ラーメン腹痛の原因〜かんすいを摂取しなければOK〜

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

ラーメンでおなかが痛くなる理由

ラーメン,腹痛
ラーメンを食べると必ずおなかが痛くなる人、心当たりありますよね。

 

実は、私もその一人。ラーメンを1日3度食べても飽きないほどラーメン好きなのですが、どうもおなかとの相性は良くないみたいです。

 

お昼にラーメンを食べると、驚くほどの腹痛が寝る前頃にやってきます。はじめは、こってりスープが原因だと思っていましたが、あっさりラーメンを食べてもおなかが痛くなるんです。

 

では、ラーメンで腹痛になる原因は何でしょうか? そして最後に腹痛の対策についてまとめました。

 

じつは、ラーメンの麺に含まれるかんすいという成分が腹痛に関係しているのです。

かんすいとは

 

かんすいとは、主に麺のコシを出すために使われる添加物で、アルカリ性の溶剤です。

 

実は、麺の主成分である小麦は捏ねることでコシを出すのですが、アルカリ溶剤を加えることでさらにしっかりとしたコシを生み出すことができます。硬めの麺が好まれるようになり、かんすいの使用量も増えているといわれています。

 

ちなみにかんすいは漢字で?水、鹹水、乾水、漢水、鹸水などと書きます。

 

かんすいが含まれる麺を食べると、胃酸でも中和しきれなかったアルカリが腸をを刺激して腹痛を引き起こすのです。

 

 

かんすいが入った麺はしっかりと茹でるほどかんすいが抜けていきます。なので、硬めにゆで上げるほどかんすいが残り、おなかが痛くなります。実際に有名な豚骨ラーメンのお店で、麺の茹で加減でその後の腹痛が起こるかどうか比べてみました。

 

 

ばりかた:替え玉を頼んで満腹に。案の定、その晩信じられないほどの腹痛、激痛になりました。
やわらかめ:まったく腹痛は起こりませんでした。
ちなみに某有名店のこってりラーメンのスープだけ:腹痛になりませんでした。

 

 

かんすいを知るまで、筆者は腹痛の原因がスープにあると思っていました。こってりが好きな筆者は、腹痛なんて関係ないぞと、ラーメンのおいしさを味わっていました。しかし、実際にはスープで腹痛は起こらなかったため、かんすいをうまく減らせば後悔しないことがわかりました。

 

 

よって、ラーメンでおなかが痛くなって困るという方は、こってりスープもどうぞ飲み干してください。たくさん食べてください。ただし、「麺硬めでお願いします」はやめておきましょう。

 

 

ちなみに、うどんに関しても、かんすいで無理やりコシをだしているものはおなかが痛くなります。硬めのうどんや、味噌煮込みうどんなど、うどんの芯を残して味わう料理には、こねてコシを出した本物のうどんを食べることをおすすめします。

 

ラーメンでお腹が痛くなった時の対処法と予防法

ではラーメンで腹痛が起こったときにできる対処法と予防法はあるのでしょうか。

 

ラーメンで発生する腹痛の原因別にみてみましょう。

 

かんすいが原因の時

かんすいは強いアルカリ性です。特に固めんを食べた時に、麺の芯に火が十分に入っていないときに腸を刺激します。

 

かんすいによる腹痛の特徴は脂汗がでる激痛です。しかし、出してしまえば治まります。

 

よって、予防するには柔らかめにするのが良いでしょう。しかし、どうしても固めんが食べたいとい時には以下の方法を試してみてください。

 

かんすいのアルカリを中和するために、胃酸をたくさん分泌させれば腹痛が軽減されます。

 

胃酸を分泌しやすい食べ物は酢やオレンジジュースなどの柑橘系または香辛料など刺激が強いもの、紅茶/コーヒー/緑茶などのカフェインを含むものです。

 

ラーメン店にお酢が置いてある店がありますが、お酢を入れるのも効果的ですね。

 

また、ラーメンを食べる時には緑茶、そして食後にコーヒーを飲むのが良いでしょう。

 

ほかに、腸の環境を整えることも重要です。

 

かんすいをたべて腹痛になる人とならない人がいるのは、腸内環境の違いが影響しています。

 

普段から腸内の環境が良く保たれている人は腹痛になりにくい傾向にあります。

 

腸内環境を整えるには乳酸菌とオリゴ糖を摂取することが効果的です。

 

また、腸内細菌に注目した日本全国で話題のソフトカプセルが最もおすすめです。

 

こってりスープが原因の時

こちらも基本的にはかんすいのケースと同じく、腸内環境が重要です。

 

腸壁が荒れた状態で油分が多い状態になると、腸を刺激し腹痛が起こります。

 

また、脂分は胆汁によって分解されるため、胆汁の分泌を促進すればこってりラーメンの消化が良くなります。

 

胆汁分泌を促進する食材はウコンが有名で、中でも白い秋ウコンは有名な某ドリンクの数倍といわれていて、かなりおすすめです。

 

激辛スープが原因の時

これは唐辛子のカプサイシンが腸壁を刺激して腹痛が起こります。カプサイシンの辛味は痛みと同じですが、痛みのように組織を損傷することはありません。

 

カプサイシンが排出されれば腹痛が治まりますが、できれば予防したいですね。

 

そもそもカプサイシンは腸壁に触れることで腸内が刺激されて腹痛になるので、腸粘膜を整えることで腹痛が起こりにくくなります。

 

 

以上をまとめると、ラーメンの腹痛の原因はかんすいをはじめとして、こってりスープや唐辛子にあるのですが、すべて腸内環境を整えれば腹痛が起こりにくくなります。

 

ラーメンを食べて腹痛になりやすい人は、腸内環境が乱れているかもしれません。

 

普段から下痢や便秘になりやすい体質ではないですか??

 

乳酸菌やサプリなどで腸内環境を整えて、おいしいラーメンを好きなだけ食べましょう。

 

腸内環境を整えるサプリ厳選3種です。

 

筆者は一蘭のラーメンを完食すると、その日の晩はトイレで脂汗をかく重症でしたが、
サプリの組み合わせで、ラーメン後の腹痛とは無縁になりました。
というか、これ本当に効果ありです。

 

1位 ヨーグルトで粘膜保護、さらに天然乳酸菌が腸内環境と腸壁を整えかんすいの刺激から守るサプリ

 

2位 話題の白いウコンから抽出で胆汁を活発にしこってり油の消化吸収をよくするサプリ

 

3位 善玉菌の栄養を摂取し腸内環境を整えラーメン刺激から守るサプリ

 

 



follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加