興味

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

五右衛門もびっくり!切れ味抜群の日本刀

まずは下の動画をご覧いただこう。

 

日本刀の驚くべき切れ味。すごい。。。。。。

 

ルパン三世やるろうに剣心でおなじみの日本刀。

 

なんでもスパッときっちゃう爽快そのもの!って感じですよね。

 

るろうに剣心では、剣心は逆刃刀を振っていましたが志々雄をはじめ、他のキャラクターは真剣を振っていました。敵の剣を食らってさすがの剣心も何度か切り傷を作っていました。一方、敵は剣心の刀をもろに食らってますが、もしあれが真剣だったら真っ二つですね!

ルパン三世の斬鉄剣は切れないものが無い、無敵の剣で鉄であろうが車であろうが真っ二つにしていました。

 

日本刀の切れ味ってとても興味があるものの試す機会がないのでイメージできないですよね。実は斬鉄剣はあながち嘘ではないんですよ。こちらの動画もご覧ください。

 

さすがに真っ二つとまではいきませんが、鉄の鎧を貫通しています。たとえ鉄の鎧をまとっていても、もろに食らえば致命傷になりうる、それが日本刀の切れ味なのですね。もし鎧をつけていなかったら恐ろしい事態になっています。

 

実際に日本や海外で発生した日本刀を使った事件からもその切れ味がわかります。日本では、日本刀を振りかざす人に腕を切断されたという事件がありました。また、海外では、就寝中に夫婦が4人組の強盗に襲われましたが、襲われた夫が日本刀で強盗に反撃しました。強盗は日本刀を食らい、見るに堪えない状態になった事件がありました。(検索すると画像が見れますが見ないことをおすすめします。。。。。)

 

 

日本刀の切れ味の秘密は反りと鎬造(しのぎづくり)ですね。刃を外周として弧状に反らし、さらに強度を損なわないように注意深く肉をそぎ落とし、軽く、振り回しやすく、機動性とスピードを持って驚異的な切れ味を実現しています。

 

 

日本刀の切れ味をトリビアの泉で実験してました

 

その内容がこちら

 

日本刀VS拳銃
刀身に向けて垂直に弾丸を撃ち込む実験。弾丸は両断され、全く刃こぼれしなかった。弾丸「.45ACP弾」は鉛のみで銅による被甲(ジャケット)も施されておらず、日本刀の鋼に対して「軟らかい」素材であった。

 

日本刀とウォータージェット
刀身に向けて、垂直にウォータージェットを噴射する実験。キズ一つ無く、通過したが同じ条件で包丁は両断された。

 

日本刀とマシンガン
拳銃と同じ角度からブローニングM2重機関銃を使用して、12.7x99mm NATO弾(対機械車両用の大口径弾)を100発撃ち込み、何発まで耐えられるかという実験。6発の銃弾を切断するも、弾丸が当たるにつれ刃こぼれが深くなり、7発目で耐え切れずに折れる。安全のため後ろに置かれていたコンクリートの壁は粉砕された。使用された弾丸は対戦車ライフル(対物ライフル)などに使われるもので、弾丸の持つエネルギー量は前述の拳銃弾である.45ACP弾の30倍、一般的なマシンガンの弾丸(5.56mm NATO弾)に対してさえ7.5倍を超える、極めて高威力の弾丸であった。

 

 

 

日本刀を使えば、硬い竹もこんな感じて簡単にスパスパ切れちゃいます。

人間の腕が切断されてしまう理由がわかりますね、、、、
たぶん、あまり力を入れずに振っただけで抵抗なく切り落としてしまうんじゃないでしょうか。

 

 

日本刀の切れ味が凄すぎる理由の一つに、作り方に秘密がありました。

 

日本刀は次の手順で作られます。

 

卸し鉄(おろしがね)
水挫し(水減し/みずへし)
小割り(こわり)
テコ棒とテコ台を作る
積み重ね
積み沸かし(つみわかし)
鍛錬(たんれん)
下鍛え
上げ鍛え(あげきたえ)
芯鉄を鍛える
造り込み
素延べ(すのべ)
火造り
切先つくり
焼き入れ
合い取り

鍛冶研ぎ
茎仕立てと銘切り

 

強くしなやかで曲がらない日本刀を作るために、厳選された材料を使います。板状の鉄を重ねてはたたき、重ねてはたたいて層を作ることでさらに強度が高まり、形になった日本刀に焼きを入れることで、粘りと硬さのバランスが絶妙になるように仕上げてあるのです。

 

 

日本刀の切れ味は世界一といってもいいほど鋭く、そして耐久性も抜群な刀です。
間違っても試し切りしようなんて思わないでくださいね!

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加