1991年まで戦った戦艦ミズーリの凄さとは

1991年まで戦った戦艦ミズーリの凄さとは

戦艦ミズーリ

戦艦,ミズーリ

※quotationWikipedia

戦艦ミズーリは1991年の湾岸戦争に参戦した、最も最近まで稼働した戦艦です。

 

戦艦が時代遅れになった理由や、ミズーリが現代戦に参加した詳細をお伝えします。

戦艦は巨大

戦艦ミズーリは、厚い装甲と強力な主砲で敵と直接交戦するために作られた艦艇です。

戦艦は現代の戦闘艦とコンセプトが全く異なる艦艇です。

現在主力の軍事艦艇は、イージス艦、駆逐艦、フリゲート艦、コルベットなどで戦艦はありません。

いずれも、装甲は薄く、一発のミサイルで沈むほど外壁は弱くなっています。

装甲の弱さは従来から指摘されていましたが、その弱さが露呈したのがコール襲撃事件です。

当時、アメリカ最新鋭のイージス艦、コールがサウジアラビア先端にあるイエメン沖で哨戒任務中、爆薬を搭載した小さなゴムボートの自爆攻撃を受け、即壁に大きな穴が空き、沈没寸前になりました。
戦艦,ミズーリ
※quotationWikipedia
この襲撃で米兵56名が被害を受けます。

コールは日本が採用する主力イージス艦と同じ最新鋭で、価格も1隻1000憶円と高額の艦艇です。

この事件後、すぐにアメリカは主犯に6億円の懸賞金を掛け、アメリカ最強の情報部隊CIAが無人機で主犯を殺害しています。

この事件によって、1隻に最新最強の兵器を詰め込むリスクが露呈し、LCSという新しいコンセプトのフリゲート艦が生まれたほどです。

言い換えれば、現代の艦艇の装甲は驚くほど貧弱で、防衛手段は、敵から攻撃を受ける前に敵を破壊するか、途中で攻撃を無力化することが現代の戦い方です。


戦艦のコンセプトは全く異なり、戦艦同士が接近し主砲の打ち合いで敵艦艇を沈める方式です。

よって、敵の主砲が被弾しても、沈まないよう装甲は厚く、被弾前提で設計されています。

実際に装甲の厚さは驚愕です。

戦艦全体のメイン装甲は34センチ、最も攻撃を受けやすい部分には43センチの装甲を施しています。

もちろん、単一の鉄鋼ではなく、複合型としており、戦艦の主砲や魚雷攻撃にも耐える装甲でした。

もし、コール襲撃事件で、ミズーリを狙っていたとしたら、装甲に傷一つつけられていませんでした。

頑丈な装甲と巨大な主砲を持つことからサイズも巨大です。

ミズーリの長さは270m、排水量5万8千トンです。

ちなみに、日本がF35を搭載する予定で、自衛隊最大の空母が248m、排水量2万6千トンです。

ミズリーは空母よりも長く、圧倒的に重い艦艇だったことがわかります。

戦艦ミズーリ最後の大任務

1944年に就役した戦艦ミズーリでしたが、攻撃前に敵を探知し、敵の射程外から撃破するという現代の戦闘コンセプトに応えることができなくなり、1955年に退役しました。

 

戦艦が時代遅れになり、戦力にならなくなったのがちょうどこの頃です。

 

しかし、1970年ころからソビエトの軍事力が強大になり始めました。

 

戦後の財政圧縮で400隻まで艦艇を減らしたアメリカに危機感が出始めます。

 

また、キューバ危機で海上封鎖を行う際に、制海権が重要であるという事実が判明し、400隻から大幅に艦艇を増やす600隻体制を目指すことになります。

 

そして、退役したミズーリが復活することになりました。

 

ミズーリをそのまま稼働できるよう整備したのではなく、レーダーを最新のものに付け替え、巡航ミサイルトマホークを搭載できるよう改修しています。

 

再就役後、ミズーリが空母と並走する写真でそのサイズがわかります。
戦艦,ミズーリ

※quotationWikipedia

 

ミズーリ再就役後、最も活躍したのが湾岸戦争です。

 

開戦初期の制空権確保戦において、トマホーク28発をイラク領内に打ち込み、レーダー設備などを破壊。

 

また、艦砲射撃数百発を行い、イラク領内の燃料庫、司令部を廃墟にしました。

 

これは戦艦ミズーリが行う艦砲射撃をカラーで収めた貴重な映像です。

 

1950年代に一斉に姿を消した戦艦ですが、ミズーリ再就役のおかげでカラー動画を残すことができました。

 

ミズーリが搭載していた兵装は、50口径40.6cm砲が9門、38口径12.7cm砲12門、トマホーク32発、ハープーンSSM16発、マシンガン記事でも紹介する圧倒的な高速連射のファランクスCIWS4基です。

 

改修前はファランクスCIWSではなく、56口径40mm対空砲を80門、70口径20mm対空砲を49門を装備していました。

 

計129機の機関銃と機関砲をCIWSをたったの4基に置き換え可能というのも、現代の軍事技術に驚きます。

 

CIWSは1秒に100発の機関砲砲弾を発射します。

 

主砲のサイズは圧倒的に巨大であり、この巨大な砲弾が数十キロ先の目標を破壊しました。
戦艦,ミズーリ

※quotationWikipedia

 

1991年、湾岸戦争終結、さらにソ連崩壊に伴い、アメリカに対する脅威が減弱、国防予算減少を受け、1992年にミズーリは退役しました。

 

現代の戦争は技術戦、情報戦です。

 

いくら頑丈な装甲や強力な爆薬を搭載しようと、戦力にはなりません。

 

アメリカ軍が最重点開発品目として、優先的に軍事予算を投入しているのは、

 

ステルス無人式給油機

 

最新の空中給油機

 

第6世代の次世代戦闘機

 

中国やロシアの軍事国家レーダーも無効かする最新爆撃機

 

最強、最大の軍事国家が最重点で開発しているということから、現代の戦闘に重要な要素がわかります。



このエントリーをはてなブックマークに追加

【最新記事】


自衛隊の装備はすごい | 最新の戦闘機や艦船と車両を公開


巡視船と護衛艦の違い | 海上保安庁は自衛隊に匹敵するか


世界のGDP | どうやって日本が陥落し中国が発展したか


ロシアのアバンガルド極超音速ミサイル | マッハ27は脅威か


軍事記事すべて一覧>>


【空軍】


B52爆撃機 | 100年現役の巨大爆撃機の強さとは


日本のステルス戦闘機F35AとF35Bの違い


韓国と日本の空軍比較 | 韓国は強いのか


ロシアのMiG-35戦闘機とは | 最新・輸出用戦闘機なのか


F/A18ホーネット戦闘機の意外な強さとは


あまり知らないユーロファイタータイフーン戦闘機の強さとは


日本だけが配備する早期警戒管制機E-767の探知能力の凄さ


アメリカはなぜ弱い攻撃機A-29スーパートゥカーノを開発するのか


ブラックバードSR71はどれほど速いのか


爆撃機比較 | 最強のアメリカは揺るがないのか


軍用輸送機比較 | 世界一大きな輸送機は?


戦闘機のベストセラーF16はなぜ世界中で愛されるのか


40年間以上世界最強であり続けたF15戦闘機のすべて


ロシアのSu-57戦闘機は世界最強のF22を凌駕するのか


RQ-4グローバルホークと無人偵察機・攻撃機のすべて


MQ-25Aスティングレイ無人空中給油機のすべて


世界の水上飛行機 | US2とAG600の特徴と戦力


中国のステルス戦闘機J31のすべて


中国のステルス戦闘機J20のすべて


F2戦闘機のすべて | 船を沈める最強戦闘機


最強のオスプレイのすべて | V-22高速ヘリが注目される理由


世界最強のF22ラプターステルス戦闘機のすべて


UH-60ブラックホーク世界最強で謎のステルスヘリコプター


B-1B爆撃機のすべて | 高速性と搭載量が最強


SR72はマッハ6以上の最新無人偵察機(SR71ブラックバード後継機)


第六世代戦闘機|アメリカ、日本、ロシアの構想


航空自衛隊と中国空軍の徹底比較〜アメリカについていけるのか〜


最強のアメリカ軍だけが装備できるA10サンダーボルトとAC130


米軍最新ステルス爆撃機B21レイダーの強さと技術に迫る


世界で2番目に強いステルス戦闘機F35の最強バトル


米軍最新の空中給油機KC-46Aペガサスの凄さに迫る


【海軍】


巡視船と護衛艦の違い | 海上保安庁と自衛隊の違い


護衛艦 | 日本だけが持つ護衛艦の戦闘力


1991年まで戦った戦艦ミズーリの凄さとは


世界の空母は32隻に | 空母の仕組みと離着陸や保有国


どのように潜水艦を撃沈するのか | 対潜戦の詳細


イギリスの空母クイーンエリザベスの戦闘力と詳細


韓国と日本の海軍比較 | 韓国は強いのか


日本がもつ空母のすべて | 世界に通用するのか


アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦のすべて


中国の空母と空母打撃群 | 世界第2位の軍事力


イージス艦とは | ハエ一匹入れない最強の盾の強さ


航続距離無限 | 原子力空母の驚異の実力と世界最強


1隻で国を亡ぼすコロンビア級オハイオ級潜水艦


世界最強のイージス艦タイコンデロガの強さに迫る


写真で見る最強の海軍とその軍事力は?アメリカ・中国・日本を比較


世界最強の潜水艦シーウルフはどれほど強いか


アメリカ空母と強襲揚陸艦に搭載される艦載機のすべて


世界の空母と空母打撃群を徹底比較・アメリカの次に最強は?


空母打撃群と遠征打撃群の違いと海兵隊最強の地位


空母維持費とジェラルド・R・フォード級空母のすべて


世界最強の米海軍の中でも中核を担う空母打撃群の戦闘力は?


ホバークラフトLCAC-1は最強の揚陸艦


中国軍の実力とは〜アメリカ、中国、日本の海軍力〜


通常動力で最強の潜水艦そうりゅうの実力と嘘と本当


アメリカ軍最新のLCSフリーダム・インディペンデンスは速すぎる!


ついに始動!ズムウォルト!アメリカ海軍最新、最強の駆逐艦


【陸軍】


水陸両用車のすべて | 日本も採用する最強の強襲部隊


日本独自の16式機動戦闘車 | 戦車に匹敵する戦闘力


10式戦車が強い理由 | 日本独自の主力戦車


防弾ガラスは13p大統領専用車を詳しく紹介


軍用車ハンヴィーHMMWVの後継車両JLTVとは


世界最強の戦車M1エイブラムスが強い理由とその伝説を紹介


【兵器】


弾道ミサイルのすべて | 驚異の破壊力と命中率の低さ


ロシアのアバンガルド極超音速ミサイル | マッハ27は脅威か


恐ろしい未来の兵器と最新兵器


衛星攻撃兵器とは | 国家全体を無力化する最強兵器


弾道ミサイルとは | ICBMなどの威力と防ぐ方法


最強の大砲 | レールガンのすべて


マシンガンのすべて | 威力・連射速度・ランキングを解説


風圧で一帯を破壊する燃料気化爆弾サーモバリック爆弾とは


地中貫通爆弾バンカーバスターの破壊力とは


ミサイル防衛を持つのはアメリカだけ | 日本はミサイルを防げない?


アメリカ開発の命中率100%のスナイパーライフルとは


実用段階に入る最強のレーザー兵器のすべて


核ミサイル防衛の実態-日本は核を迎撃できるのか?


最強のミサイル・トマホークのすべて


たった1時間で地球の裏側までいつでも攻撃できるミサイルを開発中


最強の核兵器ツァーリボンバの脅威の威力とは


通常兵器で最強の爆弾といわれるMOABの威力とは


【全般】


中国海軍はアメリカ海軍を超えたのか | 総力比較


世界の軍事力 | アメリカと中国はどれほど強いのか


インド軍の実力はどれほど強いのか


なぜ日本と中国の戦いは始まっているのか


最強の空母打撃群を撃沈する方法はあるのか


なぜアメリカは北朝鮮と戦争しないのか | 北朝鮮の軍事力


アメリカVS中国の戦闘シミュレーションでよくある間違いとは


核実験をどうやって見抜くのか?核実験の方法と種類


ロシア戦闘機を撃墜したトルコ軍の実力とは


ロシアが最新の長距離高速の核魚雷を開発?誤ってテレビで放送


【人気記事】


フッ素が入った紫のリステリンを通販してみた | お買い得


宅配弁当を実際に利用してみたランキング | 宅食4社徹底比較


パソコンの選び方 | 究極は2択のみ


タバコの匂いはいくら消臭しても臭い理由 | タバコの脱臭方法


旅行の予約はどこが最適か | 実際に利用し比較する

カテゴリ一覧













【新着記事】


自衛隊の装備はすごい | 最新の戦闘機や艦船と車両を公開


巡視船と護衛艦の違い | 海上保安庁と自衛隊の違い


車用インバーターの選び方 | 筆者の失敗を踏まえて


世界のGDP | どうやって日本が陥落し中国が発展したか


ロシアのアバンガルド極超音速ミサイル | マッハ27は脅威か


中国海軍はアメリカ海軍を超えたのか | 総力比較


弾道ミサイルのすべて | 驚異の破壊力と命中率の低さ


電子決済は普及するのか | 本当に便利な支払いは何?


賃貸と購入の結局どちらが得なのか | 資産価値・金利・インフレ


アマゾンプライム会員は無駄なのか | 登録してみた