中国のステルス戦闘機J31のすべて

中国のステルス戦闘機J31のすべて

J31ステルス戦闘機

ステルス戦闘機,中国,J31
中国が開発するステルス戦闘機の中で、J20に続き登場したJ31。

 

アメリカ最新のステルス戦闘機のF35ときわめて似ており、その戦闘力もかなりのものだと予想されています。

 

アジアで2番目に開発されたステルス戦闘機J31を詳しく紹介します。

J31とF35はそっくり

まずは似ているというF35と比べてみましょう。

 

機体サイズや航続距離などを比較するときわめてF35とにており、J31はF35に対抗する目的で設計されていることがわかります。

 

大きな違いはエンジンの数であり、F35は一発、J31は二発で、J21と同様に、エンジン出力の向上が中国軍の課題であることは明確ですが、それ以外はすでにアメリカの最新戦闘機と互角の戦闘機を独自に開発するまでに技術力を高めてきています。

 

F35 J31
長さ 15.40m 17.3 m
横幅 10.67m 11.50m
空虚重量 13,200kg 12,500 kg
最大離陸重量 31,800kg 28,000 kg
航続距離 2,300km 2,400km
最高速度 マッハ1.8 マッハ1.6

アメリカの技術を多数保有

ステルス戦闘機,中国,J31
上が中国のステルス戦闘機J31、下がアメリカのF35。

 

中国の軍事技術はコピーだと揶揄されますが、コピーする技術も立派な技術の一つです。

 

すでにある技術を達成するために長い時間をかけて研究するよりも、盗めるところを盗んでさらに優れた技術を開発するというのは、世界中どこの国でも行われていることです。

 

問題は技術の盗み方です。

 

中国のステルス技術向上は、2つの大きな事件が関係しています。

 

一つはF117ナイトホーク撃墜事件。

 

1999年のコソボ紛争に、アメリカは最新のステルス攻撃機F117ナイトホークを投入します。

 

アメリカ本土から空中空輸を繰り返し、戦場上空に到達する直前のセルビアの首都ベオグラード近郊上空にて対空ミサイルによって撃墜されました。

 

F117は、アメリカで最初に開発されたステルス機であり、主に高周波のレーダーに対するステルス性能を発揮する設計になっています。

 

一方、セルビアは最新の戦闘機を探知できるよう、低周波レーダーに改修を進め、配備された直後の出来事でした。

 

低周波レーダーはレーダー吸収塗料に吸収されにくく、対ステルスレーダーの主流となっています。

 

ちなみに、現在配備されているF22戦闘機は、先進国が持つ最新のステルス対応のレーダーにも探知されない最高のステルス技術を持っているとされています。

 

またB21レイダー米軍最新ステルス爆撃機の強さと技術に迫るで紹介する、この爆撃機のステルス性能は圧倒的です。

 

現在アメリカが保有する100年運用予定のB52、超音速爆撃機B1、ステルス爆撃機B2のすべてを置き換えるとされるB21は、過去最高のステルス性能を発揮させる予定で開発が進んでおり、そのステルス性能は、あらゆる周波数のレーダー波を吸収、反射を抑制し、ロシアや中国などの軍事先進国の最新対ステルスレーダー網さえ無効にし、領土深くまで侵略できる能力を持つとされています。

 

撃墜されたF117は、セルビア政府によって回収され、相当高額な金額を提示した中国に渡ったとされています。

 

F117は撃墜されながらも、粉砕されておらず、レーダー吸収塗料や基本的な設計などが中国政府に漏れたことが推測されます。

 

ステルス戦闘機,中国,J31

 

もう一つはF35の設計図流出事件です。

 

F35の開発データが中国のハッカーに盗まれ、その技術がJ31に応用されているとされています。

 

F117の時と異なり、設計図によってかなり詳細なデータを中国が手にしたとされ、それまで数十年進んでいたとされたアメリカと中国の軍事技術の差を一気に縮めてしまったとされています。

 

J31の設計は、エンジン以外は極めてF35と類似しており、運動性能ほぼ互角だと考えられます。

 

後は、F31をコントロールするソフトウェアの開発をどれくらい中国が進めているかが重要ですが、すでに最新のJ20を配備したり、次々と最新の戦闘機を投入、長距離対空ミサイルを開発していることから、相当に進んだ技術をもっていると考えられています。

 

 

アメリカがF22とF35からなるハイ&ローミックスとして運用しており、中国も同様にJ20とJ31からなるハイ&ローミックスで運用していくと考えられます。

 

J20、J31の二つのステルス戦闘機が日本付近を飛ぶようになれば、日本の制空権確保に重大な懸念が生じることは確実であり、その対策が検討されています。



このエントリーをはてなブックマークに追加

【最新記事】


自衛隊の装備はすごい | 最新の戦闘機や艦船と車両を公開


巡視船と護衛艦の違い | 海上保安庁は自衛隊に匹敵するか


世界のGDP | どうやって日本が陥落し中国が発展したか


ロシアのアバンガルド極超音速ミサイル | マッハ27は脅威か


軍事記事すべて一覧>>


【空軍新着】


B52爆撃機 | 100年現役の巨大爆撃機の強さとは


日本のステルス戦闘機F35AとF35Bの違い


韓国と日本の空軍比較 | 韓国は強いのか


ロシアのMiG-35戦闘機とは | 最新・輸出用戦闘機なのか


F/A18ホーネット戦闘機の意外な強さとは


【海軍新着】


巡視船と護衛艦の違い | 海上保安庁と自衛隊の違い


護衛艦 | 日本だけが持つ護衛艦の戦闘力


1991年まで戦った戦艦ミズーリの凄さとは


世界の空母は32隻に | 空母の仕組みと離着陸や保有国


どのように潜水艦を撃沈するのか | 対潜戦の詳細


【陸軍新着】


水陸両用車のすべて | 日本も採用する最強の強襲部隊


日本独自の16式機動戦闘車 | 戦車に匹敵する戦闘力


10式戦車が強い理由 | 日本独自の主力戦車


防弾ガラスは13p大統領専用車を詳しく紹介


軍用車ハンヴィーHMMWVの後継車両JLTVとは


【兵器新着】


弾道ミサイルのすべて | 驚異の破壊力と命中率の低さ


ロシアのアバンガルド極超音速ミサイル | マッハ27は脅威か


恐ろしい未来の兵器と最新兵器


衛星攻撃兵器とは | 国家全体を無力化する最強兵器


弾道ミサイルとは | ICBMなどの威力と防ぐ方法


【全般新着】


中国海軍はアメリカ海軍を超えたのか | 総力比較


世界の軍事力 | アメリカと中国はどれほど強いのか


インド軍の実力はどれほど強いのか


なぜ日本と中国の戦いは始まっているのか


最強の空母打撃群を撃沈する方法はあるのか


【軍事記事リスト】


陸・海・空別のすべての記事一覧


【人気記事】


フッ素が入った紫のリステリンを通販してみた | お買い得


宅配弁当を実際に利用してみたランキング | 宅食4社徹底比較


パソコンの選び方 | 究極は2択のみ


カテゴリ一覧













【新着記事】


ビットコインのしくみが100人中100人が理解できるページ


自衛隊の装備はすごい | 最新の戦闘機や艦船と車両を公開


巡視船と護衛艦の違い | 海上保安庁と自衛隊の違い


車用インバーターの選び方 | 筆者の失敗を踏まえて


世界のGDP | どうやって日本が陥落し中国が発展したか


ロシアのアバンガルド極超音速ミサイル | マッハ27は脅威か


中国海軍はアメリカ海軍を超えたのか | 総力比較


弾道ミサイルのすべて | 驚異の破壊力と命中率の低さ


電子決済は普及するのか | 本当に便利な支払いは何?


賃貸と購入の結局どちらが得なのか | 資産価値・金利・インフレ