韓国と日本の空軍比較 | 韓国は強いのか

韓国と日本の空軍比較 | 韓国は強いのか

韓国空軍

韓国軍,自衛隊,空軍,比較,強い,弱い
アメリカから最新の戦闘機などを導入している韓国。

 

実際に韓国の空軍はどれほどのパワーを持っているのでしょうか。

 

日本の航空自衛隊と比較しながら紹介します。

韓国という国

韓国が先進国の中でもかなり発展した、経済的にも豊かな国であることは韓国と日本の海軍比較 | 韓国は強いのかでも紹介した通りです。

 

世界3位のGDPを誇る日本と比べればGDPは少ないですが、世界的有名企業を輩出し、各国とのつながりも深い国となっています。

 

当然軍事力も強力で、現在も北朝鮮と休戦状態にあり、いつでも戦闘が行える臨戦状態にあるという特殊な環境でもあります。

 

早速空軍の装備を見ていきましょう。

韓国と日本の空軍装備

韓国の戦闘機は種類と数が豊富です。

 

最新の機種をそろえる一方で、古くなった機種も整備を続け延命処置を続けています。

 

まず、韓国の主力戦闘機F-15。40年間以上世界最強であり続けたF15戦闘機のすべてでも紹介する通り、F22ステルス戦闘機が誕生するまでの40年もの間、世界最強の座を守り続けた戦闘機を導入しています。
韓国軍,自衛隊,空軍,比較,強い,弱い

※quotationWikipedia

 

F15戦闘機はAから始まりB,C,Dとアップグレードを続けており、韓国はアメリカが開発したF15Eを独自に生産したF15Kを保有。その数は59機となっています。

 

一方、日本が採用するのがF15CとDを日本が生産したF15Jです。

 

同じF15ですが、この韓国と日本の、それぞれの機種で性格が大きく異なります。

 

日本のF15J戦闘機は空対空を専門とする制空戦闘機であり、いわゆるドッグファイト最強の位置づけにあたる戦闘機です。

 

最高の機動力と電子装備を持って敵戦闘機を迎撃、撃墜を目的とします。

 

F15Cが一人乗り、F15Dが二人乗り、ともに空対空専門の戦闘機です。

 

一方、韓国のF15はF15Cと共通部品が60%ほどしかない、完全派生型のF15Eをベースとしています。

 

位置づけは戦闘爆撃機に分類され、空対空戦闘能力に加え、対地攻撃も行えるマルチロール戦闘機となっています。

 

基本的設計は制空戦闘機であるため、空対空戦闘も相当の戦闘力ですが、それに加えて敵のミサイル基地や車両破壊も行えるよう、独自の電子装置も装備しています。

 

ではF15CとF15Eのどちらが強いのでしょうか。

 

あまり知らないユーロファイタータイフーン戦闘機の強さとはの記事で、ロシアのSu-27と戦った時の勝率をはじき出した表を載せています。

 

そのデータによれば、韓国の採用するF15EがF15Cを上回っており、高い戦闘力があるとされています。

 

確かにタイプEは最新のF15戦闘機ですが、空対空専用に設計されたF15Cの戦闘力を上回っていることに疑問が残る結果となっています。

 

最新のマルチロール戦闘機と、少し古い空対空専門機、直接比較はできませんが、戦闘力はほぼ拮抗しているといってもよいでしょう。

 

配備数です。韓国が59機、日本が201機と日本が大量の制空戦闘機を保有しています。

 

F15が最強の制空戦闘機ですが、F15よりも若干性能を落とした世界でもベストセラーとなったF16戦闘機を韓国と日本は保有しています。

 

韓国が保有するF16戦闘機は、アメリカのF16とほぼ同じです。一方日本は船を撃沈するために改造したF16ベースのF2を保有しています。
韓国軍,自衛隊,空軍,比較,強い,弱い

※quotationWikipedia

 

その数は韓国が118機、日本が91機です。若干韓国が上回っています。日本のF2は、海を渡ってやってくる敵の艦船を攻撃するために大型化されており、対空戦闘能力は低めです。

 

よって、純粋なF16の空対空戦力を比較すると韓国に分があることになります。

 

他の機種として、韓国と日本はF4戦闘機を保有しています。

 

数は韓国が71機、日本は52機ですが、この機種、アメリカから見ると「まだ飛んでいるのか」と驚かれる代物で、現代戦には有効に機能しないと考えられます。

 

実際に日本ではすでにF4を順次退役させており、戦力に含めないのが妥当でしょう。

 

日本の主力戦闘機はF15とF2が柱となっており、韓国も同様F15とF16が主力の戦闘機となっています。

 

韓国はこのほかにF5戦闘機を158機と大量に運用しています。

 

F5はF4と同時期にアメリカが開発した戦闘機で、アメリカでは採用されず、輸出専用の戦闘機となっています。

 

シンプルで安価な戦闘機は、発展途上国などに多く輸出され、総数1500機ほども生産されたベストセラー戦闘機の一つです。

 

メンテナンスが容易であり、数の戦略上重要な戦闘機ですが、やはりF15やF16に比べると戦闘力は劣るため、自国の防空や、制空権が確実なエリアなど限定的な作戦に投入される戦闘機です。

 

以上を比較すると、絶対総数では韓国空軍が自衛隊を上回りますが、最新鋭の戦闘機を取り揃えているのは日本というわけです。

最新ステルス戦闘機の導入

韓国軍,自衛隊,空軍,比較,強い,弱い

※quotationWikipedia

F15やF16が第四世代戦闘機に分類される戦闘機であり、先進国の流れはすでに次世代の第五戦闘機に移っています。

 

現在世界最強で唯一アメリカ軍だけが保有するF22ステルス戦闘機。さらに、性能を若干落とし数をそろえたF35戦闘機がアメリカ軍の主力です。

 

日本と韓国もF35の導入を予定しています。

 

日本は147機、韓国は41機を就役させる予定です。

 

日本が導入するF35は、制空専門のF35Aを105機、空母いづもに搭載するB型42機です。

 

F15の近代回収には限界が迫っており、F15とF2を更新していく予定です。

 

戦闘機の戦闘力は、たった1世代違うだけで、天と地ほどの差があります。

 

すでにアメリカでは第四世代戦闘機をすべて第五世代戦闘機に入れ替えを始めており、隣国中国やロシアも独自開発した第五世代戦闘機の配備をスタートしようとしています。

 

日本は第五世代戦闘機を独自に開発していましたが、アメリカ軍の評価は「一部の機能を見るとアメリカの戦闘機を上回る部分もある。しかし、総合力ではF22やF35に到底及ばない」と厳しい評価を受けています。

 

事実上日本は第五世代の戦闘機独自開発を断念し、F35の導入を決定、さらに、空母に搭載するために、追加で導入することも決定しました。

 

韓国は現在41機の導入にとどまりますが、納入が始まったばかりです。

 

韓国と日本の経済力の差は縮まっており、このままいくと日本は韓国に抜かれます。

 

韓国のF35塚購入が決定されても不思議ではありません。

 

韓国と日本の海軍力比較記事にもある通り、日本や韓国を比較するとかなり強力な戦力であるかのように感じますが、隣国中国、そして世界最強のアメリカと比較すると、大人と子供ほどの戦力差があることがわかります。

 

日本と中国、アメリカの空軍力比較>>

 

 


【最新記事】


イギリスの空母クイーンエリザベスの戦闘力と詳細


韓国と日本の空軍比較 | 韓国は強いのか


韓国と日本の海軍比較 | 韓国は強いのか


恐ろしい未来の兵器と最新兵器


ロシアのMiG-35戦闘機とは | 最新・輸出用戦闘機なのか


【軍事すべての記事目次へ】


軍事記事一覧>>


【空軍】


F/A18ホーネット戦闘機の意外な強さとは


あまり知らないユーロファイタータイフーン戦闘機の強さとは


日本だけが配備する早期警戒管制機E-767の探知能力の凄さ


アメリカはなぜ弱い攻撃機A-29スーパートゥカーノを開発するのか


ブラックバードSR71はどれほど速いのか


爆撃機比較 | 最強のアメリカは揺るがないのか


軍用輸送機比較 | 世界一大きな輸送機は?


戦闘機のベストセラーF16はなぜ世界中で愛されるのか


40年間以上世界最強であり続けたF15戦闘機のすべて


ロシアのSu-57戦闘機は世界最強のF22を凌駕するのか


RQ-4グローバルホークと無人偵察機・攻撃機のすべて


MQ-25Aスティングレイ無人空中給油機のすべて


世界の水上飛行機 | US2とAG600の特徴と戦力


中国のステルス戦闘機J31のすべて


中国のステルス戦闘機J20のすべて


F2戦闘機のすべて | 船を沈める最強戦闘機


最強のオスプレイのすべて | V-22高速ヘリが注目される理由


世界最強のF22ラプターステルス戦闘機のすべて


UH-60ブラックホーク世界最強で謎のステルスヘリコプター


B-1B爆撃機のすべて | 高速性と搭載量が最強


SR72はマッハ6以上の最新無人偵察機(SR71ブラックバード後継機)


第六世代戦闘機|アメリカ、日本、ロシアの構想


航空自衛隊と中国空軍の徹底比較〜アメリカについていけるのか〜


最強のアメリカ軍だけが装備できるA10サンダーボルトとAC130


米軍最新ステルス爆撃機B21レイダーの強さと技術に迫る


世界で2番目に強いステルス戦闘機F35の最強バトル


米軍最新の空中給油機KC-46Aペガサスの凄さに迫る


【海軍】


日本がもつ空母のすべて | 世界に通用するのか


アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦のすべて


中国の空母と空母打撃群 | 世界第2位の軍事力


イージス艦とは | ハエ一匹入れない最強の盾の強さ


航続距離無限 | 原子力空母の驚異の実力と世界最強


1隻で国を亡ぼすコロンビア級オハイオ級潜水艦


世界最強のイージス艦タイコンデロガの強さに迫る


写真で見る最強の海軍とその軍事力は?アメリカ・中国・日本を比較


世界最強の潜水艦シーウルフはどれほど強いか


アメリカ空母と強襲揚陸艦に搭載される艦載機のすべて


世界の空母と空母打撃群を徹底比較・アメリカの次に最強は?


空母打撃群と遠征打撃群の違いと海兵隊最強の地位


空母維持費とジェラルド・R・フォード級空母のすべて


世界最強の米海軍の中でも中核を担う空母打撃群の戦闘力は?


ホバークラフトLCAC-1は最強の揚陸艦


中国軍の実力とは〜アメリカ、中国、日本の海軍力〜


通常動力で最強の潜水艦そうりゅうの実力と嘘と本当


アメリカ軍最新のLCSフリーダム・インディペンデンスは速すぎる!


ついに始動!ズムウォルト!アメリカ海軍最新、最強の駆逐艦


【陸軍】


日本独自の16式機動戦闘車 | 戦車に匹敵する戦闘力


10式戦車が強い理由 | 日本独自の主力戦車


防弾ガラスは13p大統領専用車を詳しく紹介


軍用車ハンヴィーHMMWVの後継車両JLTVとは


世界最強の戦車M1エイブラムスが強い理由とその伝説を紹介


【武器】


衛星攻撃兵器とは | 国家全体を無力化する最強兵器


弾道ミサイルとは | ICBMなどの威力と防ぐ方法


最強の大砲 | レールガンのすべて


マシンガンのすべて | 威力・連射速度・ランキングを解説


風圧で一帯を破壊する燃料気化爆弾サーモバリック爆弾とは


地中貫通爆弾バンカーバスターの破壊力とは


ミサイル防衛を持つのはアメリカだけ | 日本はミサイルを防げない?


アメリカ開発の命中率100%のスナイパーライフルとは


実用段階に入る最強のレーザー兵器のすべて


核ミサイル防衛の実態-日本は核を迎撃できるのか?


最強のミサイル・トマホークのすべて


たった1時間で地球の裏側までいつでも攻撃できるミサイルを開発中


最強の核兵器ツァーリボンバの脅威の威力とは


通常兵器で最強の爆弾といわれるMOABの威力とは


【全般】


なぜ日本と中国の戦いは始まっているのか


最強の空母打撃群を撃沈する方法はあるのか


なぜアメリカは北朝鮮と戦争しないのか | 北朝鮮の軍事力


アメリカVS中国の戦闘シミュレーションでよくある間違いとは


核実験をどうやって見抜くのか?核実験の方法と種類


ロシア戦闘機を撃墜したトルコ軍の実力とは


ロシアが最新の長距離高速の核魚雷を開発?誤ってテレビで放送


軍事関連記事すべてを見る


【人気記事】


宅配弁当を実際に利用してみたランキング | 宅食4社徹底比較


パソコンの選び方 | 究極は2択のみ


フッ素が入った紫のリステリンを通販してみた | お買い得



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ一覧