日本のステルス戦闘機F35AとF35Bの違い

日本のステルス戦闘機F35AとF35Bの違い

ステルス戦闘機F35

F35,F35A,F35B,F35C,ステルス戦闘機,F-35

※quotationWikipedia

 

F35はアメリカが開発した第五世代ステルス戦闘機です。

 

日本が採用したF35の詳細を紹介します。

F35

F35はレーダーに映らず、最新のアビオニクスを搭載した戦闘機です。

 

F35の前世代はF16であり、F16戦闘機は第四世代戦闘機に分類されます。

 

現在日本が持つ主力戦闘機は、F15、F16、F2、F4戦闘機となっており、このうち前の3つが第四世代、後ろの一つが第三世代戦闘機に分類されます。

 

現代の戦闘機同士の戦いは、敵から発見される前にこちらが敵を発見し、攻撃される前に攻撃する、「ファーストルック、ファーストキル」が基本です。

 

第三世代戦闘機のF4と第四世代戦闘機F15を比較すると、圧倒的な戦闘力の差でF15が勝利します。

 

これは、F15に搭載された最新のレーダーやアビオニクスによって、敵がF15を発見する前にこちらが敵を発見し、撃墜できるためです。

 

F15超長射程の対空ミサイルを装備し、それをコントロールする最新のレーダーと電子機器が搭載されています。

 

よって、F4はF15に必ず撃墜されるほど戦力差があります。

 

戦闘機の世代間の差は極めて大きな差なのです。

 

第五世代戦闘機はステルス専用設計となった戦闘機です。

 

レーダーに映らないというのは有名ですが、正確には、遠距離ではレーダーに映らないということです。

 

戦闘機同士の戦いでは、先に敵を見つけた方がほぼ確実に勝利します。

 

第四世代戦闘機は、敵を探知する能力を高めることで前世代に比べて戦力を発揮していましたが、第五世代は敵の探知能力を弱めることで、こちらが敵よりも早く発見して撃墜するというコンセプトです。

 

要するに、「ファーストルック・ファーストキル」のコンセプトを追求した結果、ステルス性能が空対空戦闘に有利になるという結果論だというわけです。

 

そんな第五世代戦闘機は、ついに日本にも採用されました。

F35A,B,Cの違い

F35にはA、B、Cの三タイプがあり、日本はAとBを採用します。

 

Aは空軍専用設計、Bは垂直離着陸可能なF35、Cは空母離着艦用専用設計です。

 

F35A

F35,F35A,F35B,F35C,ステルス戦闘機,F-35

※quotationWikipedia

 

F35Aは空軍専用のステルス戦闘機です。

 

F16戦闘機の後継機としてアメリカが開発しました。

 

アメリカ空軍にはF15とF16戦闘機の2タイプが採用されていて、F15は最強の空対空能力を持つ戦闘機、F16は機動力や最高速度、航続可能距離を落としつつ、搭載する電子機器は最新のものを導入したマルチタイプです。

 

現在、アメリカは戦闘機の世代交代真っただ中にあり、最強のF15は世界最強ステルス戦闘機F22に更新されます。

 

F16はF22より機動力や最高速度などの空対空戦闘力の劣るF35に更新します。

 

日本は、航空自衛隊にF35Aを世界で3番目に多い105機導入予定です。

 

ちなみにアメリカ空軍はF35Aを1,763機導入します。

 

F35A運用予定

  • アメリカ 1763機
  • トルコ 120機
  • 日本 105機
  • オーストラリア 90機
  • イスラエル 75機
  • 韓国 60機
など

 

F35B

F35,F35A,F35B,F35C,ステルス戦闘機,F-35

※quotationWikipedia

 

F35Bは垂直離着陸可能なタイプです。

 

もともとアメリカは垂直離着陸戦闘機であるシーハリアーを採用していましたが、これをF35に置き換えるために開発しました。

 

F35Bは空母ではなく、強襲揚陸艦に搭載されます。

 

ヘリコプターが離着艦するような小さな甲板にも戦闘機を搭載できるようになり、強襲揚陸艦を中心にユニットを組む遠征打撃群の能力向上を主目的にしています。

 

一方、アメリカ以外の各国が持つ空母は、アメリカの強襲揚陸艦サイズほどしかないため、小さな空母しか持たないイギリスや日本は、F35Bの採用を決定しました。

 

F35Bは離着陸の際、上の写真のように後部ノズルを下に向けます。

 

また、機体を安定させるために複雑な計算が必要で、F35B専用の機器や部品が多く搭載されています。

 

よって、整備性が下がり、兵器の搭載量も20パーセントほど低下、航続可能距離も落ちています。

 

この結果、F35BはF35AやCに比べて戦闘力は劣ります。

 

日本はF35Bを42機採用予定です。

 

ヘリ空母を改造したいずも型護衛艦(日本の空母)に搭載されます。

 

敵地を攻撃しない日本に、空母は必要なのかと疑問を呈する人も多いですが、空母は必要です。

 

日本の憲法上、先制攻撃は不可能であるため、離島防衛などは奪われてから奪い返すことを想定する必要があります。

 

よって、一旦敵地となった離島を攻撃するためには、敵地攻撃能力は必要であり、これがいずもを空母化した根拠になります。

 

日本には航空自衛隊の基地がたくさんあるのでそれを利用すればよいじゃないかと思いますが、例えば中国との有事には日本の滑走路は即時全滅します。

 

中国は在日アメリカ軍基地、航空自衛隊基地に向けられた達距離弾道ミサイルを大量配備しており、数が多すぎてそれを防ぐことはできません。

 

よって、もし開戦した場合、短期間のうちにすべての滑走路は使用不可能になると想定されています。

 

実際にアメリカもこれを想定しており、中国をけん制するB52やB1爆撃機、B2ステルス爆撃機は中国につぶされない遠方に配備しています。

 

また、日本の基地がすべてつぶされても、中国に対する圧力を喪失しないよう、長距離巡航ミサイル、空母搭載型無人ステルス空中給油機MQ-25Aスティングレイを開発し、中国の手が届かない遠方から中国に圧力をかける方法を、軍事的最優先課題として莫大な予算を投じています。

 

日本の固定基地が叩かれることは現実であり、制空権を失わないよういずも型護衛艦を空母化したという理由もあるのです。

 

以下は、イギリスが開発した最新空母クイーンエリザベス運用の基本です。

 

1.紛争初期、外国の基地を利用できない期間に空母を派遣し、航空機を運用すること。

 

2.外国の基地を利用可能になっても、十分な面積を活用できず、戦闘機や航空機の運用に支障があるケース。

 

3.目は政治的、軍事的な抑止力。

 

日本はいずもにF35Bを搭載することで、日本国内の基地を有効活用できないケースにも、戦闘機を円滑に運用できるようになります。

 

運用予定

  • アメリカ 350機
  • イギリス 138機
  • 日本 43機
  • トルコ 32機
  • イタリア 30機
  • 韓国 12機

 

F35C

F35,F35A,F35B,F35C,ステルス戦闘機,F-35
※Quotation:Breaking Defence

 

F35Cは空母専用設計のステルス戦闘機です。

 

空母といっても、日本やイギリスの軽空母ではなく、アメリカが保有する10万トン級巨大空母用です。

 

低速域の安定性や揚力UPのため翼を大型化し、車輪を強化、航続距離も延長しています。

 

現在、F35Cが運用できるのはアメリカだけです。

 

運用予定

  • アメリカ 327機

まとめ

世界最強のF22ラプター戦闘機はアフターバーナーなしにマッハ1.8、最高速はマッハ2.4を誇る、空対空専用の制空戦闘機です。

 

機密情報の塊であるため、同盟国イギリスにさえ輸出されず、アメリカだけが保有しています。

 

F22と対峙して勝利できる戦闘機は存在せず、F22の存在によって世界におけるアメリカの絶対的地位を維持しているといっても良いほどです。

 

F35はアフターバーバーを利用した全開時の最高速はマッハ1.6と、F22や第四世代のF15戦闘機に劣ります。

 

バーナーを使用しない巡航速度は公表されていませんが、マッハ1.2ほどと推測され、制空戦闘機には一歩及びません。

 

日本の脅威となる隣国中国とロシアでは、それぞれ独自の第五世代戦闘機を開発しており、その戦闘力はF22に匹敵します。

 

F35でこれらの戦闘機と直接対峙するには分が悪い中、各国は第六世代の新コンセプト戦闘機の開発に着手しています。

 

次世代戦闘機のコンセプトに注目です。



このエントリーをはてなブックマークに追加

【最新記事】


日本と中国の軍事力比較 | 日本はどれほど遅れをとったか


自衛隊の装備はすごい | 最新の戦闘機や艦船と車両を公開


巡視船と護衛艦の違い | 海上保安庁は自衛隊に匹敵するか


世界のGDP | どうやって日本が陥落し中国が発展したか


軍事記事すべて一覧>>


【空軍】


B52爆撃機 | 100年現役の巨大爆撃機の強さとは


日本のステルス戦闘機F35AとF35Bの違い


韓国と日本の空軍比較 | 韓国は強いのか


ロシアのMiG-35戦闘機とは | 最新・輸出用戦闘機なのか


F/A18ホーネット戦闘機の意外な強さとは


あまり知らないユーロファイタータイフーン戦闘機の強さとは


日本だけが配備する早期警戒管制機E-767の探知能力の凄さ


アメリカはなぜ弱い攻撃機A-29スーパートゥカーノを開発するのか


ブラックバードSR71はどれほど速いのか


爆撃機比較 | 最強のアメリカは揺るがないのか


軍用輸送機比較 | 世界一大きな輸送機は?


戦闘機のベストセラーF16はなぜ世界中で愛されるのか


40年間以上世界最強であり続けたF15戦闘機のすべて


ロシアのSu-57戦闘機は世界最強のF22を凌駕するのか


RQ-4グローバルホークと無人偵察機・攻撃機のすべて


MQ-25Aスティングレイ無人空中給油機のすべて


世界の水上飛行機 | US2とAG600の特徴と戦力


中国のステルス戦闘機J31のすべて


中国のステルス戦闘機J20のすべて


F2戦闘機のすべて | 船を沈める最強戦闘機


最強のオスプレイのすべて | V-22高速ヘリが注目される理由


世界最強のF22ラプターステルス戦闘機のすべて


UH-60ブラックホーク世界最強で謎のステルスヘリコプター


B-1B爆撃機のすべて | 高速性と搭載量が最強


SR72はマッハ6以上の最新無人偵察機(SR71ブラックバード後継機)


第六世代戦闘機|アメリカ、日本、ロシアの構想


航空自衛隊と中国空軍の徹底比較〜アメリカについていけるのか〜


最強のアメリカ軍だけが装備できるA10サンダーボルトとAC130


米軍最新ステルス爆撃機B21レイダーの強さと技術に迫る


世界で2番目に強いステルス戦闘機F35の最強バトル


米軍最新の空中給油機KC-46Aペガサスの凄さに迫る


【海軍】


巡視船と護衛艦の違い | 海上保安庁と自衛隊の違い


護衛艦 | 日本だけが持つ護衛艦の戦闘力


1991年まで戦った戦艦ミズーリの凄さとは


世界の空母は32隻に | 空母の仕組みと離着陸や保有国


どのように潜水艦を撃沈するのか | 対潜戦の詳細


イギリスの空母クイーンエリザベスの戦闘力と詳細


韓国と日本の海軍比較 | 韓国は強いのか


日本がもつ空母のすべて | 世界に通用するのか


アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦のすべて


中国の空母と空母打撃群 | 世界第2位の軍事力


イージス艦とは | ハエ一匹入れない最強の盾の強さ


航続距離無限 | 原子力空母の驚異の実力と世界最強


1隻で国を亡ぼすコロンビア級オハイオ級潜水艦


世界最強のイージス艦タイコンデロガの強さに迫る


写真で見る最強の海軍とその軍事力は?アメリカ・中国・日本を比較


世界最強の潜水艦シーウルフはどれほど強いか


アメリカ空母と強襲揚陸艦に搭載される艦載機のすべて


世界の空母と空母打撃群を徹底比較・アメリカの次に最強は?


空母打撃群と遠征打撃群の違いと海兵隊最強の地位


空母維持費とジェラルド・R・フォード級空母のすべて


世界最強の米海軍の中でも中核を担う空母打撃群の戦闘力は?


ホバークラフトLCAC-1は最強の揚陸艦


中国軍の実力とは〜アメリカ、中国、日本の海軍力〜


通常動力で最強の潜水艦そうりゅうの実力と嘘と本当


アメリカ軍最新のLCSフリーダム・インディペンデンスは速すぎる!


ついに始動!ズムウォルト!アメリカ海軍最新、最強の駆逐艦


【陸軍】


水陸両用車のすべて | 日本も採用する最強の強襲部隊


日本独自の16式機動戦闘車 | 戦車に匹敵する戦闘力


10式戦車が強い理由 | 日本独自の主力戦車


防弾ガラスは13p大統領専用車を詳しく紹介


軍用車ハンヴィーHMMWVの後継車両JLTVとは


世界最強の戦車M1エイブラムスが強い理由とその伝説を紹介


【兵器】


ロシアのアバンガルド極超音速ミサイル | マッハ27は脅威か


弾道ミサイルのすべて | 驚異の破壊力と命中率の低さ


ロシアのアバンガルド極超音速ミサイル | マッハ27は脅威か


恐ろしい未来の兵器と最新兵器


衛星攻撃兵器とは | 国家全体を無力化する最強兵器


弾道ミサイルとは | ICBMなどの威力と防ぐ方法


最強の大砲 | レールガンのすべて


マシンガンのすべて | 威力・連射速度・ランキングを解説


風圧で一帯を破壊する燃料気化爆弾サーモバリック爆弾とは


地中貫通爆弾バンカーバスターの破壊力とは


ミサイル防衛を持つのはアメリカだけ | 日本はミサイルを防げない?


アメリカ開発の命中率100%のスナイパーライフルとは


実用段階に入る最強のレーザー兵器のすべて


核ミサイル防衛の実態-日本は核を迎撃できるのか?


最強のミサイル・トマホークのすべて


たった1時間で地球の裏側までいつでも攻撃できるミサイルを開発中


最強の核兵器ツァーリボンバの脅威の威力とは


通常兵器で最強の爆弾といわれるMOABの威力とは


【全般】


中国が月を目指す理由 | 覇権争いは宇宙へ


中国海軍はアメリカ海軍を超えたのか | 総力比較


世界の軍事力 | アメリカと中国はどれほど強いのか


インド軍の実力はどれほど強いのか


なぜ日本と中国の戦いは始まっているのか


最強の空母打撃群を撃沈する方法はあるのか


なぜアメリカは北朝鮮と戦争しないのか | 北朝鮮の軍事力


アメリカVS中国の戦闘シミュレーションでよくある間違いとは


核実験をどうやって見抜くのか?核実験の方法と種類


ロシア戦闘機を撃墜したトルコ軍の実力とは


ロシアが最新の長距離高速の核魚雷を開発?誤ってテレビで放送


【人気記事】


フッ素が入った紫のリステリンを通販してみた | お買い得


宅配弁当を実際に利用してみたランキング | 宅食4社徹底比較


パソコンの選び方 | 究極は2択のみ


タバコの匂いはいくら消臭しても臭い理由 | タバコの脱臭方法


旅行の予約はどこが最適か | 実際に利用し比較する

カテゴリ一覧













【新着記事】


中国が月を目指す理由 | 覇権争いは宇宙へ


地球外生命体の発見は人類滅亡を意味する理由とは


ブラックホールのすべて | 吸い込まれても大丈夫?


ドラム式洗濯機の選び方 | 保存版


日本と中国の軍事力比較 | 日本はどれほど遅れをとったか


ビットコインのしくみが100人中100人が理解できるページ


自衛隊の装備はすごい | 最新の戦闘機や艦船と車両を公開


巡視船と護衛艦の違い | 海上保安庁と自衛隊の違い


車用インバーターの選び方 | 筆者の失敗を踏まえて


世界のGDP | どうやって日本が陥落し中国が発展したか