米軍最新の空中給油機KC-46Aペガサスタンカーの凄さに迫る

米軍最新の空中給油機KC-46Aペガサスの凄さに迫る

KC-46

KC-46Aペガサス,KC-46A,空中給油機
KC-46は、ボーイング社が開発中の次世代型空中給油機です。形式名称KC-46Aで愛称はペガサスと呼ばれています。

 

ベースはボーイング767で、2017年から始まった調達において、最初の18機が調達され、KC-135とKC-10を置き換えながら179機が生産される予定となっています。

 

現在アメリカ空軍が主力で使用しているKC-135とKC-10は老朽化が進んでおり、早急な空中給油機の置き換えが課題となっています。

 

空軍の開発費の最優先品目として、F35ライトニング、b21レイダー、そしてこのKC-46Aペガサスの3つが選ばれており、急ピッチで開発が進んでいます。
実はこのKC-46はボーイングが受注しており、低率初期生産を受注しています。

KC-46Aペガサスの最大の特徴は低ライフサイクルコストです。

 

KC-46のベースは民間機のボーイング767です。このボーイング767はすでに1000機以上受注され、世界70ヶ国に納品、定時出発率99%以上という驚異的な品質の高さが有名です。

 

安定運用が可能な767をベースにすることで、確実な空中空輸を可能にしています。

 

これは空中給油機が世界最強のステルス戦闘機F22に給油している一連のシーンです。

 

コックピットよりも後ろにある給油口に、互いに揺れる飛行機から戦闘機へ給油する技術は相当なものです。

空中給油機の重要性

空中給油機は軍事における戦略上非常に重要です。

 

空中給油機の運用が制空権確保と、戦闘戦略の命運を分けるといっても過言ではありません。

 

空中空輸機の最大の目的は戦闘機の行動距離を大幅にUPすることが目的です。

 

一見地味な軍用機ですが、現在アメリカの最重点開発兵器が、ステルス戦闘機F35、ステルス爆撃機B21レイダー、そして今回紹介する空中給油機です。

 

戦闘機の航続可能距離は2000kmから3000kmが限界です。敵戦闘機を上回る究極の機動力を求めるには、燃料タンクと機体サイズに制限が生まれ、航続距離を延ばすことは不可能なのです。

 

3000kmの航続距離というと、十分長い距離に思いますが、実際にはかなり狭い行動範囲になります。

 

戦闘機は離陸した滑走路に着陸して作戦を行うため、行動半径は航続距離の半分の1500q以下になります。

 

また作戦エリアの空域に長くとどまる必要があるため、作戦エリアまでの距離が1500qでは、到着した瞬間にUターンすることになるため、不可能です。

 

よって、現実的に作戦エリアは基地から数百キロメートルが戦闘機の活動範囲になります。

 

例として、アメリカの空母から中国を攻撃すると想定した場合、空母を図の位置程度近くに接近させなければなりません。
KC-46Aペガサス,KC-46A,空中給油機

 

戦闘機の行動エリアは思いのほか狭いのです。

 

これらの理由により、戦闘機の戦力は、空中給油機が大きく左右するのです。

 

空中空輸機を作戦エリアの後方に待機させることで、戦闘機の行動エリアを広げ、作戦エリアに長くとどまることが可能になります。

 

日本の空中給油機はどうなっているのでしょうか。

 

現在日本では、KC767を4機保有しています。

 

2001年に採用を決定した比較的新しい機体で、KC767としては、世界でもイタリア4機、日本4機のみ開発された空中給油機です。

 

KC767は「空中給油機」ですが、巨大な機体の中をすべて燃料で満たすことはできません。重すぎるためです。

 

そこで、KC767は人員200名、貨物パレット6枚、小型トラック4台を搭載できるよう設計されており、日本における最大の戦術輸送機としての任務も担っています。

 

日本が採用するKC767の給油方式はフライング・ブーム方式です。

 

フライング・ブームは、金属製の曲がらないパイプの先に翼を付け、空中給油機に操作人員を載せ、給油の際に的確にコントロールします。

 

もう一つの方式はプローブ・ドローグ方式です。

 

柔らかいホースを航空機の後ろに垂らし給油します。

 

それぞれの方式にはメリットデメリットがあります。

 

プローブ・ドローグ方式は簡単に言ってしまえばホースを垂らすだけであり、単純な構造でよく、複数のホースを同時に垂らすことができます。

 

一方、気流の影響でホースが暴れるのを防ぐために、太くできず、またホースは柔軟である必要があります。

 

よって、給油圧力を上げられず、給油スピードは遅くなります。

 

また、暴れるポッドに接続するための、戦闘機パイロットの技量も必要です。

 

対するフライング・ブーム方式は、パイプを太く、しかも金属製のため、給油速度が極めて迅速に行えます。

 

一方、構造が複雑で操作が難しく、一つの空中給油機に一つしか装備ができません。

 

現在、日本は迅速なフライング・ブーム方式を主力にしていますが、プローブ・ドローグ方式を追加で整備しています。

 

KC767を4機取得後、日本もKC46Aの調達を決定しており、近いうちに7機〜12機ほどの体制で戦闘機を支援していくことが考えられます。

 

すでにアメリカではKC-46Aのテストをスタートされており、大量就役が間近になっています。

 

KC-46Aのほかにも、アメリカは空母に搭載できるステルス無人空中空輸機の開発も進めており、アメリカや空母から遠く離れたエリアにおいても、圧倒的な制空権を手に入れようとしています。



このエントリーをはてなブックマークに追加

【最新記事】


日本と中国の軍事力比較 | 日本はどれほど遅れをとったか


自衛隊の装備はすごい | 最新の戦闘機や艦船と車両を公開


巡視船と護衛艦の違い | 海上保安庁は自衛隊に匹敵するか


世界のGDP | どうやって日本が陥落し中国が発展したか


軍事記事すべて一覧>>


【空軍】


B52爆撃機 | 100年現役の巨大爆撃機の強さとは


日本のステルス戦闘機F35AとF35Bの違い


韓国と日本の空軍比較 | 韓国は強いのか


ロシアのMiG-35戦闘機とは | 最新・輸出用戦闘機なのか


F/A18ホーネット戦闘機の意外な強さとは


あまり知らないユーロファイタータイフーン戦闘機の強さとは


日本だけが配備する早期警戒管制機E-767の探知能力の凄さ


アメリカはなぜ弱い攻撃機A-29スーパートゥカーノを開発するのか


ブラックバードSR71はどれほど速いのか


爆撃機比較 | 最強のアメリカは揺るがないのか


軍用輸送機比較 | 世界一大きな輸送機は?


戦闘機のベストセラーF16はなぜ世界中で愛されるのか


40年間以上世界最強であり続けたF15戦闘機のすべて


ロシアのSu-57戦闘機は世界最強のF22を凌駕するのか


RQ-4グローバルホークと無人偵察機・攻撃機のすべて


MQ-25Aスティングレイ無人空中給油機のすべて


世界の水上飛行機 | US2とAG600の特徴と戦力


中国のステルス戦闘機J31のすべて


中国のステルス戦闘機J20のすべて


F2戦闘機のすべて | 船を沈める最強戦闘機


最強のオスプレイのすべて | V-22高速ヘリが注目される理由


世界最強のF22ラプターステルス戦闘機のすべて


UH-60ブラックホーク世界最強で謎のステルスヘリコプター


B-1B爆撃機のすべて | 高速性と搭載量が最強


SR72はマッハ6以上の最新無人偵察機(SR71ブラックバード後継機)


第六世代戦闘機|アメリカ、日本、ロシアの構想


航空自衛隊と中国空軍の徹底比較〜アメリカについていけるのか〜


最強のアメリカ軍だけが装備できるA10サンダーボルトとAC130


米軍最新ステルス爆撃機B21レイダーの強さと技術に迫る


世界で2番目に強いステルス戦闘機F35の最強バトル


米軍最新の空中給油機KC-46Aペガサスの凄さに迫る


【海軍】


巡視船と護衛艦の違い | 海上保安庁と自衛隊の違い


護衛艦 | 日本だけが持つ護衛艦の戦闘力


1991年まで戦った戦艦ミズーリの凄さとは


世界の空母は32隻に | 空母の仕組みと離着陸や保有国


どのように潜水艦を撃沈するのか | 対潜戦の詳細


イギリスの空母クイーンエリザベスの戦闘力と詳細


韓国と日本の海軍比較 | 韓国は強いのか


日本がもつ空母のすべて | 世界に通用するのか


アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦のすべて


中国の空母と空母打撃群 | 世界第2位の軍事力


イージス艦とは | ハエ一匹入れない最強の盾の強さ


航続距離無限 | 原子力空母の驚異の実力と世界最強


1隻で国を亡ぼすコロンビア級オハイオ級潜水艦


世界最強のイージス艦タイコンデロガの強さに迫る


写真で見る最強の海軍とその軍事力は?アメリカ・中国・日本を比較


世界最強の潜水艦シーウルフはどれほど強いか


アメリカ空母と強襲揚陸艦に搭載される艦載機のすべて


世界の空母と空母打撃群を徹底比較・アメリカの次に最強は?


空母打撃群と遠征打撃群の違いと海兵隊最強の地位


空母維持費とジェラルド・R・フォード級空母のすべて


世界最強の米海軍の中でも中核を担う空母打撃群の戦闘力は?


ホバークラフトLCAC-1は最強の揚陸艦


中国軍の実力とは〜アメリカ、中国、日本の海軍力〜


通常動力で最強の潜水艦そうりゅうの実力と嘘と本当


アメリカ軍最新のLCSフリーダム・インディペンデンスは速すぎる!


ついに始動!ズムウォルト!アメリカ海軍最新、最強の駆逐艦


【陸軍】


水陸両用車のすべて | 日本も採用する最強の強襲部隊


日本独自の16式機動戦闘車 | 戦車に匹敵する戦闘力


10式戦車が強い理由 | 日本独自の主力戦車


防弾ガラスは13p大統領専用車を詳しく紹介


軍用車ハンヴィーHMMWVの後継車両JLTVとは


世界最強の戦車M1エイブラムスが強い理由とその伝説を紹介


【兵器】


ロシアのアバンガルド極超音速ミサイル | マッハ27は脅威か


弾道ミサイルのすべて | 驚異の破壊力と命中率の低さ


ロシアのアバンガルド極超音速ミサイル | マッハ27は脅威か


恐ろしい未来の兵器と最新兵器


衛星攻撃兵器とは | 国家全体を無力化する最強兵器


弾道ミサイルとは | ICBMなどの威力と防ぐ方法


最強の大砲 | レールガンのすべて


マシンガンのすべて | 威力・連射速度・ランキングを解説


風圧で一帯を破壊する燃料気化爆弾サーモバリック爆弾とは


地中貫通爆弾バンカーバスターの破壊力とは


ミサイル防衛を持つのはアメリカだけ | 日本はミサイルを防げない?


アメリカ開発の命中率100%のスナイパーライフルとは


実用段階に入る最強のレーザー兵器のすべて


核ミサイル防衛の実態-日本は核を迎撃できるのか?


最強のミサイル・トマホークのすべて


たった1時間で地球の裏側までいつでも攻撃できるミサイルを開発中


最強の核兵器ツァーリボンバの脅威の威力とは


通常兵器で最強の爆弾といわれるMOABの威力とは


【全般】


中国海軍はアメリカ海軍を超えたのか | 総力比較


世界の軍事力 | アメリカと中国はどれほど強いのか


インド軍の実力はどれほど強いのか


なぜ日本と中国の戦いは始まっているのか


最強の空母打撃群を撃沈する方法はあるのか


なぜアメリカは北朝鮮と戦争しないのか | 北朝鮮の軍事力


アメリカVS中国の戦闘シミュレーションでよくある間違いとは


核実験をどうやって見抜くのか?核実験の方法と種類


ロシア戦闘機を撃墜したトルコ軍の実力とは


ロシアが最新の長距離高速の核魚雷を開発?誤ってテレビで放送


【人気記事】


フッ素が入った紫のリステリンを通販してみた | お買い得


宅配弁当を実際に利用してみたランキング | 宅食4社徹底比較


パソコンの選び方 | 究極は2択のみ


タバコの匂いはいくら消臭しても臭い理由 | タバコの脱臭方法


旅行の予約はどこが最適か | 実際に利用し比較する

カテゴリ一覧












【新着記事】


地球外生命体の発見は人類滅亡を意味する理由とは


ブラックホールのすべて | 吸い込まれても大丈夫?


ドラム式洗濯機の選び方 | 保存版


日本と中国の軍事力比較 | 日本はどれほど遅れをとったか


ビットコインのしくみが100人中100人が理解できるページ


自衛隊の装備はすごい | 最新の戦闘機や艦船と車両を公開


巡視船と護衛艦の違い | 海上保安庁と自衛隊の違い


車用インバーターの選び方 | 筆者の失敗を踏まえて


世界のGDP | どうやって日本が陥落し中国が発展したか


ロシアのアバンガルド極超音速ミサイル | マッハ27は脅威か