ビットコインが高騰!大企業を超える規模に

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

ビットコイン高騰から読み解く

ビットコイン,高騰
最も古く、最も使われ、最も規模が大きな仮想通貨ビットコイン。

 

仮想通貨8兆円市場のうち、約半分の3.5兆円の市場を形成しています。

 

なぜビットコインがここまで注目されるのか。

 

価格上昇の理由やメカニズム、投機的な動きなど詳しく紹介します。

実は価格が安定しているビットコイン

仮想通貨の危険性や価格変動の大きさが問題視されがちですが、実はビットコインは意外に安定しています。

 

これはビットコインが取引所に上場されてからの価格推移です。
ビットコイン,高騰

 

変動の大きさは個人の主観があるので一概に言えませんが、実態のない通貨と考えればかなり価格は安定しています。

 

しかも、ほぼ、右肩上がりに上昇していますね。

 

市場規模4兆円といえば、日本の大企業を超える規模です。

 

よって、大企業の株価と同じように、これだけ巨大な規模になると、価格は安定してきます。

 

また、仮想通貨へマネーが流れることで、今後も市場は大きくなっていくことが予想されます。

 

 

では、ビットコインの購入は、投資なのか投機なのでしょうか。

 

投資に比べ、投機はギャンブル要素が強いといわれています。

 

しかし、投資も投機も明確な区別は出来ません。

 

企業買収は明確な事業戦略を考えて行われるため、投資といわれますが、結局最後の決断はギャンブルです。

 

株への投資も同じです。

 

最終的には、上がるだろうと予想して大金を株に注ぐのです。

 

 

投資と投機をあえて区別するなら、感情が冷静かそうでないかの違いではないでしょうか。

 

現在、リップルが50倍を超える高騰になっています。

 

リップルにお金を出し、チャットに書き込む人達は、リップルの高騰を狙っており、冷静さに欠いています。

 

この人たちは、ギャンブルと同じ気持ちでお金を出しており、まさに投機です。

 

 

一方、冷静に、今後のリップルの価格を予想し、適切なマネーを投下できる人もいます。

 

そういう人たちはチャットや掲示板に投稿などしません。

 

投資金額も大きく、たとえリップルが半額になろうと、冷静に投資割合を変化させます。

 

よって、ビットコインへお金を出すことが、投機と投資で区別されるものではなく、そのひとの感情が投機と投資を区別するものです。

ビットコインの今後

ビットコインはまだまだ市場規模が小さすぎます。

 

世界中のマネーを集めてもたったの4兆円です。

 

ビルゲイツやウォーレンバフェットなら、ビットコインを買収できてしまいます。

 

 

ビットコインを知っている人より、知らない人の方が多いです。

 

ビットコインを知っている人の中で、ビットコインに魅力を感じる人より、そうでない人の方が多いです。

 

有名な理論で言えば、新しいものに飛びつく15%の人たちで今の市場が形成されています。

 

 

15%を超えるのが、最も難しいのですが、この伸びから行けば、近いうちに壁を突破する可能性は高いでしょう。

 

 

<<私もコインチェックに登録>>
ビットコイン,高騰


  • 円で直接多種類の仮想通貨に投資
  • ビットコイン以外のコインも直接送金
  • 決済シェア99.9%
  • 日本初!ビットコイン定期預金も
  • スマホだけで登録完結
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加