空母打撃群と遠征打撃群の違いと海兵隊最強の地位

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

遠征打撃群とは

遠征打撃群
アメリカ軍最強の集団は空母打撃群であることは言うまでもありません。

 

しかし、アメリカには空母打撃群以外に遠征打撃群と呼ばれる揚陸の最強部隊を持っています。

 

遠征打撃群の力と、そもそも遠征打撃群とは何かを詳しく紹介しましょう。

空母打撃群との違い

空母打撃群は、空母を中核として、護衛艦隊として、ミサイル巡洋艦1隻、ミサイル駆逐艦2隻、攻撃型原子力潜水艦1隻、補給艦1隻からなる最強の集団です。

 

遠征打撃群は空母打撃群と似ており、揚陸艦3隻、ミサイル巡洋艦1隻、ミサイル駆逐艦2隻、潜水艦1隻からなる最強の揚陸部隊です。

 

最も大きな違いは、所属です。

 

空母打撃群はアメリカ海軍が保有していますが、遠征打撃群はアメリカ海兵隊が保有しています。

 

空母打撃群の目的は、敵国周辺の制空権と制海権の確保であり、開戦初期や政治的圧力をかけるのに適した部隊です。

 

機動力の高い戦闘機や、情報収集能力に長けた哨戒機、そして最強の防空艦を護衛に付けて、地上へはトマホークで火力を投射します。

 

 

北朝鮮や中東で政治的ないざこざがあったときに、よくニュースでは威嚇のために空母打撃軍を派遣と報道されます。

 

空母打撃群の戦闘力は1つの集団で中小国の軍事力に匹敵するため、敵国との緊張が高まります。

 

空母を派遣といっても、ただ空母を近くに移動させるだけではありません。

 

哨戒機を飛ばし、戦闘機を領空近くに派遣したり、敵国からスクランブルしてきた戦闘機を挑発します。

 

空母派遣は、単なるお飾りではなく、いつでも実戦に持ち込める体制をとっているので、派遣された周辺の国に緊張が高まるのです。

 

 

しかし、空母打撃群にも弱点があります。

 

それは、上陸部隊が存在しないことです。

 

空母の目的は制空権と制海権の確保であり、目的が達成されればミサイルなどで地上を攻撃する程度です。

 

 

その穴を埋めるのが遠征打撃群です。

 

遠征打撃群の中核は強襲揚陸艦であり、ワスプ級、アメリカ級があります。

 

強襲揚陸艦は、空母打撃群で言うと空母にあたり、打撃群集団の司令塔です。

 

強襲揚陸艦はワシントンと直接つながっており、ワシントンの決定で即座に行動することができます。

 

強襲揚陸艦にはハリアーと呼ばれる、垂直に離着陸できる戦闘機や、ヘリコプターを多数搭載し、揚陸する海兵隊を後方支援する役割を持っています。

 

ハリアーは制空戦闘機と比較すると、戦闘力は劣りますが、中小国の戦闘機なら互角に戦える能力があります。

 

このハリアーが近々すべて最新のステルス戦闘機F35に更新されます。

 

F35は世界で2番目に強い制空戦闘機で、遠征打撃群が空母打撃群並みの戦闘力を持つことになります。
遠征打撃群

※quotationWikipedia

 

ドック型輸送揚陸艦は、海兵隊の人員や、食料、武器、弾薬を揚陸させる能力を持っています。
遠征打撃群

※quotationWikipedia

 

揚陸艦も同様に、海兵隊や人員、戦闘車両などを積み込み揚陸できるようになっています。
遠征打撃群

※quotationWikipedia

 

 

このように、遠征打撃群は主に揚陸を主目的にしています。

 

空から攻撃するだけでなく、実際に上陸部隊が実効支配することが可能になります。

 

海兵隊は性質上、戦争初期、敵のパワーが十分に温存されている時期に投入されます。

 

よって、海兵隊員はエリート集団であり、陸軍の派遣前に敵の重要拠点を無力化することが任務になります。

 

 

空母打撃群は空から地上を叩くだけですが、遠征打撃群は実効支配が可能になります。

 

兵士が敵地に上陸し、敵のトップの首を取りに行くわけです。

 

よって、空母打撃群は政治の交渉カードとして使われるのに対し、遠征打撃群はより戦術的な集団であるということです。

一時は消滅しかけた海兵隊

遠征打撃群
実は、アメリカ軍の中で、海兵隊は一時存続が危ぶまれた組織でした。

 

空は空軍、海は海軍、陸は陸軍が圧倒的に権力を持っており、海兵隊の権力は非常に弱いものでした。

 

この権力を他の組織と同等にまで引き上げたのが遠征打撃群という訳です。

 

遠征打撃群は1つの集団で陸海空のすべてに力を発揮できます。

 

集団となって移動することで、あらゆる不測の事態に即座に対応できることから、アメリカ軍全体の中でも、最も重要な組織の一つになったのです。

 

さらに、今後、遠征打撃群にはステルス戦闘機が搭載され、海兵隊全体で400機以上のF35を導入します。

 

F35は、先進国の制空戦闘機を圧倒する戦闘力を備えており、空母打撃群並みのパワーを持つことになり、最強の揚陸集団と制空集団にも成り得るでしょう。

 

現在、アメリカ軍は遠征打撃群を10個保有しています。

 

30日以内に6個、90日以内に8個の打撃群が戦地に派遣できる体制になっています。

 

同時に、アメリカは空母打撃群を11個持っており、トランプ大統領はさらに2つの打撃群の追加を検討しています。

 

 

日本を始め、ロシア、中国、ヨーロッパなど、先進国の軍事力は相当なものですが、アメリカは世界中を力でコントロールできるパワーを持っています。

 

政治交渉のカードとして軍事力は重要な役割を持っており、世界中のどこで問題が起こったとしても、即座に対応できるのはアメリカ軍だけです。







【関連記事】


1隻で国を亡ぼすコロンビア級オハイオ級潜水艦


軍事関連記事のすべて一覧


B-1B爆撃機のすべて | 高速性と搭載量が最強


アメリカ開発の命中率100%のスナイパーライフルとは


SR72はマッハ6以上の最新無人偵察機(SR71ブラックバード後継機)


実用段階に入る最強のレーザー兵器のすべて


写真で見る最強の海軍とその軍事力は?アメリカ・中国・日本を比較


第六世代戦闘機|アメリカ、日本、ロシアの構想


世界最強のイージス艦タイコンデロガの強さに迫る


核ミサイル防衛の実態-日本は核を迎撃できるのか?


世界最強の潜水艦シーウルフはどれほど強いか


アメリカ空母と強襲揚陸艦に搭載される艦載機のすべて


世界の空母と空母打撃群を徹底比較・アメリカの次に最強は?


空母打撃群と遠征打撃群の違いと海兵隊最強の地位


空母維持費とジェラルド・R・フォード級空母のすべて


世界最強の米海軍の中でも中核を担う空母打撃群の戦闘力は?


最強のミサイル・トマホークのすべて


たった1時間で地球の裏側までいつでも攻撃できるミサイルを開発中


ホバークラフトLCAC-1は最強の揚陸艦


アメリカVS中国の戦闘シミュレーションでよくある間違いとは


航空自衛隊と中国空軍の徹底比較〜アメリカについていけるのか〜


世界で2番目に強いステルス戦闘機F35の最強バトル


中国軍の実力とは〜アメリカ、中国、日本の海軍力〜


通常動力で最強の潜水艦そうりゅうの実力と嘘と本当


米軍最新の空中給油機KC-46Aペガサスの凄さに迫る


世界最強の戦車M1エイブラムスが強い理由とその伝説を紹介


最強のアメリカ軍だけが装備できるA10サンダーボルトとAC130


米軍最新ステルス爆撃機B21レイダーの強さと技術に迫る


核実験をどうやって見抜くのか?核実験の方法と種類


最強の核兵器ツァーリボンバの脅威の威力とは


アメリカ軍最新のLCSフリーダム・インディペンデンスは速すぎる!


通常兵器で最強の爆弾といわれるMOABの威力とは


ついに始動!ズムウォルト!アメリカ海軍最新、最強の駆逐艦


ロシア戦闘機を撃墜したトルコ軍の実力とは


ロシアが最新の長距離高速の核魚雷を開発?誤ってテレビで放送


究極においしいコーヒーの入れ方〜永久保存版〜


最新仮想通貨情報

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加