世界の水上飛行機 | US2とAG600やBe200の三機種を紹介

世界の水上飛行機 | US2とAG600やBe200の三機種を紹介

水上機とは

水上飛行機,AG600,US2,飛行艇
水上機とは、水面を利用して離着陸可能な飛行機のことで、海や川すべてを滑走路して利用できる画期的な飛行機です。

 

用途は軍事目的以外に、救援、救助、消火など様々で、非常に利用価値が高い飛行機です。

 

世界で有名な水上飛行機は、日本が持つUS2、中国のAG600、ロシアのBe200の3つ。

 

水上機の特徴や三種類の水上機を詳しく紹介します。

救難機として開発されたUS2

日本が開発したUS2は救難機として優れた性能を持っています。

 

遠洋で発生する船の事故や、滑走路が無い島における救難活動に、ヘリコプターにはできない活動を行えるとして6機保有(1機は事故で喪失)しています。

 

ヘリコプターは、上空にとどまりながら、海難事故などに対応しますが、当然海に着陸することはできず、上空からの活動にとどまります。

 

一方、US2は海面に着陸し、人を派遣できることから、これまでできなかった綿密な活動が可能になったわけです。

 

当時、日本はUS1という機種を保有していましたが、操縦の難しさや老朽化が進み、最新の技術を用いたUS2が開発されました。

 

その性能はかなりのものです。

 

まず、離着陸時の安定飛行が自動化されました。

 

海面は滑走路と異なり、常に波打っているため着陸は困難を極めます。

 

そこで、パイロットが着陸操作だけに専念できるよう、飛行姿勢の安定操作はすべて自動化されています。

 

また、機内には波高計がついており、着陸可能な海面の状況かどうかをすぐに判別できるようになっています。

 

US2は荒れた日本付近の海を活動拠点とすることから、3mの波でも離着陸可能なように設計されています。

 

3メートルというと、大荒れの天気の海上ほどの波の高さとなっており、US2の高性能を実感できます。

 

されに、US1で与圧されていなかったキャビンを与圧することで、1万メートルほどの高度でも活動可能になりました。

 

乗員は11名と比較的小型サイズですが、救難活動に革命をもたらした飛行機となっています。

 

優れた最新の水上機を開発した日本ですが、中国やロシアの水上機はどうでしょうか。

世界最新の水上機AG600

中国が開発する水上機AG600は、世界最新の水上機となっています。

 

2017年12月24日に初飛行を行い、その性能の高さを世界に知らしめました。

 

日本が持つUS2が11名の乗員に対し、AG600は50名収容できる巨大な飛行機です。

 

名目は救難機ですが、開発が進む人工島へのアクセスや、哨戒が主任務になるとみられ、事実上軍事利用される見通しとなっています。

 

すでに17機を受注し生産が開始されており、改めて中国の経済力の高さを実感できます。

 

AG600は2.8mの荒れた海にも離着陸可能であり、人工島への部隊派遣や物資補給など、滑走路が無い地域へのアクセスが容易になるため、この水上機は他国にとっても脅威になるとみられます。

唯一無二の水上ジェット機

ロシアが持つBe200は、世界唯一のジェットエンジンを搭載した水上機です。ジェット機が海から飛び立つ姿は異様そのものです。

 

サイズは全長30m越え、72名の人を輸送できる、巨大な水上機です。

 

ロシアの航空機メーカーが開発しており、多目的水陸両用機として一般的な空路の機材としても利用が想定されています。

 

Be200はすでに世界で発生した山火事などに投入されており、巨大なタンクから消火剤を一気に投下することで、大規模火災の消火に大きな貢献をしています。

 

Be200は一般的な滑走路にも離着陸できるように車輪も搭載されいます。

 

陸上の離着陸は1800m、水らの離着陸には2300m、深さ2.5メートル以上があれば運行可能で、世界中どこにでもいける巨大な航空機というわけです。



このエントリーをはてなブックマークに追加

【最新記事】


自衛隊の装備はすごい | 最新の戦闘機や艦船と車両を公開


巡視船と護衛艦の違い | 海上保安庁は自衛隊に匹敵するか


世界のGDP | どうやって日本が陥落し中国が発展したか


ロシアのアバンガルド極超音速ミサイル | マッハ27は脅威か


軍事記事すべて一覧>>


【空軍新着】


B52爆撃機 | 100年現役の巨大爆撃機の強さとは


日本のステルス戦闘機F35AとF35Bの違い


韓国と日本の空軍比較 | 韓国は強いのか


ロシアのMiG-35戦闘機とは | 最新・輸出用戦闘機なのか


F/A18ホーネット戦闘機の意外な強さとは


【海軍新着】


巡視船と護衛艦の違い | 海上保安庁と自衛隊の違い


護衛艦 | 日本だけが持つ護衛艦の戦闘力


1991年まで戦った戦艦ミズーリの凄さとは


世界の空母は32隻に | 空母の仕組みと離着陸や保有国


どのように潜水艦を撃沈するのか | 対潜戦の詳細


【陸軍新着】


水陸両用車のすべて | 日本も採用する最強の強襲部隊


日本独自の16式機動戦闘車 | 戦車に匹敵する戦闘力


10式戦車が強い理由 | 日本独自の主力戦車


防弾ガラスは13p大統領専用車を詳しく紹介


軍用車ハンヴィーHMMWVの後継車両JLTVとは


【兵器新着】


弾道ミサイルのすべて | 驚異の破壊力と命中率の低さ


ロシアのアバンガルド極超音速ミサイル | マッハ27は脅威か


恐ろしい未来の兵器と最新兵器


衛星攻撃兵器とは | 国家全体を無力化する最強兵器


弾道ミサイルとは | ICBMなどの威力と防ぐ方法


【全般新着】


中国海軍はアメリカ海軍を超えたのか | 総力比較


世界の軍事力 | アメリカと中国はどれほど強いのか


インド軍の実力はどれほど強いのか


なぜ日本と中国の戦いは始まっているのか


最強の空母打撃群を撃沈する方法はあるのか


【軍事記事リスト】


陸・海・空別のすべての記事一覧


【人気記事】


フッ素が入った紫のリステリンを通販してみた | お買い得


宅配弁当を実際に利用してみたランキング | 宅食4社徹底比較


パソコンの選び方 | 究極は2択のみ


カテゴリ一覧













【新着記事】


ビットコインのしくみが100人中100人が理解できるページ


自衛隊の装備はすごい | 最新の戦闘機や艦船と車両を公開


巡視船と護衛艦の違い | 海上保安庁と自衛隊の違い


車用インバーターの選び方 | 筆者の失敗を踏まえて


世界のGDP | どうやって日本が陥落し中国が発展したか


ロシアのアバンガルド極超音速ミサイル | マッハ27は脅威か


中国海軍はアメリカ海軍を超えたのか | 総力比較


弾道ミサイルのすべて | 驚異の破壊力と命中率の低さ


電子決済は普及するのか | 本当に便利な支払いは何?


賃貸と購入の結局どちらが得なのか | 資産価値・金利・インフレ