絶対失敗しないSIMの選び方|UQmobileの実行速度は驚異的に速い

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

使えるSIM使えないSIM

SIM,比較
格安SIMが普及する中で、SIMを提供する会社が乱立している状況ですね。

 

よってSIM選びに迷い困る人が多いのではないでしょうか。

 

大手キャリアから格安SIMへ切り替える人にとって最も重要なのは、「今まで通り使えること」です。

 

この記事で言う使えるSIMとは今まで通り使えるSIM、使えないSIMは速度が遅くなったり繋がらないSIMのことです。

 

格安SIMの詳細から、失敗しないSIM選びについて詳しく紹介しましょう。

格安SIMとは

SIMと聞いてピンと来ない、あるいは難しそうと思う人が大半ですよね。

 

実はスマホを持っている人全員がSIMを持っているんです。 (ガラケーも同じ)

 

SIMとは加入者を識別するIDが記録されたカードのことです。以下の写真がSIMカード。
SIM,比較

 

SIMカードの番号と電話番号を結びつけることで初めて電話やインターネットにつなぐことができます。

 

ドコモやソフトバンク、auでスマホを購入する際に、登録手続きが必ず必要ですよね。

 

この登録手続きの一つに、SIM番号と電話番号を結びつける設定をしているのです。

 

 

では格安SIMとはどういうものでしょうか。

 

今までは、大手キャリアが販売したスマホに使えるSIMはそのメーカーが提供するSIMだけでした。

 

要するに、ドコモのスマホにはドコモのSIM、ソフトバンクのスマホにはソフトバンクのSIMしか使えないようにロックを掛けていました。

 

これをSIMロックといいます。

 

 

最近になって、このSIMロックを解除するよう義務化されました。

 

今まではドコモのスマホにはドコモのSIMしか使えなかったのですが、ほかの会社が提供するSIMをドコモのスマホに挿入しても使えるようになったのです。

格安SIMのメリットは?

現在、大手キャリア以外から販売されているSIMの多くを格安SIMと呼びます。

 

月額料金が安くなることで格安SIMと呼ばれているのです。

 

格安SIMのメリットは、その名の通り月額料金を大幅に安くできることですね。

 

 

格安SIMの相場は、月額通信量が3ギガバイトのプランで約1600円ほどになっています。

 

この料金、本当に安いですよね。

 

毎月のスマホ料金が5000円を超えている人がほとんどですよね。

 

私は毎月1万円前後払っていました。

 

 

格安SIMに切り替えることで、毎月の料金を安くできることが最大のメリットですね。

SIMをメーカーの公表値だけで選ぶと必ず失敗する理由

ではどうやってSIMを選べばよいのでしょうか。

 

最も一般的なのは、メーカーの公表値を比較して最も良い数値のSIMを選びがちですよね。

 

例えば、A社の最高速度が262.5Mbps B社の最高速度が100Mbpsで値段が同じだとすると、どうしてもA社を選びます。

 

 

これがSIM選びで最も多い失敗例です。

 

各社が公表している数値は、理論値であり、実際にネットにつなぐ時の実行速度ではないことはご存知ですよね。

 

格安SIMは、実際にネットにつなぐ時の速度の差が、メーカーによって幅が大きいのです。

 

 

例えば、某大手SIMは、最高速度は格安SIMトップクラスです。

 

しかし、12時から13時の間はほとんどネットにつながらなくなります。

 

お昼休憩の時間帯はアクセスが集中しやすく、回線が混むためです。

 

 

大手キャリアから格安SIMに切り替えて失敗したと思う瞬間は、アクセスが集中する時間帯のネット速度低下が最も多いのです。
 
要するに、格安SIMにしたら遅くなった、つながらなくなったということです。

 

 

ドコモやソフトバンク、auの大手キャリアは、アクセスが集中する時間帯でも快適にネットにつながるようになっています。

 

回線の容量に余裕を持たせているんですね。

 

 

よって、格安SIMに切り替える時に最も重要なのは、単なる比較サイトで数値を比較するのではなく、

 

常にサクサクネットに繋がるSIMを選ぶことです。

筆者の経験からおすすめできる格安SIMは1社だけ

私は大手キャリアから様々なSIMに切り替えて実際の速度を試してみました。

 

その結果、ダントツで快適にネットサーフィンできたのはUQモバイルでした。

 

私の感覚ではUQモバイルだけが他の大手キャリアと同じようにネットを楽しむことができました。

 

それ以外のSIMはアクセスが集中する時間帯に速度が遅くなります。

 

中には全く繋がらなくなるSIMもありました。

 

 

UQモバイルとはUQ WiMAXも提供するUQコミュニケーションズのサービスです。

 

UQコミュニケーションズはKDDIを筆頭株主とする大手情報・通信業の会社です。

 

モバイルWiMAX技術を使用した無線データ通信サービスの提供を事業内容としていて、通信の専門会社ですね。

 

 

通信専門というだけあって、通信の品質は非常に安定しています。

 

少なくとも、筆者の体験ではダントツの安定性であり、他の口コミを参考にしても圧倒的な評価の高さです。

 

詳しくはココを参考にしてみてくださいね。

 

UQモバイルはドコモやソフトバンク端末でも使えるのか?

UQモバイルのSIMは原則auの端末だけの対応となっています。

 

しかしこれはSIMロックを解除していないときの話であり、SIMロックを解除した端末であれば、ドコモの端末であってもUQモバイルを使うことも可能です。

 

要するに、SIMロックを解除する前は、

 

ドコモ端末にはドコモ系格安SIM、au端末にはau系格安SIMとなっていました。

 

なので、UQモバイルがいくら快適にネットに接続てきたとしても、ドコモのスマホを使っている人はUQモバイルのSIMを使うことができませんでした。

 

 

SIMロック解除によって、ドコモが販売した端末でもSIMロックを解除すればUQモバイルを使うことができるようになったのです。(ただし動作保証は自己責任

 

 

よって、UQモバイルのSIMをオススメできる人は次のような人です。

 

  • auのスマホを使っていて、月額料を安くしたい
  • ほかの大手キャリアスマホを使っていて月額料を安くしたい
  • ほかの格安SIMを使っているが、速度が遅い、つながらない

実際に各社SIMの実効速度を比較してみました

今回は価格.comのランキングを基に、皆に選ばれる人気のSIMの実際の速度を測ってみました

 

大手キャリアから格安SIMへの変更を想定し、「今まで通り使えるSIMはどれか」という観点で見てみましょう。

 

なので、今回測定するのは、1日の中で最も回線が混みあい、速度が遅くなりやすい12時から13時に測定しています。

 

できるだけ同じ条件で測定できるよう、同じ場所、同じ時間に測定しています。

 

同時に実効速度を測定できる場合には、できる限り同時に測定しているので、参考になると思います。

 

 

まずは基準となる速度としてドコモの実効速度を測っておきました。

 

これらのデータはすべて12時30分ちょうどに測定しています。

 

測定条件と速度の目安

測定条件は同一の場所、同一時間帯です。

 

曜日や場所、時間帯による誤差を少なくするために、同時に測定できるSIMは同時に測定しています。

 

速度の目安は、

 

10Mbps以上 youtubeの動画閲覧、ゲームのダウンロード、アプリ更新などが快適に行えます。

 

10Mbps未満 youtubeの動画は画質を落とせば問題なく見ることができます。比較的快適にネットを行うことができます。

 

1Mbps未満 動画は最低画質になるか、途切れ途切れになって見づらくなります。フェイスブックやインスタグラムなどの写真を読み込む速度が遅くなります。文字を中心としたホームページなら比較的早く読み込むことは出来ます。

 

0.1Mbps前後 動画は視聴できません。文字を中心とするホームページさえ読み込み速度が極端に遅くなります。画像を読み込まずエラーになることがあります。スマホでインターネットにつなげる気力がなくなる速度です。

 

ドコモの実効速度

1回目 20.41Mbps
2回目 24.44Mbps
3回目 31.11Mbps
4回目 18.41Mbps
5回目 19.98Mbps

 

ドコモを使っていてお昼に繋がりにくくなったという人はほとんどいないと思います。
よって、ご覧のデータが快適に使える速度として、mvno各社と比較比較していただきたいと思います。

 

楽天モバイルの実効速度

まずは人気ナンバー1の楽天モバイルを見てみましょう。
1回目 0.05Mbps
2回目 0.21Mbps
3回目 0.01Mbps
4回目 0.15Mbps
5回目 0.11Mbps

 

ネットサーフィンはほぼ不可能です。当然動画はつながりません。フェイスブックの更新もエラーが出たり、インスタグラムの写真が表示されるまで異常なほど時間がかかります。一般的なホームページは画像がエラーで読み込みません。クラウドにファイルを保存している場合、ファイル操作は不可能です。

 

価格.comで人気な理由は、楽天モバイルの資金力です。大規模な広告、そして楽天というブランドを活かして契約者を獲得しています。

 

しかし、実際に楽天モバイルに契約してネットにつないでみると、がっかりしてしまうかもしれません。アクセスが集中する時間帯は、ネットにつなげることは不可能といっても言い過ぎではないほど、速度が低下します。

 

ちなみに最近楽天モバイルのAPNが変更になり、通信環境の改善を行ったようですが、APN変更後もアクセス集中時間帯の速度は変わりませんでした。

 

楽天モバイルの詳細はココ

 

FREETELの実効速度

人気ナンバー2のFREETELです。
1回目 0.52Mbps
2回目 0.39Mbps
3回目 0.16Mbps
4回目 0.77Mbps
5回目 0.22Mbps

 

楽天モバイルに比べれば多少速度は速いようです。全く読み込まなくなることはなく、文字中心のホームページなら問題なさそうです。ただ、動画や写真が多いホームページは読み込みが異常に遅く、いらいらさせられます。大手キャリアからの乗り換えだと、確実にがっかりしてしまいます。

 

BIGLOBEの実効速度

人気ナンバー3のBIGLOBEの実効速度です。
1回目 0.02Mbps
2回目 0.11Mbps
3回目 0.13Mbps
4回目 0.09Mbps
5回目 0.19Mbps

 

BIGLOBEの詳細はココ

 

楽天モバイルとほぼ同様の結果。

 

mineoの実効速度

1回目 0.16Mbps
2回目 1.76Mbps
3回目 0.35Mbps
4回目 0.09Mbps
5回目 0.17Mbps

 

測定ごとにばらつきがあります。速いときと遅いときがありますが、今までと同様にネットサーフィンができるかといえば、まったくそうではありません。

 

mineoの詳細はココ

 

U-mobileの実効速度

1回目 0.09Mbps
2回目 0.11Mbps
3回目 0.05Mbps
4回目 0.03Mbps
5回目 0.10Mbps

 

>U-mobileの詳細はココ

 

OCN モバイルの実効速度

1回目 0.13Mbps
2回目 0.21Mbps
3回目 0.05Mbps
4回目 0.06Mbps
5回目 0.12Mbps

 

OCN モバイルの詳細はココ

 

NifMoの実効速度

1回目 0.21Mbps
2回目 0.22Mbps
3回目 0.04Mbps
4回目 0.10Mbps
5回目 0.11Mbps

 

NifMoの詳細はココ

 

Y!mobileの実効速度

1回目 2.79Mbps
2回目 0.98Mbps
3回目 10.66Mbps
4回目 7.74Mbps
5回目 1.67Mbps

 

Y!mobileの詳細はココ

 

UQ mobileの実効速度

1回目 22.10Mbps
2回目 13.79Mbps
3回目 16.77Mbps
4回目 20.39Mbps
5回目 23.22Mbps

 

UQ mobileの詳細はココ

 

このように各社比較してみるとUQ mobileがダントツですね。

 

なぜUQ mobileがここまで速いのかというと、やはりUQ mobileはUQコミュニケーションズのサービスであり通信を専門としている会社だけありますよね。

 

UQコミュニケーションで有名なWimaxは国も推進する通信方式となっていて、今後ますます普及していきます。

 

UQ mobileの実効速度が速いから、値段はどうなの?と思うかもしれませんが、他社のSIMとほぼ同額です。

 

現在格安SIMへの切り替えを検討している人にとって、はっきりいって選択肢はUQ mobileだけです。

 

別にUQ mobileからお金をもらっているわけではないですが、実際に様々なSIMを試してみてそう感じるのです。

 

 

現在auのスマホをお持ちの方なら、UQ mobileがそのまま使えます。もしソフトバンクやドコモのすまほなら、一度ショップに行ってSIMロックを解除してもらいましょう。

 

UQ mobileが動作保証をしているのはau端末だけですが、他社スマホでもSIMロックを解除すれば使えました。

 

 

現在、格安SIMは普及が始まったばかりなので、各社乱立している状況です。

 

ただ、実効速度に明確な優劣があり、現状UQ mobileがダントツで優れています。

 

UQ mobileとそれ以外のSIMで二極化している状況ですね。

 

 

スマホの月額料を抑えるなら格安SIMを間違いなくお勧めします。

 

そして、格安SIMならUQ mobileの一択であることも併せておすすめします。

 

UQ mobileの詳細はココ

まとめ

以上をまとめると、格安SIMはネット上の単なる比較表だけで選ぶと必ず失敗するということです。

 

その失敗の内容は、アクセス混雑時間帯にネットが遅くなったり、ネットにつながらなくなったりすることです。

 

大手キャリアから月額料金を節約する目的で格安SIMに切り替える場合、アクセスが集中する時間帯にも快適にネットにつながることが重要です。

 

アクセスが集中する時間帯に快適にネットにつながるのは、口コミや筆者の体験から大手キャリアと、格安SIMではUQモバイルだけでした。

 

現在auの端末を持っている人なら、そのままUQモバイルのSIMが使えます。

 

現在ドコモやソフトバンクの端末を持っている人は、SIMロックを解除すればUQモバイルのSIMが使えますが、動作は保証されていません。

 

 

やはり圧倒的におすすめできるのはUQモバイルのSIMでした。
詳しくはココを参考にしてみてくださいね。

 

 

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加