘力

16式機動戦闘車

16式機動戦闘車,装甲車,自衛隊,戦闘者

※quotationWikipedia

上は戦車、下は装甲車。独特の戦闘車は日本が独自に開発した最新の16式機動戦闘車です。

 

海外ではあまり見られないタイプである戦闘車について詳しく紹介します。

上は戦車、下は装甲車

16式機動戦闘車は外国の戦闘車と比べても独特な形状をしています。

 

砲塔は74式戦車と同様の52口径105mmライフル砲を搭載し、砲弾は多目的対戦車りゅう弾を使います。

 

多目的対戦車りゅう弾は対戦車向けの砲弾であり、40p以上の鉄鋼をぶち抜く威力を持っています。

 

90式戦車から、砲のサイズがアップし、120o滑腔砲になっていますが、16式機動戦闘車は90式戦車とほぼ同等の威力を持っているのです。

 

要するに、車両上部は戦車と同等の威力を持つ砲身を備え、見た目も戦車そのものになっています。

 

一方、車両下部にはキャタピラではなく片側4輪の車輪がついています。

 

通常、車輪がついたこのような車両は装甲車として利用されます。

 

装甲車とはその名の通り、装甲が付いた車両のことで、敵の攻撃から乗員を守るための部品が付いたものです。

 

一般的に、車輪がついた装甲車は、兵士の戦闘を支援したり、戦闘地域に安全に兵士を運ぶためなどに使われ、重火器の攻撃には弱いという特徴がありました。

 

また、キャタピラと異なり、タイヤには空気が充填されており、被弾すれば空気が抜け走行不能になってしまうという弱点もあります。

 

一方、16式機動戦闘車は重火器の攻撃にも耐える複合素材でできた装甲を施し、戦車をも相手する強力な火力を持っているのです。

 

なぜ、日本はこの独特な戦闘車を開発したのでしょうか。

 

機動力がすごい

16式機動戦闘車は、最新戦車である10式戦車を補完する目的で開発されました。

 

日本は日本の地形に合わせて独自に開発した10式戦車を持っており、その戦闘力は世界でもトップクラスとなっています。

 

しかし、戦車共通の弱点として長距離走行に向いていないことが挙げられます。

 

キャタピラは地面との接地面積が車輪に比べ圧倒的に広く、悪路走行性能はピカイチ。しかし、舗装された道路では、それがあだとなり、燃費が悪く、速度も出せません。

 

また、キャタピラの長距離走行耐久性は高くなく、戦場に着く前に故障してしまうなんていうこともあり得ます。

 

さらに、キャタピラがアスファルトを傷つけ、以後の作戦展開に支障をきたすなどから、戦車を中長距離移動させるには、専用のトレーラーを利用します。
16式機動戦闘車,装甲車,自衛隊,戦闘者

※quotationWikipedia

 

万が一戦争が発生した場合、戦車をトレーラに一両ずつ乗せて運ぶ必要があるのです。

 

戦車は即応力が重要であるため、戦闘地域に移動させるのではなく、敵が攻めてくるであろう地域に常に配備しておく形をとっています。

 

一方、最新の10式戦車はハイテクの塊であり、1両あたりが高額で、全国に配備できるほど潤沢な予算を注げない問題に直面しています。

 

この穴を埋めるのが16式機動戦闘車というわけです。

 

キャタピラではなく、8輪の車輪で時速100qという高速で移動できます。

 

万が一敵が攻めてきた場合、トレーラーにわざわざ搭載せず、高速道路などを利用して自走し、素早く敵を迎え撃つことができます。

 

車輪がついた装甲車は従来からありましたが、戦闘力が弱く、敵地に素早くたどり着いたとしても敵に素早く撃破されるという問題があったのですが、

 

16式機動戦闘車は戦車並みの装甲と砲を搭載し、十分に敵を迎え撃ち、撃破できる能力があるのです。

 

これは16式機動戦闘車が実際に高速道路を走行する様子です。

 

周りの一般車両と同じ速度で走り、サービスエリアにも入る姿に驚きます。

 

それにしても、車両のサイズには驚きます。兵士の視線は大型トラックよりも高く、加速もかなり良いことがわかります。

 

車輪は一般車の屋根よりも高く、巨大です。

 

向かうところ敵なしの8輪戦闘車を高速道路で走らせるには、運転手の自制心が必要かもしれませんね。



このエントリーをはてなブックマークに追加

【最新記事】


自衛隊の装備はすごい | 最新の戦闘機や艦船と車両を公開


巡視船と護衛艦の違い | 海上保安庁は自衛隊に匹敵するか


世界のGDP | どうやって日本が陥落し中国が発展したか


ロシアのアバンガルド極超音速ミサイル | マッハ27は脅威か


軍事記事すべて一覧>>


【空軍新着】


B52爆撃機 | 100年現役の巨大爆撃機の強さとは


日本のステルス戦闘機F35AとF35Bの違い


韓国と日本の空軍比較 | 韓国は強いのか


ロシアのMiG-35戦闘機とは | 最新・輸出用戦闘機なのか


F/A18ホーネット戦闘機の意外な強さとは


【海軍新着】


巡視船と護衛艦の違い | 海上保安庁と自衛隊の違い


護衛艦 | 日本だけが持つ護衛艦の戦闘力


1991年まで戦った戦艦ミズーリの凄さとは


世界の空母は32隻に | 空母の仕組みと離着陸や保有国


どのように潜水艦を撃沈するのか | 対潜戦の詳細


【陸軍新着】


水陸両用車のすべて | 日本も採用する最強の強襲部隊


日本独自の16式機動戦闘車 | 戦車に匹敵する戦闘力


10式戦車が強い理由 | 日本独自の主力戦車


防弾ガラスは13p大統領専用車を詳しく紹介


軍用車ハンヴィーHMMWVの後継車両JLTVとは


【兵器新着】


弾道ミサイルのすべて | 驚異の破壊力と命中率の低さ


ロシアのアバンガルド極超音速ミサイル | マッハ27は脅威か


恐ろしい未来の兵器と最新兵器


衛星攻撃兵器とは | 国家全体を無力化する最強兵器


弾道ミサイルとは | ICBMなどの威力と防ぐ方法


【全般新着】


中国海軍はアメリカ海軍を超えたのか | 総力比較


世界の軍事力 | アメリカと中国はどれほど強いのか


インド軍の実力はどれほど強いのか


なぜ日本と中国の戦いは始まっているのか


最強の空母打撃群を撃沈する方法はあるのか


【軍事記事リスト】


陸・海・空別のすべての記事一覧


【人気記事】


フッ素が入った紫のリステリンを通販してみた | お買い得


宅配弁当を実際に利用してみたランキング | 宅食4社徹底比較


パソコンの選び方 | 究極は2択のみ


カテゴリ一覧













【新着記事】


ビットコインのしくみが100人中100人が理解できるページ


自衛隊の装備はすごい | 最新の戦闘機や艦船と車両を公開


巡視船と護衛艦の違い | 海上保安庁と自衛隊の違い


車用インバーターの選び方 | 筆者の失敗を踏まえて


世界のGDP | どうやって日本が陥落し中国が発展したか


ロシアのアバンガルド極超音速ミサイル | マッハ27は脅威か


中国海軍はアメリカ海軍を超えたのか | 総力比較


弾道ミサイルのすべて | 驚異の破壊力と命中率の低さ


電子決済は普及するのか | 本当に便利な支払いは何?


賃貸と購入の結局どちらが得なのか | 資産価値・金利・インフレ