UH-60ブラックホーク世界最強で謎のステルスヘリコプター

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

世界最強

ブラックホーク,ヘリコプター

※quotationWikipedia

UH-60ブラックホークは、映画ブラックホーク・ダウンでも有名になった、世界最強のヘリコプターです。

 

ビンラディン暗殺では、謎のステルスヘリコプターにも改造されたヘリ、ブラックホークについて詳しく紹介します。

ブラックホーク

軍事用ヘリ、ブラックホークは、1979年にアメリカが開発、運用を開始した最新のヘリコプターです。

 

現在に至るまで様々な改良を加えられ、陸軍における最重要ユニットの一つとして運用されています。

 

ブラックホークの位置づけは、汎用へりとなっており、戦線における攻撃、輸送、救護、地雷設置など様々な任務をこなせるよう設計されています。

 

中でも最強のブラックホークはMH-60L Direct Action Penetrator(DAP)と呼ばれるアップグレードモデルで、特殊部隊が使用する攻撃、強襲専用のヘリです。

 

ブラックホークDAPはM230機関砲、ロケット弾、M134Dミニガンが搭載され、近づく敵を一掃します。

 

M230機関砲は30mm機関砲で、目標に付近で炸裂し、周囲の敵を叩きます。
ブラックホーク,ヘリコプター

※quotationWikipedia

射程は4500mにもなり、1秒間に10発もの砲弾を浴びせます。

 

同じ写真に写っているロケット弾は、Hydra70(ハイドラ70)と呼ばれるロケット弾で、誘導システムが付いた精密システムです。

 

ハイドラ70には、用途に合わせて様々なロケット弾を選択可能で、壁に隠れた敵を壁ごと吹き飛ばす高爆発性弾頭や、集団で移動する敵にを一撃で一掃する炸裂弾頭などを搭載できます。
ブラックホーク,ヘリコプター

※quotationWikipedia

M134Dミニガンは、1秒間に50発以上の発射能力を備え、ガンというよりは、レーザー兵器に近い性能を持っています。
ブラックホーク,ヘリコプター

※quotationWikipedia

 

搭載された3種類の武器の複合攻撃で敵を破壊します。

 

その動画がこれです。

 

エンジンはガスタービンエンジンを採用し、装甲は複合素材によって頑丈に作れれています。

 

また、燃料タンクは被弾しても燃料の流出を抑え、同時にすべてのタンクが破壊されない設計となっており、ブラックホークの耐久性は最高度となっています。

 

世界でもベストセラーとなったブラックホークですが、開発や運用も含め、まったく公表されてこなかった、最強のステルスバージョンのブラックホークヘリが存在します。

ステルスヘリブラックホーク

ブラックホーク,ヘリコプター

※quotationWikipedia

2011年に行われたビンラディン殺害任務の際に初めてその存在が知られることになります。

 

ビンラディンはご存知の通り、アメリカ同時多発テロの首謀者です。

 

テロの後、アメリカ大統領はビンラディンの身柄引き渡しをアフガニスタン政府に要求。しかし、タリバン政権がこれを拒否。

 

合衆国はタリバン政権の破壊とビンラディン殺害を軍に命令、即座に猛攻撃が開始されました。

 

大統領の決定と同時に、アメリカ空母打撃群、遠征打撃群、水上戦闘群が即座に近海に到着、到着と同時に制空戦闘機とトマホークによる攻撃にタリバンは制空権を即刻喪失、すぐさまアメリカは陸軍を派遣します。

 

戦闘は主にアメリカが支援する北部同盟の軍が前線で戦い、タリバン政権はあっという間に崩壊します。

 

しかし、ビンラディンは側近を引き連れ、移動を繰り返し、アメリカの手を逃れようとします。

 

当時、ニュースはアメリカ軍の苦戦を伝えていましたが、裏側ではアメリカの脅威の情報収集力と軍事力がビンラディンを追い詰めていました。

 

軍やCIAが世界最強の諜報部隊を送り込み、さらに偵察部隊がビンラディンの居場所を突き止めます。

 

 

ビンラディン潜伏先特定の情報は、米政府の最高機密にランクされ、大統領とその側近、軍事上層部の一部しか知らされませんでした。

 

大統領は殺害の命令を下しますが、潜伏先はパキスタンの防空網の中にあります。

 

作戦の性質上、パキスタン政府に飛行許可を取るわけにいかず、また、残党勢力による反撃の可能性がありました。

 

そこで、アメリカは、極秘に開発していたステルス型ブラックホークを投入します。

 

 

このステルスブラックホークは、レーダーはもちろん、目視、音などあらゆる要素がステルス化されていました。

 

まず、音。ヘリは、巨大なローターを備えており、空気を切り裂く音が発生します。

 

ステルスブラックホークはローターの形状を改良し、ヘリから少し離れると音がほとんど聞こえなくなるほど高度に静音化されています。

 

また、機体表面には、視認性を落とし、レーダー派を吸収する特殊なコーティングを施されます。

 

作戦は夜中に実行されたことから、ビンラディンがブラックホークの接近に気づく余地はなかったと考えられます。

 

ヘリは潜伏先の目の前の庭に着陸しましたが、ビンラディンや側近がその存在に気付いたのは、特殊部隊に囲まれたときでしょう。

 

高度に訓練された特殊部隊により、側近は即座に制圧され、ビンラディンは頭と心臓を撃ち抜かれ死亡。すぐさま米本土まで回収されています。

 

 

この作戦の際、ステルスヘリのうち一機がエンジン不調で離陸不能となり、爆破処理され、その残骸からステルスヘリの存在が世界に知られることになりました。

 

ブラックホーク,ヘリコプター

※quotationWikipedia

ブラックホーク,ヘリコプター

※quotationWikipedia

言い換えれば、もし、この時、ステルスヘリが故障していなければ、世界はステルス型ブラックホークを今でも知ることはなかったということになります。

 

このことからも、アメリカ軍では極秘の最新兵器を多数保有しているとされ、公表されている技術よりも十数年先を進んでいるといわれています。

 

アメリカの最新兵器開発のニュースは話題になりますが、ニュースにならない最強の兵器が存在していることを忘れてはなりません。



【関連記事】


F2戦闘機のすべて | 船を沈める最強戦闘機


●軍事関連記事のすべて一覧


最強のオスプレイのすべて | V-22高速ヘリが注目される理由


風圧で一帯を破壊する燃料気化爆弾サーモバリック爆弾とは


地中貫通爆弾バンカーバスターの破壊力とは


イージス艦とは | ハエ一匹入れない最強の盾の強さ


ミサイル防衛を持つのはアメリカだけ | 日本はミサイルを防げない?


なぜアメリカは北朝鮮と戦争しないのか | 北朝鮮の軍事力


航続距離無限 | 原子力空母の驚異の実力と世界最強


UH-60ブラックホーク世界最強で謎のステルスヘリコプター


世界最強のF22ラプターステルス戦闘機のすべて


1隻で国を亡ぼすコロンビア級オハイオ級潜水艦


B-1B爆撃機のすべて | 高速性と搭載量が最強


アメリカ開発の命中率100%のスナイパーライフルとは


SR72はマッハ6以上の最新無人偵察機(SR71ブラックバード後継機)


実用段階に入る最強のレーザー兵器のすべて


写真で見る最強の海軍とその軍事力は?アメリカ・中国・日本を比較


第六世代戦闘機|アメリカ、日本、ロシアの構想


世界最強のイージス艦タイコンデロガの強さに迫る


核ミサイル防衛の実態-日本は核を迎撃できるのか?


世界最強の潜水艦シーウルフはどれほど強いか


アメリカ空母と強襲揚陸艦に搭載される艦載機のすべて


世界の空母と空母打撃群を徹底比較・アメリカの次に最強は?


空母打撃群と遠征打撃群の違いと海兵隊最強の地位


空母維持費とジェラルド・R・フォード級空母のすべて


世界最強の米海軍の中でも中核を担う空母打撃群の戦闘力は?


最強のミサイル・トマホークのすべて


たった1時間で地球の裏側までいつでも攻撃できるミサイルを開発中


ホバークラフトLCAC-1は最強の揚陸艦


アメリカVS中国の戦闘シミュレーションでよくある間違いとは


航空自衛隊と中国空軍の徹底比較〜アメリカについていけるのか〜


世界で2番目に強いステルス戦闘機F35の最強バトル


中国軍の実力とは〜アメリカ、中国、日本の海軍力〜


通常動力で最強の潜水艦そうりゅうの実力と嘘と本当


米軍最新の空中給油機KC-46Aペガサスの凄さに迫る


世界最強の戦車M1エイブラムスが強い理由とその伝説を紹介


最強のアメリカ軍だけが装備できるA10サンダーボルトとAC130


米軍最新ステルス爆撃機B21レイダーの強さと技術に迫る


核実験をどうやって見抜くのか?核実験の方法と種類


最強の核兵器ツァーリボンバの脅威の威力とは


アメリカ軍最新のLCSフリーダム・インディペンデンスは速すぎる!


通常兵器で最強の爆弾といわれるMOABの威力とは


ついに始動!ズムウォルト!アメリカ海軍最新、最強の駆逐艦


ロシア戦闘機を撃墜したトルコ軍の実力とは


ロシアが最新の長距離高速の核魚雷を開発?誤ってテレビで放送


究極においしいコーヒーの入れ方〜永久保存版〜


最新仮想通貨情報

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加