ミサイル防衛を持つのはアメリカだけ | 日本はミサイルを防げない?

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

日本はミサイルを防げないは嘘

ミサイル防衛
隣国によるミサイル攻撃の脅威が増す中、日本のミサイル防衛能力について様々な視点から語られています。

 

結論から述べれば、「日本はミサイルを防衛する能力持っており、ミサイル攻撃により国益の損失を最小限に食い止めることができる。ミサイル攻撃を防ぐことは可能である」の一言で結論付けられます。

 

この一文には深い意味があり、その意味を含め、日本のミサイル防衛の実態について詳細にお伝えします。

ミサイル防衛の本質

ミサイル防衛の効果について様々な意見があります。

 

迎撃ミサイルの命中率を議論したり、敵国ミサイルの数と迎撃ミサイルの数の差から、すべて防ぐことは不可能でミサイル防衛は無意味と議論されたりします。

 

実はこれはミサイル防衛の本質ではありません。

 

ミサイル防衛はすべてのミサイルを防ぐために導入するのではありませんん。ミサイル防衛には大きく二つの意味があります。

 

一つは、敵国にミサイル攻撃をあきらめさせる手段です。

 

核ミサイルの攻撃を行う敵国にとって、第一波攻撃、かつ先制攻撃が重要です。

 

ミサイル攻撃によって都市機能をマヒさせ、核による報復を防止することで、一方的な勝利を実現します。

 

しかし、もし敵国にミサイル防衛がある場合、そう簡単ではありません。

 

第一波攻撃を迎撃されれば、次に待っているのは敵国からの核ミサイルの嵐です。よって、第一波攻撃の失敗は自国の消滅、敗北を意味します。

 

それほどミサイル攻撃は先制攻撃が重要であり、その先制攻撃を崩すのがミサイル防衛というわけです。

 

よって、ミサイル防衛システムは、敵の核ミサイルの数だけそろえる必要がなく、報復能力を十分に温存できるほど防衛できれば、機能しているということになります。

 

 

ミサイル防衛の2つ目の本質は、経済戦争にあります。

 

ミサイル防衛が整った国を攻撃する場合、ミサイル防衛を回避する技術や、迎撃ミサイルの数を上回る核ミサイルを開発しなくてはいけません。

 

それには、莫大なコストと技術が必要であり、敵国の経済力が高ければ高いほど、労力とコストが必要です。

 

現在、アメリカは世界最強のミサイル防衛システムを構築しており、アメリカのミサイル防衛を突破させる作戦を講じるには、かなりの経済負担が必要です。

 

この経済を負担と、国を発展させるためにつかう予算を天秤にかけさせ、核開発をあきらめさせるというのが、ミサイル防衛の2つの本質であり、アメリカの方針でもあります。

 

 

よって、ミサイル防衛によってすべてのミサイルを防げないから無意味だという意見は、まったくもってナンセンスな意見であるということです。

 

では、日本のミサイル防衛能力はどれほどで、また、隣国のミサイル攻撃を防ぐことができるのでしょうか。

ミサイル防衛システムを持つのはアメリカだけ

意外に知られていない事実として、ミサイル防衛システムを持つのはアメリカだけです。

 

日本はミサイル防衛システムを持っていません。

 

どういうことでしょうか。

 

核ミサイル防衛の実態-日本は核を迎撃できるのか?で紹介している通り、ミサイル防衛システムは、単なるイージス艦やPAC3などの機材やミサイルのことではありません。

 

一つのシステムです。

 

ミサイルは発射から着弾まで僅か数分から十数分というのはご存知の通りで、この僅かな時間でミサイル発射の探知、追尾、迎撃を行う必要があります。

 

よって、ミサイル防衛は全自動されたシステムとして運用することが必須です。

 

もし、人の手を介在する場合、ミサイル探知をレーダー部隊に報告し、ミサイルの位置を捜索。ミサイルの弾道を計算し迎撃部隊に報告。迎撃部隊がミサイルを迎撃なんてルートをとっていたら、迎撃する前に核ミサイルはすでに着弾してしまいます。

 

ミサイル防衛システムをわかりやすく言えば、世界中のミサイルを探知できるセンサー、ミサイルの弾道を追跡できるセンサー、発射の探知とミサイルの軌道を割り出すコンピュータ、ミサイル迎撃のためのセンサー、ミサイル迎撃を実行するための機材をすべて一つのシステムとして運用します。

 

要するに、パソコン画面一つで敵のミサイル発射から迎撃までを把握できるシステムのようなものです。

 

 

もう少し詳しく見てみましょう。

 

日本は現在、ミサイルを迎撃するために、イージス艦を導入しています。

 

イージス艦には、ミサイルを追跡できる最強のレーダーを搭載していますが、ミサイルの発射を探知することはできません。

 

イージス艦のレーダーは500q以上先の目標を補足できますが、レーダーの水平線は僅か十数キロです。

 

レーダーは直進しかせず、地球は丸いため、地上もしくは低空にあるミサイルを探知することはできません。

 

ミサイルがある程度の高度に達すればミサイルを探知可能ですが、発射してからしばらくの間は探知することができません。

 

また、ミサイル防衛と通常の防空任務ではイージスのシステムが変わります。

 

イージス艦が防空任務に就く際には、幅広くレーダーを活用する一方、探知距離は短くなります。

 

ミサイル防衛の任務の際には、レーダーを一極集中させ、超長距離まで探知を可能にしています。

 

なので、イージス艦単独では、ミサイルの探知はおろか、ミサイルを迎撃することは不可能です。

 

 

PAC3も同様です。

 

ミサイルの着弾地点や軌道が予測できなければ、射程僅か30〜50q程度のパトリオットでは迎撃することはできません。

 

よって、日本単独では、ミサイルの迎撃はおろか、ミサイル発射するら探知することは不可能なのです。

 

現状、日本のミサイル防衛は、アメリカのミサイル防衛システムの一部となっています。

 

アメリカは、ミサイルの発射を探知する衛星、軌道を追跡する衛星、その情報をリアルタイムで処理するコンピューター、そのコンピューターから迎撃命令を出し、イージス、PAC3、THAAD、GDIが対処する一つのシステムで運用しています。

 

日本は、そのシステムの中で、実際にミサイルを迎撃するイージス艦とPAC3のみを運用しているというのが現実なのです。

 

アメリカは、日本以外に韓国やヨーロッパをシステムに参加させており、イージスやミサイル迎撃機材を売却・提供しているのです。

 

 

北朝鮮によるミサイル発射の情報が、韓国から流れてくることがあります。

 

あれは、アメリカが発射を探知し、リアルタイムに韓国軍がアメリカから導入したミサイル迎撃機材に情報を送信しています。

 

その情報を韓国が情報発信しているのであり、実態はアメリカが持つミサイル防衛システムから得られた情報の一部というわけです。

 

ミサイル防衛システムはアメリカのものであり、システムは最高の軍事機密となっています。

 

よって、ミサイルに関する情報は、アメリカの判断で自由にコントロールできます。

 

アメリカが持つ莫大な情報の一部を、日本や韓国が受け取り、さらにそのごくわずかな情報をマスコミが手に入れて報道しているのに過ぎません。

 

 

結論を言えば、現在ミサイル防衛システムを運用しているのはアメリカだけであり、アメリカの同盟国は、そのシステムの一部としての役割を担っていることにすぎません。

 

ただ、アメリカのミサイル防衛システムは確実に隣国にプレッシャーをかけており、ミサイル発射を躊躇させるのに十分な機能を果たしています。

 

ミサイル防衛は無意味だということは事実と異なり、十分に機能を果たしており、一方で、日本がミサイルを迎撃できるかどうかというのは、アメリカのコントロール下にあるということです。



【関連記事】


F2戦闘機のすべて | 船を沈める最強戦闘機


●軍事関連記事のすべて一覧


最強のオスプレイのすべて | V-22高速ヘリが注目される理由


風圧で一帯を破壊する燃料気化爆弾サーモバリック爆弾とは


地中貫通爆弾バンカーバスターの破壊力とは


イージス艦とは | ハエ一匹入れない最強の盾の強さ


ミサイル防衛を持つのはアメリカだけ | 日本はミサイルを防げない?


なぜアメリカは北朝鮮と戦争しないのか | 北朝鮮の軍事力


航続距離無限 | 原子力空母の驚異の実力と世界最強


UH-60ブラックホーク世界最強で謎のステルスヘリコプター


世界最強のF22ラプターステルス戦闘機のすべて


1隻で国を亡ぼすコロンビア級オハイオ級潜水艦


B-1B爆撃機のすべて | 高速性と搭載量が最強


アメリカ開発の命中率100%のスナイパーライフルとは


SR72はマッハ6以上の最新無人偵察機(SR71ブラックバード後継機)


実用段階に入る最強のレーザー兵器のすべて


写真で見る最強の海軍とその軍事力は?アメリカ・中国・日本を比較


第六世代戦闘機|アメリカ、日本、ロシアの構想


世界最強のイージス艦タイコンデロガの強さに迫る


核ミサイル防衛の実態-日本は核を迎撃できるのか?


世界最強の潜水艦シーウルフはどれほど強いか


アメリカ空母と強襲揚陸艦に搭載される艦載機のすべて


世界の空母と空母打撃群を徹底比較・アメリカの次に最強は?


空母打撃群と遠征打撃群の違いと海兵隊最強の地位


空母維持費とジェラルド・R・フォード級空母のすべて


世界最強の米海軍の中でも中核を担う空母打撃群の戦闘力は?


最強のミサイル・トマホークのすべて


たった1時間で地球の裏側までいつでも攻撃できるミサイルを開発中


ホバークラフトLCAC-1は最強の揚陸艦


アメリカVS中国の戦闘シミュレーションでよくある間違いとは


航空自衛隊と中国空軍の徹底比較〜アメリカについていけるのか〜


世界で2番目に強いステルス戦闘機F35の最強バトル


中国軍の実力とは〜アメリカ、中国、日本の海軍力〜


通常動力で最強の潜水艦そうりゅうの実力と嘘と本当


米軍最新の空中給油機KC-46Aペガサスの凄さに迫る


世界最強の戦車M1エイブラムスが強い理由とその伝説を紹介


最強のアメリカ軍だけが装備できるA10サンダーボルトとAC130


米軍最新ステルス爆撃機B21レイダーの強さと技術に迫る


核実験をどうやって見抜くのか?核実験の方法と種類


最強の核兵器ツァーリボンバの脅威の威力とは


アメリカ軍最新のLCSフリーダム・インディペンデンスは速すぎる!


通常兵器で最強の爆弾といわれるMOABの威力とは


ついに始動!ズムウォルト!アメリカ海軍最新、最強の駆逐艦


ロシア戦闘機を撃墜したトルコ軍の実力とは


ロシアが最新の長距離高速の核魚雷を開発?誤ってテレビで放送


究極においしいコーヒーの入れ方〜永久保存版〜


最新仮想通貨情報

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加