最強の空母打撃群を撃沈する方法はあるのか

見えないバリアに守られる空母

空母,撃沈,破壊,方法
政治的意味合いの強い空母。1つの空母打撃群で中小国の軍事力に匹敵する最強のユニットは、戦力を喪失しないよう、最強の護衛軍団に守られています。

 

アメリカの空母を撃沈する方法はあるのでしょうか。

空母打撃群の防衛力は鉄壁

空母打撃群は空母を中心に、イージス艦3隻、潜水艦1隻、そして空母の艦載機で構成される最強の軍事ユニットです。

 

陸海空すべてに力を発揮できるユニットは、1隻で1つの国の軍事力に匹敵する一方、1隻失うだけで相当の戦力を失うことを意味します。

 

最強の攻撃ユニットを護衛する防衛力も世界最強であり、イージス艦とは | ハエ一匹入れない最強の船にある通り、ハエ一匹入れないほど最強となっています。

 

アメリカが空母打撃群のパワーを上げれば、それを打破するためにロシアや中国が空母を撃沈する技術を開発する構造になっており、その防衛力は開発の歴史を見ることでひも解くことができます。

1990年代

1980年代、時は湾岸戦争前に遡ります。

 

アメリカは空母打撃群を海軍の最強ユニットに位置づけ、国力を象徴する最強の部隊として運用を本格化させます。

 

1つの打撃群が敵国周辺に接近するだけで軍事的緊張を生むほど強力な空母とその艦載機は常に敵の攻撃目標になります。

 

そこで、アメリカは敵飛行機や敵ミサイルをミサイルで迎撃するターターミサイルシステムを完成させます。

 

空母,撃沈,破壊,方法

 

当時最新の三次元レーダーを搭載し、敵をロックオン、さらにリアルタイムに敵を追跡し撃沈するシステムです。

 

空母打撃群に近づく敵をレーダーで探知し、その位置を正確に割り出します。

 

敵の移動速度などからターターミサイルを発射し、ミサイルが敵に近づいたところでターターミサイルを誘導する専用のレーダーに切り替え確実に敵を破壊します。

 

このシステムは従来の防衛に比べて画期的なシステムです。

 

従来は、船に搭載された大砲やCIWSなどのマシンガンで弾幕を張り、近接信管によって敵の近くで弾頭を炸裂させることで敵を破壊していました。

 

しかし、大砲や銃弾は射程距離が短く、敵を破壊したとしても破片が船に降り注ぐなど、完璧な防衛ではありませんでした。

 

ターターシステムを使えば、遠方にいる敵、空母に近づく前の敵を破壊できることから、アメリカを敵視する国は脅威に感じることとなります。

 

しかし、ターターシステムには弱点があります。それは1度に追跡、破壊できるターゲットは1〜2個であるという点です。

 

そこでアメリカは、ターターシステムを搭載した護衛艦を大量に護衛させる方式をとっていました。

 

当時の空母打撃群護衛部隊の構成は、空母一隻に対して、ミサイル巡洋艦3隻、駆逐艦2隻、フリゲート艦1隻、ミサイル艦1隻、潜水艦2隻と、それらに物資を補給する補給艦2隻、11隻をなす大部隊として運用していました。
空母,撃沈,破壊,方法

※quotationWikipedia

 

同時に防衛可能な目標数がが少ないため、ターターシステムの数そのもので弱点を補っていたアメリカですが、ロシアは空母打撃群を破壊するために飽和攻撃という戦略を練り上げ、訓練を重ねます。

 

地上から発射する地対艦ミサイル、戦闘機から発射する空対艦ミサイルを、同時に100発近く目標に打ち込む演習を実施し、アメリカに空母撃沈を見せつけたのです。

 

当時、空母を撃沈する最良の作戦は、ターターシステムが対処できる数を大幅に超えるミサイルを同時に打ち込む飽和攻撃だったわけです。

 

この演習に脅威を感じたアメリカは、ロシアの飽和攻撃に十分耐える防衛システムを構築する方法を探り始めます。

 

その集大成がイージス艦です。

 

詳細はイージス艦とは | ハエ一匹入れない最強の船世界最強のイージス艦タイコンデロガの強さに迫るに述べていますが、1つのイージス艦が同時に数十の目標を迎撃することができるようになったのです。

 

現在空母打撃群の構成は、イージス艦の登場で大幅に数を減らしていますが、その防衛力は当時を圧倒します。

 

空母1隻に対し、ミサイル巡洋艦(イージス艦の親分)1隻、ミサイル駆逐艦(日本も導入するアーレイバーク級で子分の位置づけ)2隻、原子力潜水艦1隻、補給艦1隻で構成されています。
空母,撃沈,破壊,方法

 

イージス艦3隻に搭載されたレーダーが空母周辺数百キロを監視し、データを統合し最適な迎撃方法を常に計算しています。

 

もともと100発同時着弾の飽和攻撃に耐える目的で設計、構成された空母打撃群であるため、ミサイルを同時に100発程度打ち込む攻撃では空母は撃沈出来ないということです。

 

ミサイルを100発撃ち込むには、相当の軍事力、費用、訓練が必要であり、当時ではロシアのみが実行できました。

 

イージス艦の登場で、ロシアすら飽和攻撃で空母を撃沈出来なくなる、それほど防衛力が向上しました。

 

 

攻撃された場合、最強の防衛力を持つ空母ですが、そもそも空母を発見し、攻撃することそのものが困難を極めます。

 

アメリカは空母周辺を常に監視しており、敵が攻撃態勢に移る前の段階からアメリカが敵の動向を把握、これがより空母撃沈を困難にしています。

 

また、空母は時速60キロ以上の高速で移動するため、広い海でそもそも空母打撃群を見つけるのは困難を極めます。

 

決してステルス性能を持っているわけではないですが、空母発見すら容易ではないのです。

 

例えば、少し前に北朝鮮海域にアメリカが空母打撃群をインド洋から派遣しました。

 

報道各社は各国の情報筋を通して空母の位置を推定し報道していましたが、予定時刻に、予定場所に空母が一度も姿を見せることなく、最初に空母の位置をつかんだ時にはすでに北朝鮮周辺海域に到達していたころでした。

 

発見困難な空母ですが、空母はその周辺の監視能力も相当なものです。空母はイージス艦だけなく、様々な方法で周辺を監視します。

 

まず、空母打撃群の進行方向を偵察衛星で常に監視し、敵に見つからないコース、そして敵の位置を常に監視します。

 

空母に搭載された哨戒機を常に空母周辺に飛ばし、低空から空母に侵入するコースも常に監視、ブロックします。

 

また、空母に搭載された哨戒ヘリコプターが、空母周辺の海中、敵潜水艦動向を探ります。

 

さらに、空母を護衛する攻撃型潜水艦が空母の先回りをして海中の安全を確保します。

 

空と海中に加え、宇宙からも空母周辺を紹介し、攻撃はおろか、攻撃に移させないシステムを作り上げているのがアメリカの空母打撃群です。

空母を撃沈する

飽和攻撃が通用しなくなった空母を撃沈するのは不可能に近かったのですが、最近は新たな方法をロシアと中国が模索しています。

 

飽和ではなく、イージス艦が対処できないスピードで空母打撃群の防衛を突破しようという試みです。

 

一つは極音速巡航ミサイルです。
空母,撃沈,破壊,方法

 

通常の巡航ミサイルは時速1000qと旅客機並みの速度であり、これらのミサイルはアメリカにとって簡単に迎撃できるものでした。

 

ロシアや中国の最新の巡航ミサイルは超音速を超える極音速、マッハ6を超える巡航ミサイルを開発しています。

 

マッハ6ともなると、イージス艦に搭載されたミサイルの速度を大きく超えるため、迎撃が非常に困難になります。

 

また、イージス艦のレーダーが敵ミサイルを探知しても、速度が速いため、迎撃が間に合わないという驚異のミサイルなのです。

 

さらに、中国は空母キラーと呼ばれる対艦弾道ミサイルの開発を続けています。
空母,撃沈,破壊,方法

 

核ミサイルと同じように、宇宙空間までミサイルを打ち上げ、再び落ちてくる勢いとロケットによるブーストによってマッハ10を超える速度で空母を破壊するというものです。

 

弾頭には弾薬が搭載されておらず、運動エネルギーで破壊する方式であるため、敵の軌道を変える以外空母を弾道ミサイルから防衛する手段がないのが現状です。

 

現状、一度宇宙に打ち上げた弾頭を、超高温にさらされる再突入を経て、空母付近で弾頭を誘導するシステムは完成していませんが、これらの技術が完成すると空母にとって安全な海がなくなります。

アメリカの解答

極音速ミサイルや対艦弾道ミサイルは空母打撃群にとって非常に脅威となるなか、アメリカは一つの解答を提示します。

 

それは空母打撃群を敵ミサイルの射程圏内に近づけさせないことです。

 

戦時、最強の防衛は物理的な距離です。

 

敵の攻撃力がいくら高くなろうと、敵の攻撃が届かない所にいれば、攻撃されないというわけ。

 

いかにも幼稚な解答に見えますが、これは技術的に非常に難しいことがわかります。

 

なぜなら、敵の攻撃が及ばない遠方から敵を攻撃する必要があるためです。

 

現在、アメリカ軍の最重点開発軍事兵器が3つあります。

 

ステルス戦闘機F35MQ-25Aスティングレイ無人給油機B21です。

 

F35は敵戦闘機を圧倒的力で迎撃します。

 

MQ-25は空母に搭載されるステルス無人給油機であり、空母に搭載されるF35の行動半径を1.5倍に向上させます。

 

B21は中国やロシアが配備する最新の対ステルスレーダーすら探知できない、最強のステルス性を持つ爆撃機です。

 

要するに、アメリカは敵の攻撃が及ばない遠方から敵のミサイル基地や戦闘機、軍事施設を破壊し、そもそも空母を攻撃させない、いわゆる攻撃は最大の防御を実践しようとしているのです。

 

この3つ開発にアメリカは莫大な予算を投入し、ロシアや中国の空母撃沈構想を無効化しようとしています。

 

軍事大国3国による技術競争がますます激しくなっているということです。

 

ただし一点忘れてはならないことがあります。

 

空母撃沈を物理的な面から語りましたが、そもそも空母は撃沈してはいけない船です。
空母,撃沈,破壊,方法

 

空母1隻1隻には、歴代大統領の名前が付けられており、最強の戦闘力・防衛力を持つユニットであると同時に、アメリカの象徴そのものになっています。

 

もし、アメリカの空母を実際に撃沈した場合、アメリカ国民が激烈な反応を示すことは明確です。

 

空母撃沈はアメリカとの全面戦争を意味し、ロシアや中国が手を組んだとしてもアメリカ軍には到底及びません。

 

空母撃沈は技術的に困難であると共に、空母撃沈の命令は政治的に最高レベルの決定となり、そのようなおろかな決定を下す国のトップは現状存在していません。



【最新記事】


アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦のすべて


最強の空母打撃群を撃沈する方法はあるのか


最強の大砲 | レールガンのすべて


あまり知らないユーロファイタータイフーン戦闘機の強さとは


日本だけが配備する早期警戒管制機E-767の探知能力の凄さ


アメリカはなぜ弱い攻撃機A-29スーパートゥカーノを開発するのか


ブラックバードSR71はどれほど速いのか


【空軍】


爆撃機比較 | 最強のアメリカは揺るがないのか


軍用輸送機比較 | 世界一大きな輸送機は?


戦闘機のベストセラーF16はなぜ世界中で愛されるのか


40年間以上世界最強であり続けたF15戦闘機のすべて


ロシアのSu-57戦闘機は世界最強のF22を凌駕するのか


RQ-4グローバルホークと無人偵察機・攻撃機のすべて


MQ-25Aスティングレイ無人空中給油機のすべて


世界の水上飛行機 | US2とAG600の特徴と戦力


中国のステルス戦闘機J31のすべて


中国のステルス戦闘機J20のすべて


F2戦闘機のすべて | 船を沈める最強戦闘機


最強のオスプレイのすべて | V-22高速ヘリが注目される理由


世界最強のF22ラプターステルス戦闘機のすべて


UH-60ブラックホーク世界最強で謎のステルスヘリコプター


B-1B爆撃機のすべて | 高速性と搭載量が最強


SR72はマッハ6以上の最新無人偵察機(SR71ブラックバード後継機)


第六世代戦闘機|アメリカ、日本、ロシアの構想


航空自衛隊と中国空軍の徹底比較〜アメリカについていけるのか〜


最強のアメリカ軍だけが装備できるA10サンダーボルトとAC130


米軍最新ステルス爆撃機B21レイダーの強さと技術に迫る


世界で2番目に強いステルス戦闘機F35の最強バトル


米軍最新の空中給油機KC-46Aペガサスの凄さに迫る


【海軍】


中国の空母と空母打撃群 | 世界第2位の軍事力


イージス艦とは | ハエ一匹入れない最強の盾の強さ


航続距離無限 | 原子力空母の驚異の実力と世界最強


1隻で国を亡ぼすコロンビア級オハイオ級潜水艦


世界最強のイージス艦タイコンデロガの強さに迫る


写真で見る最強の海軍とその軍事力は?アメリカ・中国・日本を比較


世界最強の潜水艦シーウルフはどれほど強いか


アメリカ空母と強襲揚陸艦に搭載される艦載機のすべて


世界の空母と空母打撃群を徹底比較・アメリカの次に最強は?


空母打撃群と遠征打撃群の違いと海兵隊最強の地位


空母維持費とジェラルド・R・フォード級空母のすべて


世界最強の米海軍の中でも中核を担う空母打撃群の戦闘力は?


ホバークラフトLCAC-1は最強の揚陸艦


中国軍の実力とは〜アメリカ、中国、日本の海軍力〜


通常動力で最強の潜水艦そうりゅうの実力と嘘と本当


アメリカ軍最新のLCSフリーダム・インディペンデンスは速すぎる!


ついに始動!ズムウォルト!アメリカ海軍最新、最強の駆逐艦


【陸軍】


防弾ガラスは13p大統領専用車を詳しく紹介


軍用車ハンヴィーHMMWVの後継車両JLTVとは


世界最強の戦車M1エイブラムスが強い理由とその伝説を紹介


【武器】


マシンガンのすべて | 威力・連射速度・ランキングを解説


風圧で一帯を破壊する燃料気化爆弾サーモバリック爆弾とは


地中貫通爆弾バンカーバスターの破壊力とは


ミサイル防衛を持つのはアメリカだけ | 日本はミサイルを防げない?


アメリカ開発の命中率100%のスナイパーライフルとは


実用段階に入る最強のレーザー兵器のすべて


核ミサイル防衛の実態-日本は核を迎撃できるのか?


最強のミサイル・トマホークのすべて


たった1時間で地球の裏側までいつでも攻撃できるミサイルを開発中


最強の核兵器ツァーリボンバの脅威の威力とは


通常兵器で最強の爆弾といわれるMOABの威力とは


【全般】


なぜアメリカは北朝鮮と戦争しないのか | 北朝鮮の軍事力


アメリカVS中国の戦闘シミュレーションでよくある間違いとは


核実験をどうやって見抜くのか?核実験の方法と種類


ロシア戦闘機を撃墜したトルコ軍の実力とは


ロシアが最新の長距離高速の核魚雷を開発?誤ってテレビで放送


軍事関連記事すべてを見る


【インタレスト情報新着記事】


ビルゲイツは本当にビジネスクラスに乗らないのか


各種筋トレサプリのタイミングを超詳しく紹介


このエントリーをはてなブックマークに追加