B52爆撃機 | 100年現役の巨大爆撃機の強さとは

B52爆撃機 | 100年現役の巨大爆撃機の強さとは

B52爆撃機

B52爆撃機,爆撃機,B52,B-52,ストラトフォートレス

※quotationWikipedia

 

爆撃機B52は写真の通り、ザ・爆撃機というスタイルの航空機です。

 

エンジンを8発搭載し、黒い機体は威圧感を感じます。

 

70年以上前に作られたにもかかわらず、2050年まで運用される異例の爆撃機の正体を暴きます。

B-52

B52はなぜ開発されたのでしょうか。

 

第二次世界大戦で爆撃機の重要性が見直され、第二次世界大戦終結後、アメリカが最新の戦略爆撃機の開発に取り掛かります。

 

時速1000qという、旅客機よりも高速移動し、高度15000mという旅客機よりも高高度を飛び、地球の裏側に到達できるほどの1万6000qという驚異的な航続距離を持つB52が開発されました。

 

爆弾の搭載量は最大で16トンです。

 

16トンは約2トンある高級ミニバン9台分に匹敵します。

 

搭載可能な爆弾は核爆弾、各巡航ミサイル、通常爆弾、各種ミサイルなど多様です。

 

あらゆる兵器を大量に運搬し、空から直接発射、または投下できる爆撃機というこで、世界から恐れられる存在になしました。

 

B52の主とされる開発目的は核爆弾の運搬手段です。

 

当時、弾道ミサイル技術は確立しておらず、核兵器の投下は爆撃機の役割でした。

 

大量核保有国のアメリカとロシアは、大量に開発した核兵器を敵国にどのように送り込むかという戦略上、B52が生まれたわけです。

 

核兵器投下用に設計されたB52は、1991年に核兵器を搭載し、ロシア付近を警戒する核戦争の危機が発生しています。

 

キューバ危機です。
B52爆撃機,爆撃機,B52,B-52,ストラトフォートレス

※quotationWikipedia

 

アメリカの目と鼻の先にあるキューバに、ソ連がアメリカの秘密裏に核兵器をキューバに配備したことで、全面核戦争の危機が迫った事件です。

 

1991年10月22日、ソ連との駆け引きの中で、アメリカは上から2番目の警戒レベルであるデフコン2を発動。

 

核兵器を搭載した爆撃機の8分の1がアメリカ上空待機になるなど、緊迫した状況になっています。

 

デフコンとはアメリカの戦争における準備体制の事です。

 

1〜5まで存在し、デフコン5が平時、デフコン1が最大の脅威状態を指します。

 

各段階において、軍の体制が規定されており、最大の警戒レベルデフコン1では、核兵器の使用が現実的になるほど切迫した状態になります。

 

アメリカほデフコンの発動によって体制を即座に戦時に対応できるようシステム化しています。

 

デフコン5

平時の状態です。

 

デフコン4

危機が上昇した場合に発動され、情報収集や警戒レベルが引き上げられます。

 

冷戦時代、アメリカは常にデフコン4の状態にありました。

 

デフコン3

空軍の大部分が15分で即座に作戦に投入できるよう準備します。

 

キューバ危機の際に発動しており、8分の1の爆撃機が上空待機となります。

 

万が一核攻撃されても、核兵器を温存し、いつでも報復を行う体制を創るためです。

 

また、アメリカ軍の通信が機密コールサインに変更されます。

 

デフコン2

核戦争が視野に入ります。

 

キューバ危機の際、戦争が避けられなくなると判断された段階で発動されました。

 

陸軍の集団が6時間以内に出動できるよう準備され、軍事情報は完全に閉鎖されます。

 

デフコン1

全戦力が準備に入ります。

 

核兵器を発射体制にし、陸海空海兵隊、すべての部隊が総動員されます。

 

国家の存続が危ぶまれる際に発動されるとしていますが、現在デフコン1は発動されたことはありません。

 

 

キューバ危機では、デフコン2が発動され、起爆可能な核兵器をB52が搭載し、ソ連国境付近やアメリカ本土上空で作戦を遂行しています。

 

冷戦終結後、B52の役割は急速に減少。

 

744機製造されたB52のうち、現在運用されているのはB52Hの最新型75機です。

B52H

B52は現代の爆撃機の中では圧倒的に遅く、搭載量も平均的で、ステルス性能も皆無です。

 

なぜB52が運用され続けるのでしょうか。

 

実はアメリカはB52を置き換えるための爆撃機を2種類開発しています。

 

B2ステルス爆撃機と、B-1B音速爆撃機です。

 

B2はレーダーに映らないステルス型とし、18トンの爆弾を搭載し敵国に侵入、爆撃します。
B52爆撃機,爆撃機,B52,B-52,ストラトフォートレス
※Quotation:Market Watch

 

垂直尾翼がない独特な形状は、これでどうやって空を自由に飛ぶのかと思うほど先進的形状であり、アメリカを代表する爆撃機となっています。

 

一方、B52を置き換えるにはあまりにも高額で1機2000憶円という価格が、B52を延命させました。

 

B-1B爆撃機も開発されます。
B52爆撃機,爆撃機,B52,B-52,ストラトフォートレス

※quotationWikipedia

 

スリムな機体に見えますが、搭載量はB52の2倍の34トンと、圧倒的な搭載量を誇ります。

 

マッハ1.25という音速より早く、地を這うような低空で侵入。

 

レーダーにも映りにくい形状とし、敵地を廃墟にする爆撃機です。

 

こちらは100機程度配備されましたが、それでもB52を置き換えるには至りませんでした。

 

 

B52は、安価で比較的大量の兵器を搭載でき、整備も容易なため、使いやすく戦線へ投入しやすい爆撃機として運用に適しているのです。

 

また、敵に発見されやすく、敵をけん制するのに適しています。

 

撃ち落とそうと思えばいつでも撃ち落とせる爆撃機を、敵国周辺で飛ばし、「撃ち落としてみろ、撃ち落とせば宣戦布告だ」という敵に対する挑発と侮辱を与えます。

 

戦術的利用以外に、政治的な戦略としても利用しやすい爆撃機というわけです。

 

最新のB52は現代戦に適応するようアップグレードされています。

 

電子機器、通信設備、コンピュータ、アビオニクス、データリンク通信を一新し、現代の軍事ネットワークに組み込まれています。

 

また、エンジンは、燃費が良く出力が高いものに換装予定です。

 

超音速短距離核ミサイルを回転式発射装置に装備し、核ミサイルを連続発射できます。

 

さらに、味方の戦闘機のレーダーを利用し、空対空ミサイルの発射プラットホームとして機能するよう、データリンクされています。

 

B52はオーソドックスな形の爆撃機ですが、離着陸は奇抜です。

 

離陸は機種をほぼ上げず、水平を保ったまま行います。

 

着陸は、一般的な旅客機や戦闘機は後輪から着地するように機種を持ち上げながら着陸します。

 

一方B52は地面に突っ込むように侵入し、前輪後輪同時に着地させるという特殊な方法をとっています。

 

そんな唯一無二の爆撃機は、延命改修を続けながら2050年まで運用を続けます。

 

B52は順次退役が始まる予定で、後継機はB21レイダーという、最新のステルス爆撃機に替わっていきます。



このエントリーをはてなブックマークに追加

【最新記事】


B52爆撃機 | 100年現役の巨大爆撃機の強さとは


日本のステルス戦闘機F35AとF35Bの違い


護衛艦 | 日本だけが持つ護衛艦の戦闘力


1991年まで戦った戦艦ミズーリの凄さとは


軍事記事すべて一覧>>


【空軍】


韓国と日本の空軍比較 | 韓国は強いのか


ロシアのMiG-35戦闘機とは | 最新・輸出用戦闘機なのか


F/A18ホーネット戦闘機の意外な強さとは


あまり知らないユーロファイタータイフーン戦闘機の強さとは


日本だけが配備する早期警戒管制機E-767の探知能力の凄さ


アメリカはなぜ弱い攻撃機A-29スーパートゥカーノを開発するのか


ブラックバードSR71はどれほど速いのか


爆撃機比較 | 最強のアメリカは揺るがないのか


軍用輸送機比較 | 世界一大きな輸送機は?


戦闘機のベストセラーF16はなぜ世界中で愛されるのか


40年間以上世界最強であり続けたF15戦闘機のすべて


ロシアのSu-57戦闘機は世界最強のF22を凌駕するのか


RQ-4グローバルホークと無人偵察機・攻撃機のすべて


MQ-25Aスティングレイ無人空中給油機のすべて


世界の水上飛行機 | US2とAG600の特徴と戦力


中国のステルス戦闘機J31のすべて


中国のステルス戦闘機J20のすべて


F2戦闘機のすべて | 船を沈める最強戦闘機


最強のオスプレイのすべて | V-22高速ヘリが注目される理由


世界最強のF22ラプターステルス戦闘機のすべて


UH-60ブラックホーク世界最強で謎のステルスヘリコプター


B-1B爆撃機のすべて | 高速性と搭載量が最強


SR72はマッハ6以上の最新無人偵察機(SR71ブラックバード後継機)


第六世代戦闘機|アメリカ、日本、ロシアの構想


航空自衛隊と中国空軍の徹底比較〜アメリカについていけるのか〜


最強のアメリカ軍だけが装備できるA10サンダーボルトとAC130


米軍最新ステルス爆撃機B21レイダーの強さと技術に迫る


世界で2番目に強いステルス戦闘機F35の最強バトル


米軍最新の空中給油機KC-46Aペガサスの凄さに迫る


【海軍】


世界の空母は32隻に | 空母の仕組みと離着陸や保有国


どのように潜水艦を撃沈するのか | 対潜戦の詳細


イギリスの空母クイーンエリザベスの戦闘力と詳細


韓国と日本の海軍比較 | 韓国は強いのか


日本がもつ空母のすべて | 世界に通用するのか


アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦のすべて


中国の空母と空母打撃群 | 世界第2位の軍事力


イージス艦とは | ハエ一匹入れない最強の盾の強さ


航続距離無限 | 原子力空母の驚異の実力と世界最強


1隻で国を亡ぼすコロンビア級オハイオ級潜水艦


世界最強のイージス艦タイコンデロガの強さに迫る


写真で見る最強の海軍とその軍事力は?アメリカ・中国・日本を比較


世界最強の潜水艦シーウルフはどれほど強いか


アメリカ空母と強襲揚陸艦に搭載される艦載機のすべて


世界の空母と空母打撃群を徹底比較・アメリカの次に最強は?


空母打撃群と遠征打撃群の違いと海兵隊最強の地位


空母維持費とジェラルド・R・フォード級空母のすべて


世界最強の米海軍の中でも中核を担う空母打撃群の戦闘力は?


ホバークラフトLCAC-1は最強の揚陸艦


中国軍の実力とは〜アメリカ、中国、日本の海軍力〜


通常動力で最強の潜水艦そうりゅうの実力と嘘と本当


アメリカ軍最新のLCSフリーダム・インディペンデンスは速すぎる!


ついに始動!ズムウォルト!アメリカ海軍最新、最強の駆逐艦


【陸軍】


水陸両用車のすべて | 日本も採用する最強の強襲部隊


日本独自の16式機動戦闘車 | 戦車に匹敵する戦闘力


10式戦車が強い理由 | 日本独自の主力戦車


防弾ガラスは13p大統領専用車を詳しく紹介


軍用車ハンヴィーHMMWVの後継車両JLTVとは


世界最強の戦車M1エイブラムスが強い理由とその伝説を紹介


【兵器】


恐ろしい未来の兵器と最新兵器


衛星攻撃兵器とは | 国家全体を無力化する最強兵器


弾道ミサイルとは | ICBMなどの威力と防ぐ方法


最強の大砲 | レールガンのすべて


マシンガンのすべて | 威力・連射速度・ランキングを解説


風圧で一帯を破壊する燃料気化爆弾サーモバリック爆弾とは


地中貫通爆弾バンカーバスターの破壊力とは


ミサイル防衛を持つのはアメリカだけ | 日本はミサイルを防げない?


アメリカ開発の命中率100%のスナイパーライフルとは


実用段階に入る最強のレーザー兵器のすべて


核ミサイル防衛の実態-日本は核を迎撃できるのか?


最強のミサイル・トマホークのすべて


たった1時間で地球の裏側までいつでも攻撃できるミサイルを開発中


最強の核兵器ツァーリボンバの脅威の威力とは


通常兵器で最強の爆弾といわれるMOABの威力とは


【全般】


インド軍の実力はどれほど強いのか


なぜ日本と中国の戦いは始まっているのか


最強の空母打撃群を撃沈する方法はあるのか


なぜアメリカは北朝鮮と戦争しないのか | 北朝鮮の軍事力


アメリカVS中国の戦闘シミュレーションでよくある間違いとは


核実験をどうやって見抜くのか?核実験の方法と種類


ロシア戦闘機を撃墜したトルコ軍の実力とは


ロシアが最新の長距離高速の核魚雷を開発?誤ってテレビで放送


【人気記事】


フッ素が入った紫のリステリンを通販してみた | お買い得


宅配弁当を実際に利用してみたランキング | 宅食4社徹底比較


パソコンの選び方 | 究極は2択のみ


タバコの匂いはいくら消臭しても臭い理由 | タバコの脱臭方法


旅行の予約はどこが最適か | 実際に利用し比較する

カテゴリ一覧













【新着記事】


ハワイでラインは使えるか | LINEの方法や注意点のすべて


ステーキのおいしい焼き方 | 柔らかくおいしくしかも安く


B52爆撃機 | 100年現役の巨大爆撃機の強さとは


日本のステルス戦闘機F35AとF35Bの違い


護衛艦 | 日本だけが持つ護衛艦の戦闘力


1991年まで戦った戦艦ミズーリの凄さとは


吸音材を壁に貼ったら部屋が静音した | 吸音材おすすめも


世界の空母は32隻に | 空母の仕組みと離着陸や保有国


糖尿病の食事である糖質制限は簡単か | 糖尿病レシピの実態


中国の元はどこで両替するのがベストか | 中国旅行の両替